トヨタ車&レクサス車解説

新型アルファード/ヴェルファイアの違い【2023年6月発売】

新型アルファード/ヴェルファイアの違い【2023年6月発売】

待望の新型アルファード、ヴェルファイアが2023年6月21日に発売!新型アルファード、ヴェルファイアを楽しみにしていた方に向けて、KINTOではそれぞれの魅力や選び方などの情報を発信していきます。
 
さて、8年ぶりにフルモデルチェンジとなったアルファードとヴェルファイア。兄弟車として共通の基本構造を持つ一方、異なるパワーユニットを搭載するなど差別化が行われています。本記事は、新型アルファードとヴェルファイアがどう違うのか、詳しく見ていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型アルファードとヴェルファイアについての情報は下記関連記事をご覧ください。

新型アルファードとヴェルファイア、グレードの違い

まずはグレードの違いについて見ていきましょう。新型アルファード、ヴェルファイアともに2グレード構成となっており、すべてのグレードに2WDとE-Fourまたは4WDをラインアップ。上位グレードのExecutive Loungeはハイブリッドのみの構成となっています。

アルファード

Executive Lounge

Z

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ガソリン車

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

ヴェルファイア

Executive Lounge

Z Premier

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ターボガソリン車

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

新型アルファードのグレード解説

新型アルファードのグレード解説Executive Lounge(ハイブリッド・2WD)
 
新型アルファードは、ハイエンドモデルの「Executive Lounge(エグゼクティブ ラウンジ)」と「Z」の2つのグレードから構成されています。
 
Executive Loungeはシート表皮に上質なプレミアムナッパ本革を用いるなど、高級感ある仕様に。また、ウェルキャブ(福祉車両)では先代から継続して、立ち上がりや着座をサポートしてくれる「サイドリフトアップチルトシート装着車」も選択可能となっています。

新型ヴェルファイアのグレード解説

新型ヴェルファイアのグレード解説Executive Lounge(ハイブリッド・E-Four)
 
新型ヴェルファイアは、ハイエンドモデルの「Executive Lounge(エグゼクティブ ラウンジ)」と「Z Premier」の2つのグレードから構成されています。
 
走りへのこだわりはもちろん、Executive Loungeにはガンメタリック塗装、Z Premierは漆黒メッキ塗装を使用するなど、従来のアグレッシブさに加えて上品さをプラスしたデザインに。ほかにも、全グレードでシート表皮にプレミアムナッパ本革シートを採用、また左右独立タイプのムーンルーフも標準装備されています。

新型アルファードとヴェルファイア、新車価格の違い

次は、価格の違いを見ていきましょう。

アルファード

Executive Lounge

Z

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ガソリン車

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

850万円

872万円

620万円

642万円

540万円

559万8,000円

ヴェルファイア

Executive Lounge

Z Premier

ハイブリッド車

ハイブリッド車

ターボガソリン車

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

870万円

892万円

690万円

712万円

655万円

674万8000円

※価格は税込表示(メーカー希望小売価格)
※沖縄地区は上記と異なります
※北海道地区メーカー希望小売価格は異なります

新型アルファードとヴェルファイアの価格差は、Executive Loungeが20万円、ZとZ Premierのハイブリッド車(2WD)が70万円、ガソリン車(2WD)が115万円です。ガソリン車の価格差が大きいですが、アルファードは2.5L直列4気筒ガソリンエンジン、ヴェルファイアは2.4L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載しており、動力性能が違うためこの価格差となっています。
 
ヴェルファイアのほうが高価ではありますが、アルファードよりも上級のモデルというわけでなく、それぞれの特徴による違いが価格に反映されています。
 
世界基準の大空間高級サルーンとして進化した王道のアルファードに対して、走りと個性を追求したヴェルファイア。ミニバンに求める要素によって、最適な車種やグレードが決まるといえるでしょう。

新型アルファードとヴェルファイア、サイズの違い

アルファード

Executive Lounge

Z

ハイブリッド車

ガソリン車

乗車定員(名)

7人乗り

駆動

2WD

E-Four

2WD/E-Four

2WD/4WD

全長(mm)

4,995

全幅(mm)

1,850

全高(mm)

1,935(※)

1,935

ホイールベース(mm)

3,000

トレッド フロント/リヤ (mm)

1,600/1,600

1,600/1,605

1,600/1,600

室内 長/幅/高 (mm)

3,005/1,660/1,360

最小回転半径 (m)

5.9

※19インチタイヤ装着時は1,945mm

ヴェルファイア

Executive Lounge

Z Premier

ハイブリッド車

ターボガソリン車

乗車定員(名)

7人乗り

駆動

2WD

E-Four

2WD/E-Four

2WD/4WD

全長(mm)

4,995

全幅(mm)

1,850

全高(mm)

1,945(※)

ホイールベース(mm)

3,000

トレッド フロント/リヤ (mm)

1,600/1,600

1,600/1,605

1,600/1,600

室内 長/幅/高 (mm)

3,005/1,660/1,360

最小回転半径 (m)

5.9

※17インチタイヤ装着時は1,935mm

標準装備のタイヤのインチ差で、全高に10mmの差があるものの、基本的には新型アルファードとヴェルファイアのボディサイズは同じです。

新型アルファードとヴェルファイア、外観の違い

新型アルファードとヴェルファイアは、「FORCEFUL×IMPACT LUXURY」をキーワードに、「歴代から培ってきた重厚さと前進する勢いを強化し、わかりやすい豪華さを時代に合った上質さで表現すること」を念頭にデザインされました。
 
アルファードは「高級車としての本質を捉えた真のラグジュアリー」、ヴェルファイアは「アグレッシブを大切にした上品方向への存在感」と、それぞれの方向性を深く追求しています。

フロントグリル

新型アルファード、ヴェルファイア フロントグリル左:アルファード Executive Lounge、右:ヴェルファイア Executive Lounge

アルファードはフロントグリルをより分厚くし、平面・断面を階段状に構成。フロントグリルの金属調加飾はワイドに外側に向かって大きさを変え、シームレスにヘッドランプなどの機能部品へと変化するデザインになっています。
 
ヴェルファイアは、ヘッドランプ、フロントグリル、両脇のサイドポンツーンまでひとつにくくった大胆なグラフィックに。大型のフロントバンパーにはメッキモールを施し、ワイド&ローを強調することでアルファードとの差別化を図っています。

ヘッドランプ

新型アルファード、ヴェルファイア ヘッドランプ3眼LEDヘッドランプ 左:アルファード、右:ヴェルファイア
 
アルファードは大型コンビネーションランプにより、高級感のある力強い眼差しに。ヴェルファイアはアウターレンズに緻密なプリズムカットが施され繊細かつ上品なイメージとなっています。

ホイール

新型アルファード

新型アルファード ホイール左:Executive Lounge、右:Z
 
アルファードのExecutive Loungeには、225/65R17タイヤ&17インチアルミホイール(スパッタリング塗装)、Zには225/60R18タイヤ&18インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)を標準装備。Executive LoungeはZよりあえて1インチ小さいホイールが装着されており、さらに乗り心地を良くしようとしていることがわかります。

 新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイア ホイール左:Executive Lounge、右:Z Premier
 
ヴェルファイアのExecutive Loungeには、225/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)、Z Premierには、25/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(ブラックスパッタリング塗装)が標準装備となっています。

新型アルファードとヴェルファイア、ボディカラーの違い

新型アルファード

新型アルファード ボディカラーExecutive Lounge(ハイブリッド・E-Four)
 
アルファードのボディカラーは、アルファードの次世代高級の上品さと品格を表現するプラチナホワイトパールマイカ、ブラック、プレシャスレオブロンドの3色を設定。プレシャスレオブロンドは新規開発色で、ライオンのタテガミをイメージしています。

新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイア ボディカラーZ Premier(ターボガソリン・2WD)
 
ヴェルファイアのボディカラーは、ヴェルファイアの大胆さと強い存在感を際立たせるプラチナホワイトパールマイカ、ブラックの2色を設定しています。

新型アルファードとヴェルファイア、内装の違い

新型アルファード、ヴェルファイア 内装アルファード Executive Lounge(ハイブリッド・E-Four)ニュートラルベージュ
 
両車の内装に関わる装備は基本的に同じものが多いですが、一部アルファードのZグレードだとオプションになっている装備があります(カラーヘッドアップディスプレイや後席パワーサンシェードなど)。
 
内装色には違いがあり、両車共通のブラック以外に、アルファードはニュートラルベージュ(Executive Lounge)、ヴェルファイアはサンセットブラウン(Executive Lounge・Z Premier)が設定色にて選択可能です。
新型アルファード、ヴェルファイア 内装ヴェルファイア Z Premier (ターボガソリン・2WD)サンセットブラウン
 
また、アルファードのExecutive Lounge、ヴェルファイアのExecutive LoungeとZ Premierのシート表皮にはプレミアムナッパ本革を採用しています。ほかにも、アルファードのExecutive Lounge、ヴェルファイアのExecutive LoungeとZ Premierには左右独立ムーンルーフが標準装備となるなどの違いがあります。

新型アルファードとヴェルファイア、走りの違い

新型アルファードとヴェルファイア、走りの違いアルファード Z(ハイブリット・2WD)
 
今回のフルモデルチェンジでは、後席の振動を3分の1に低減するなど乗り心地にこだわり、それぞれの車種の個性に合わせてアップデートされています。
 
アルファードは、17インチタイヤまたは18インチタイヤを採用することで路面のショックを吸収しやすい仕様に。ヴェルファイアはボディ剛性部品の追加や19インチタイヤを採用することで、走りを追求しています。さらに、ヴェルファイア専用のフロントパフォーマンスブレースを追加したことで、ハンドル操作の応答性や走りの気持ち良さを向上しました。

新型アルファードとヴェルファイア、パワートレーンの違い

アルファードとヴェルファイアは、どちらもガソリン車とハイブリッド車、2つのパワートレーンを採用しています。
 
ハイブリッド車は同じ2.5Lハイブリッドを搭載する一方で、ガソリン車はそれぞれに異なるエンジンを搭載
 
アルファード(Z)には力強く伸びやかな発進、加速と優れた燃費性能を両立させた旧型と同じ2.5 L直列4気筒エンジン、ヴェルファイア(Z Premier)には高い加速応答性を持つ2.4 L直列4気筒ターボエンジンを使用しています。この2.4L直列4気筒ターボエンジンは1,700rpmと低い回転数から43.8kgmもの最大トルクを発生。アクセルペダルのストロークもショートストローク化されており、少ないアクセルペダルの操作量で車両の重さを感じさせない加速感を味わえます。走り好きには注目のエンジンです。

2.5Lハイブリッドの動力性能(アルファード・ヴェルファイア共通)

エンジン最高出力 190ps/6,000rpm、エンジン最大トルク 24.1kgm/4,300~4,500rpm
モーター最高出力 182ps(フロント)・54ps(リヤ、E-Fourのみ)、27.5kgm(フロント)・12.3kgm(リヤ、E-Fourのみ)

2.5L直列4気筒エンジン(アルファード・Z)

エンジン最高出力 182ps/6,000rpm、エンジン最大トルク 24.0kgm/4,100rpm

2.4L直列4気筒ターボエンジン(ヴェルファイア・Z Premier)

エンジン最高出力 279ps/6,000rpm、エンジン最大トルク 43.8kgm/1,700~3,600rpm

新型アルファードとヴェルファイア、燃費の違い

新型アルファードとヴェルファイア、燃費の違いアルファード Z(ハイブリット・2WD)

アルファード・ヴェルファイア

グレード

Executive Lounge

Z・Z Premier (ハイブリッド車)

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

燃費(km/L)

17.5

16.5

17.7

16.7

※燃費はWLTCモード

新型アルファードと新型ヴェルファイアのハイブリッド車は、同じハイブリッドシステムを搭載しているため、燃費に差はありません。

アルファード

ヴェルファイア

Z (ガソリン車)

Z Premier (ターボガソリン車)

2WD

4WD

2WD

4WD

10.6

10.3

10.3

10.2

※燃費はWLTCモード

ガソリン車は異なるエンジンを搭載し、出力も大きく異なりますが、燃費にはほとんど差がありません。燃費の面でも、Z Premierの2.4L直列4気筒ターボエンジンがとても優れたエンジンということがわかります。

新型アルファードとヴェルファイア、エアロパーツセットの違い

新型アルファードとヴェルファイア、エアロパーツセットヴェルファイア Z Premier(ターボガソリン・2WD)
 
アルファード・ヴェルファイアともに、ベース車の魅力を際立たせるエアロパーツが設定可能
アルファードはモデリスタ2モデル、ヴェルファイアはモデリスタ1モデルと、GRパーツ1モデルとなっています。
 
モデリスタのアルファード用エアロパーツセット「BRIGHT NOBLE STYLE」は、アルファードの持つ高級感や上品さの向上を狙ったデザイン。「REGAL DIGNITY STYLE」は、高級感を向上させつつ、ダイナミックな存在感を際立たるデザインとなっています。
 
モデリスタのヴェルファイア用エアロパーツセット「BEAST RAZOR STYLE」は、ヴェルファイアのアグレッシブさを際立て、存在感を高めること狙ったデザイン。GRパーツのエアロパーツセットは、走りの良さを予感させるスポーティでダイナミックなスタイルの演出を狙ったデザインが施されています。

よくある質問

どっちが人気?

最上級ミニバンとして初代アルファードが2002年に登場。2008年にフルモデルチェンジされて2代目となったと同時に、兄弟車となるヴェルファイアもラインアップに加わりました。共に2015年にフルモデルチェンジ。2017年のマイナーチェンジで商品力を高め、モデル末期にはアルファードが不動の人気を博しました。

先代モデルではアルファードのグレード展開の多さが特徴でしたが、新型では2種類ずつとシンプルな展開。基本構造こそ同じですが、それぞれに魅力があるため、どちらが支持されるのか気になるところ。今後の人気争いにも注目が集まります。

どっちがいい?

高級車としての素性を向上させた上で、都会的で快適な乗り心地を追求したアルファードと、走行性能も追求したヴェルファイア。デザインや内外装のカラー、差別化されたグレードの設定、価格差が購入の判断材料になるでしょう。

新型アルファード/ヴェルファイアの違い まとめ

新型アルファード/ヴェルファイアの違いアルファード Executive Lounge(ハイブリッド・E-Four)
 
快適性を追求したアルファードか、走りが楽しくなる刺激が込められたヴェルファイアか。
デザインだけでなく、それぞれに明確な方向性が提示されたことで、ユーザーにとってはより自分に合った車種が選びやすくなったのではないでしょうか。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube