トヨタ車&レクサス車解説

新型ヴェルファイアの内装は?荷室やシート・シートアレンジ

新型ヴェルファイアの内装は?荷室やシート・シートアレンジ

ヴェルファイアが兄弟車のアルファードとともにフルモデルチェンジし、2023年6月21日に発売されました。ここでは、さらに快適かつ豪華になった新型ヴェルファイアの内装を紹介します。新型ヴェルファイアの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型ヴェルファイアの内装

新型ヴェルファイアの内装は、クルーザーとプライベートジェットをイメージ。優越感に浸れるドライバーズ空間と、くつろぎとおもてなしを感じられる後席空間が特徴で、最高級ミニバンにふさわしい室内空間を備えています。

インストルメントパネルは、ドアからつながるワイドなデザインで高級感を演出。セカンドシートは、従来から人気のエグゼクティブラウンジシートと、エグゼクティブパワーシートをさらに乗り心地よく進化。

また、スイッチ類や照明などを車両センターに集約させた、薄型のスーパーロングオーバーヘッドコンソールがトヨタで初めて搭載。機能性と操作性の両方を実現しました。

室内寸法

まずは、新型ヴェルファイアの室内寸法を見ていきましょう。

 

ヴェルファイア

駆動

ハイブリッド車

ターボガソリン車

グレード

Executive Lounge

Z Premier

乗車定員(名)

7

全長(mm)

4,995

全幅(mm)

1,850

全高(mm)

1,945(※1)

ホイールベース(mm)

3,000

最低地上高(mm)

160(※2)

155(※3)

室内長(mm)

3,005

室内幅(mm)

1,660

室内高(mm)

1,360

※1 17インチタイヤを着用した場合は1,935mm
※2 17インチタイヤを着用した場合は150mm
※3 17インチタイヤを着用した場合は145mm

新型ヴェルファイアの内装のこだわりは、自然なドライビングポジションと広い後席です。ステアリング角度のチューニングなどにより乗車ライクなドライビングポジションを実現。フロントシートからセカンドシートまでの距離が1,315mm、サードシートまでが2,205mmと先代より拡大することで、より広い室内空間を実現しました。

使い勝手の良いコックピット

新型ヴェルファイア コックピット
Executive Lounge(ハイブリッド車・E-Four)(内装色:ブラック)

14インチの大型ディスプレイを中心に、ドアまで広がるワイドなデザインのインストルメントパネル。オーナーを心地よく包み込み、高級感を演出しています。

メーターは、4つのテイストと3つのレイアウトから自分好みにカスタマイズできます。さらに、必要な情報をフロントガラスに表示するカラーヘッドアップディスプレイなどを搭載。無駄をなくし、運転に集中できるコックピットに進化しました。

使いやすい収納スペース

新型ヴェルファイア 収納スペース

充実した収納スペースは、全シートに完備。助手席コンソールサードトレイ、グローブボックス、フロントドアポケット&ボトルホルダー、両側オープン対応のセンターコンソールボックスのほか、フロントシート下部に設置されセカンドシートから操作できるスライドトレイ式足元収納、センターコンソールリヤボックスなど豊富な収納を用意。また、全シートにカップホルダーやボトルホルダーも完備しています。

 心地よい室内空間

室内空間は、すべての乗車員が心地よい時間を過ごせるよう開発しています。

新型ヴェルファイア 室内空間
Executive Lounge

後席でも左右に独立した温度設定が行えるシステムや、快適温熱シートとベンチレーションシートを装備。季節問わず快適に過ごせることはもちろん、よりパーソナルな設定が可能です。

新型ヴェルファイア スーパーロングオーバーヘッドコンソール
スーパーロングオーバーヘッドコンソール Executive Lounge

照明やスイッチ類を天井の中央に集約させた薄型スーパーロングオーバーヘッドコンソールはトヨタで初の搭載。後席のどの位置にいても扱いやすく、また高級感の演出にも一役買っています。

新型ヴェルファイア 後席用パワーサイドサンシェード
後席用パワーサイドサンシェード Executive Lounge

「遮光しつつ景色も楽しめる」をテーマに開発された降下タイプのサイドサンシェードもトヨタ初の搭載です。電動で好みの位置に調整可能。

新型ヴェルファイア エージェント機能

オーディオは、運転に集中できるようエージェント機能がついており、「Hey、トヨタ」と話しかけると目的地の検索や温度調整など、様々な要望に応えてくれます。Executive Loungeでは、後席でもLEDルーフカラーイルミネーションや後席パワーサンシェードなどの音声操作も可能です。

電源・充電装備も充実

まずは、全車に搭載されている便利な電源・充電機能を紹介します。

新型ヴェルファイア 電源・充電

全てのシートにUSB端子(Type-C)がついており、スマートフォンなどの充電が可能。さらに前席にはHDMI入力端子が標準装備され、デジタル機器をつないで音声や映像をオーディオディスプレイで楽しめます。

新型ヴェルファイア おくだけ充電

 先代ではメーカーオプションだった、おくだけ充電が標準装備になりました。

次に、ハイブリッド車のみに搭載している電源・充電機能を紹介します。

s新型ヴェルファイア コンセント
左:センターコンソール後部 右:ラゲージルーム右側

コンセント(AC100V・1500W)をセンターコンソールと荷室に設置。家電を使用したいときや、停電などで電力が必要になった際にも活躍します。

新型ヴェルファイア 外部給電アタッチメント

ドアと窓を閉めたまま給電できる、外部給電アタッチメントを標準装備。盗難や車内への虫や異物などの侵入を防ぎます。

新型ヴェルファイアのシート

新型ヴェルファイアは、グレードによってセカンドシートが異なります。

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジシート
エグゼクティブラウンジシート(プレミアムナッパ本革シート表皮)

Executive Loungeは、エグゼクティブラウンジシートを採用。電動と手動どちらでも操作可能なスライドは、最大480mm移動可能です。また480mm以上、電動か手動で行えるロングスライドシステムは世界初となります

新型ヴェルファイア エグゼクティブパワーシート
エグゼクティブパワーシート(プレミアムナッパ本革シート表皮)

Z Premierは、エグゼクティブパワーシートを採用。スライドの移動距離は最大530mm、ウォークスルー幅は175mmと先代より拡大しています。なお、リクライニングは電動ですが、スライド移動は手動のみ。

シートアレンジ

新型ヴェルファイアのシートアレンジは、全8パターン。乗車人数やシーンに合わせて、フレキシブルなアレンジが可能です。

通常乗車時

新型ヴェルファイア シートアレンジ

最大で大人7人が快適に乗車できる通常乗車時モードです。

リヤシートフルリクライニングモード

新型ヴェルファイア リヤシートフルリクライニングモード

セカンドシートとサードシートを倒したリヤシートフルリクライニングモードです。後部座席にゆったりとしたスペースが確保でき、車中泊も可能です。

フロント・セカンドフルフラットモード

新型ヴェルファイア フロント・セカンドフルフラットモード

停車時に身体を伸ばして休憩することができるフロント・セカンドフルフラットモードです。

 4人乗車+荷室モード

新型ヴェルファイア 4人乗車+荷室モード

4人乗車+荷室モードは、最大4人乗車できます。サードシートを左右に収納することで、トランク約2つ分の荷室を確保できます。

最大積載モード

新型ヴェルファイア 最大積載モード

セカンドシートをフロントシート側に移動させ、サードシートを左右に跳ね上げる、最大積載モードです。最大乗車人数は2人と少なくなりますが、たくさんの荷物を積むことができます。

スーパーリラックスモード

新型ヴェルファイア スーパーリラックスモード

セカンドシートを後方に移動させ、リクライニングとパワーオットマンを使用したスーパーリラックスモードです。セカンドシートで最大限くつろぐことができます。

リラックス+荷室モード

新型ヴェルファイア リラックス+荷室モード

セカンドシートでゆったりとくつろぎつつ、サードシート部分を荷室として使用できるリラックス+荷室モードは、旅行などで大きな荷物を伴う長距離移動に最適。最大4人が乗車可能です。

このモードでは、世界で初めて搭載された5:5分割ポジションスペースアップシートが活躍します。

新型ヴェルファイア 5:5分割ポジションスペースアップシート

これは、ニュートラルポジションだけでなく、リヤモースト位置でもサードシートの跳ね上げを可能にしたものです。これにより、セカンドシートを1番後ろまで下げてリクライニングしても、荷室スペースを拡大することができます。

トライアングルモード

新型ヴェルファイア トライアングルモード

セカンドシートを片方だけフロントシート側に移動させたトライアングルモードは、セカンド・サードシートに座る2人のお子様を同時にケアする際に最適のアレンジです。

新型ヴェルファイア Executive Lounge専用装備

新型ヴェルファイア Executive Lounge専用装備
Z Premier(ターボガソリン車・2WD)(内装色:サンセットブラウン)

エグゼクティブラウンジシートのパワーロングスライド、助手席可倒式ヘッドレスト、デッキサイドセカンドパワーシート操作スイッチは、Executive Lounge専用の装備。

新型ヴェルファイア リヤマルチオペレーションパネル

スマートフォンのような脱着式のリヤマルチオペレーションパネルが新たに搭載され、シートに座ったまま空調やオーディオなどの操作ができます。

Executive Loungeでは、前席に加えて後席での音声認識操作も可能です。

新型ヴェルファイアの荷室

新型ヴェルファイア 荷室

バックドア側からも荷室を拡大できるよう、セカンドシートのスライドとリクライニング操作が行えるスイッチをデッキサイドに配置。さらに、大容量の床下を設定し、高さのある荷物も収納可能です。

 バックドアの開閉スイッチは車両側面両側に配置しています。

荷室寸法

ここでは、荷室の寸法を詳しく紹介します。

 

ヴェルファイア

グレード

Executive Lounge

Z Premier

シート

エグゼクティブラウンジシート

エグゼクティブパワーシート

長さ(mm)

セカンドシートまで使⽤(3列目を格納)

最小:940
最大:1,160

最小:895
最大:1,115

サードシートまで使⽤(3列フル乗車)

最小:65
最大:195

幅(mm)

最小:880
最大:1,410

高さ(mm)

最小:1,190
最大:1,330

 セカンドシートまで使用時以外は、グレードによる荷室の寸法の違いはありません。

新型ヴェルファイアの内装色やグレードによる違い

新型ヴェルファイアの内装は、グレードによって内装色や設備などに違いがあります。

また、新型ヴェルファイアのシート表皮は全てプレミアムナッパ本革、内装は専用色としてサンセットブラウン(※1)を設定し、兄弟車である新型アルファードとの差別化を図っています。

 

ヴェルファイア

グレード  

Executive Lounge

Z Premier

シート

エグゼクティブラウンジシート

エグゼクティブパワーシート

シート表皮

プレミアムナッパ本革

内装色

ブラック

サンセットブラウン

ブラック

サンセットブラウン

架装

UZURAMOKU+シルバースパッタリング

UZURAMOKU+ブロンズスパッタリング

DARK BROWN(木目調)+ブロンズスパッタリング

視界

デジタルインナーミラー

自動防眩インナーミラー

オーディオ

14インチリヤシートエンターテインメントシステム

後席ディスプレイ(※2)

※1 サンセットブラウンは設定色
※2 販売店装着オプション(2023年8月発売予定)

では、グレードごとに内装の特徴を見ていきましょう。

Executive Loungeの内装

新型ヴェルファイア Executive Lounge 内装
Executive Lounge(ハイブリッド車・E-Four)(内装色:サンセットブラウン)

Executive Loungeの内装は、新しい設備を多く搭載しています。デジタルインナーミラーと14インチリヤシートエンターテインメントシステムは、Executive Loungeだけの設備。

ブラックの内装色では、シルバースパッタリングの架装で、設定色のサンセットブラウンではブロンズスパッタリングとなります。うずら杢のモチーフとしたUZURAMOKUと、光沢感のあるエンボス加工が高級感を演出。

Z Premierの内装

新型ヴェルファイア Z Premier 内装
Z Premier(ターボガソリン車・2WD)(内装色:ブラック)

Z Premierの内装の特徴は、ウォークスルー幅(セカンドシート左右席間の幅)を広くとっていることが特徴。また、弓なりのアームレストは、リクライニングを倒しても肩を張らずに最大限リラックスできる仕様です。

Z Premierの内装色もブラックと設定色のサンセットブラウンから選択できます。加飾は、DARK BROWN(木目調)+ブロンズスパッタリングのみ。マットな質感と品のあるエンボス加工が上質感を演出しています。

新型ヴェルファイアの内装 まとめ

これまでの機能や快適性、高級感がさらにアップグレードした新型ヴェルファイア。アルファードとも異なる、ラグジュアリーとスポーティが融合した次世代の高級車の形となりました。

乗車する人全員の乗り心地を追求し、唯一無二に進化したヴェルファイアで優雅なひと時を体験してみてはいかがでしょうか。

最後に、ヴェルファイアに乗るなら購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

新型アルファード/新型ヴェルファイアはKINTOがおすすめです。KINTOなら税金やメンテナンス費用、任意保険料も月額コミコミなので、急な出費がありません。ぜひ、下記車種詳細ページをご覧ください。


なお、新型アルファード/新型ヴェルファイアは法人契約もおすすめです。詳しくは下記ページをご参考ください。

KINTO - 法人契約詳細はこちら

最後に、KINTOについてご紹介します。KINTOのことがよくわからない方はぜひご覧ください。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube