トヨタ車&レクサス車解説

シエンタで車中泊するなら5人乗り?おすすめアクセサリーは?

シエンタで車中泊するなら5人乗り?おすすめアクセサリーは?

2003年にトヨタの最小ミニバンとして誕生したシエンタが、2022年8月にフルモデルチェンジ。最新の安全性能や低燃費などの魅力をそのままに「使い勝手の良い室内空間」を追求し、これまで以上に家族や暮らしに寄り添う車になりました。
 
今回は、5人乗りの新型シエンタが車中泊に適している理由とおすすめのアクセサリーを紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

シエンタの内外装については、こちらの動画をご覧ください!



新型シエンタで車中泊できる?

コンパクトなボディながらも広々とした室内空間が魅力の新型シエンタは、車中泊にもおすすめの車。セカンドシートを倒せば、大人が足を伸ばしてくつろげる大空間のフラットシートになるなど、シートアレンジも豊富です。
 
純正アクセサリーを追加すれば、簡単にレジャー仕様にカスタマイズできるため、自分好みのアレンジが楽しめます。アウトドアをテーマにしているアクセサリーも多く、車中泊で活躍すること間違いありません。さらに、大開口のバックドアで大きな荷物も楽に積み下ろしが可能です。

新型シエンタで車中泊するなら5人乗り

新型シエンタで車中泊するなら5人乗り新型シエンタには5人乗りと7人乗りがありますが、車中泊をするなら5人乗りがおすすめ。乗車可能人数は減りますが、荷室スペースをしっかりと確保できるのが車中泊におすすめの理由です。

5人乗り・7人乗りの荷室サイズを比較

荷室サイズ

5人乗り

7人乗り

幅(mm)

1,265

荷室高(mm)

1,055

1,105

開口部高さ(mm)

1,070

長さ(mm)

フロントシートのみ使用時 (2列目を折りたたみ・3列目を格納)

最小:1,785
最大:2,045

最小:1,430
最大:1,525

セカンドシートまで使⽤時 (3列目を格納)

最小:710
最大:840

最小:725
最大:990

サードシートまで使⽤時 (3列フル乗車)

最小:205
最大:345

荷室フロア高

E-Four:585
2WD:565

E-Four:525
2WD:505

デッキボード下部 (デッキアンダートレイ)

ハイブリッド車(L)

E-Four:7
2WD:11

-

ガソリン車(L)

28

20

このように荷室のサイズを比較すると、5人乗りの荷室長は最大2,045mm、7人乗りは最大1,525mmと、5人乗りのほうが長いことがわかります。
 
また、5人乗りモデルでは2列目のシートを倒せばフルフラットになるので、車中泊にも適しているといえるでしょう。
新型シエンタ 車中泊 5人乗り

7人乗りで車中泊は可能?

新型シエンタ 車中泊は可能?7人乗りでは、畳んだセカンドシートがフロントシートの後ろに位置することもあり、荷室長が最大1,525mm と、7人乗りだと車中泊には少々不足。荷物を積むには十分な広さですが、車中泊には少し狭く感じるでしょう。
 
また、5人乗りのようにフルフラットにできないので、マットレスや布団を敷いたとしても、段差や隙間の影響がでてしまいます。

7人乗りにはベッドキット(社外品)という選択肢も 

それでも7人乗りが必要ならば、ベッドキットを取り付けて車中泊仕様にする方法もあります。純正オプションではベッドキットの取り扱いはありませんが、社外品で販売されています。
 
ベッドキットを使えばオールフラットになるので、ベッドのように使用可能です。また、ベッドキットは設置位置が高いため、床下にたくさん荷物を積み込めます。

5人乗り仕様のグレード展開

新型シエンタ 5人乗り グレード新型シエンタでは、Z・G・Xの3つのグレードが展開されています。各グレードの運転性能、安全装備、内装など、それぞれの特徴を見ていきましょう。
 
なお、各グレードにはハイブリッド車とガソリン車、駆動方式は2WDとE-Fourがあります。

Zグレード

新型シエンタ Z最上位モデルのZグレードには、指先だけでドアが開くワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアが標準装備とされるなど、快適性能がさらに充実。デザイン面でも、グリルモールの金属調塗装やツートーンのホイールキャップを採用するなど、上質な雰囲気となっています。

Gグレード

新型シエンタ GGグレードは、スタンダードなモデルです。消臭・撥水撥油加工を施したファブリックシート表皮や、挟み込み防止機能付きのワンタッチスイッチ付ハンズフリーデュアルパワースライドドアなどがメーカーオプションでつけられるなど、自分好みのカスタマイズが楽しめるグレードになっています。

Xグレード

新型シエンタ XⅩグレードは、新型シエンタのエントリーモデルです。内外装ともにシンプルなデザインとなっています。すべてのグレードの中で、Xグレードのハイブリッド車(5人乗り)が最も燃費性能が優れています(28.8km/L)

車中泊おすすめアクセサリー

新型シエンタはカスタマイズ性の高さも魅力。好きなオプションが選べるのはもちろん、レジャーに便利な「OUTDOOR with SIENTA」、高い収納力を誇る「FAMILY with SIENTA」、快適性能が充実した「FRIENDLY with SIENTA」という3つのテーマに応じたアクセサリーがセットになったオプションが用意されています。
 
ここでは、車中泊におすすめのアクセサリーを紹介します。

sienta FUN×FUNラゲージセット(FAMILY with SIENTA)

新型シエンタ FUN×FUNラゲージセットラゲージを有効活用するための、ラゲージを2段化できるラゲージアッパーボードセットと、完全防水のラゲージソフトトレイのセットです。
 
ラゲージアッパーボードの上段は、荷崩れ防止になるラゲージマルチネットがついています。また、下段に設置されたラゲージトレイには、汚れや濡れたものを気にせずに積み込めます
 
価格は49,500円(税込)。アウトドアスポーツやキャンプをする方におすすめのセットです。

バックドアラック(OUTDOOR with SIENTA)

新型シエンタ バックドアラックバックドアラックとは、バックドアを開けた際にものをかけられるバーのことです。耐荷重は約2kgなのであまり重いものは吊るせませんが、ランタンをかけたり、水着やタオルを乾かしたりと、アウトドアに役立つアイテムとなっています。価格は22,000円(税込)です。

ラゲージウッドデッキ(木目調)(OUTDOOR with SIENTA)

新型シエンタ ラゲージウッドデッキ荷室に設置する5人乗りモデル専用のアクセサリーです。木目調のフロアがアクセントになり、荷室を彩ります。表面がメラミン化粧板なので、水や泥で汚れてもサッと拭けるので、レジャーなどで汚れても掃除が簡単。機能性にも優れたアイテムです。価格は27,500円(税込)です。

ハンギングベルトブラック(OUTDOOR with SIENTA)

新型シエンタ  ハンギングベルトブラック後部座席のアシストグリップを利用し、小物や衣類などをかけることが可能。限られた室内空間を有効活用するための便利なアイテムです。耐荷重は約5kgで、フリーループが8個、ハトメ穴が2個ついていています。価格は1,298円(税込)です。
※こちらの商品は予告なく変更や販売終了になることがあります

室内カーテン

新型シエンタ 室内カーテン車外からの視線をブロックし、プライバシーを守ってくれる室内カーテンは車中泊の必須アイテムといえるでしょう。カーテンは、後部座席の窓とフロントシートの後ろに後部座席を囲むような形で装着します。
 
プライバシーを守るだけでなく、カーテンによって車内の冷暖房効率が上がるので、エアコンを使用する季節にも活躍するでしょう。カーテンの色は内装色がブラック、カーキの場合はグレー、内装色がフロマージュの場合はアイボリーで、価格は38,500円(税込)です。

バックドアネット(MODELLISTA PARTS)

新型シエンタ バックドアネットバックドアネットは、上部はネット、下部は外から荷室が見えない素材になっています。中央のファスナーで、荷室内からも外からも開閉できます。
 
プライバシーを守りながら換気ができるので、休憩の際やアウトドアで重宝するでしょう。また、ペットの飛び出し防止にもなります。価格は27,500円(税込)です。

ラゲージLED(MODELLISTA PARTS)

新型シエンタ ラゲージLEDバックドアの開閉と連動して光るLEDライトです。バックドアを開けて荷物を整理する際に足元を明るく照らす等、夜間の作業性を向上させます。価格は27,500円(税込)です。

エアスリープマット(MODELLISTA PARTS)

新型シエンタ エアスリープマット厚さが約9cmに膨らむエアスリープマットは、シートや地面の凹凸を吸収して快適な眠りをサポートしてくれます。エアバルブを開くだけで膨らむ優れものです。価格は22,000円(税込)。

新型シエンタと車中泊まとめ 

豊富なシートアレンジとカスタマイズ性の高さが魅力の新型シエンタ。ここで紹介した以外にも、バックドアタープやラゲージテーブルなど、車中泊に便利なオプションも充実しています。とくに5人乗りの新型シエンタなら、車中泊やアウトドア初心者の方でも快適に過ごせるのではないでしょうか。

新型プリウスは、トヨタのサブスクサービス「KINTO」でもお求めいただけます。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・ヤリス クロス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・ヤリス クロス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube