トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ アクアの燃費が良すぎる?実燃費/カタログ燃費を紹介

トヨタ アクアの燃費が良すぎる?実燃費/カタログ燃費を紹介

トヨタのハイブリッド専用車「アクア」は2011年に発売され、1ヶ月後には10万台以上を受注。ハイブリッドで低燃費、かつコンパクトで扱いやすいアクアは、初代発売以来、グローバルで約187万台以上を販売してきました。
環境性能の向上、低燃費化に特に力を入れてきたアクアは、全体で約1,240万トンのCO2削減に貢献。「サステナブル(持続可能)な移動手段をプラクティカル(実用的)に市場に投入する」という考えのもと、トヨタが目指すカーボンニュートラルを実現する一助にもなっています。
そして2021年7月、約10年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型アクアは、大幅な燃費向上を実現しただけでなく、走行性能や乗り心地の向上も図られました。
本記事では、トヨタの燃費のいい車ランキングで上位にランクインする新型アクアの燃費にフォーカスし、カタログ燃費や実際の燃費(実走行燃費)=実燃費のほか、進化のポイントについて注目し、解説していきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

アクアの燃費が良すぎる?

新型アクア Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)のフロント

※Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)

誕生から約10年、人気を誇ってきたアクアですが、今回フルモデルチェンジして発売された新型アクアは「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として、より高度な環境性能を追求し、開発されました。

新型アクアの最高燃費(カタログ燃費)はWLTCモード35.8km/L(2WD [FF]、Bグレード)。従来型アクアの最高燃費WLTCモード29.8km/Lと比べると、約20%向上していることがわかります。

革新的な電池技術や高効率のエンジン、アクアに最適化したHEV(Hybrid Electric Vehicle)システムなどにより低燃費を実現し、さらに、電動車らしい軽快で上質なドライビングフィールの向上も図られ、環境性能と走行性能を高い次元で両立することに成功しています。

ここからは、アクアのグレード別カタログ燃費や実燃費について紹介していきます。「アクアの燃費が良すぎる」といったネット上でみられる評判もありますが、実際のところどうなのでしょうか。

燃費測定モードごとのグレード別カタログ燃費

新型アクア Z(2WD [FF] アーバンカーキ)のリヤ外観

※Z(2WD [FF] アーバンカーキ)

新型アクアの燃費測定モードごとのグレード別カタログ燃費を表にまとめました。

燃費測定モード

駆動方式

グレード

Z

G

X

B

WLTCモード

2WD

33.6

34.6

35.8

E-Four

30.0

30.0

30.1

市街地モード

2WD

34.3

35.7

36.5

E-Four

32.0

32.0

30.4

郊外モード

2WD

36.0

37.6

39.5

E-Four

31.1

31.1

32.6

高速道路モード

2WD

31.8

32.4

33.5

E-Four

28.5

28.5

28.3

※単位はkm/L

グレード間の燃費に若干の差がありますが、これは各グレードの装備の違いなどがもたらす車両重量の違いが主な理由と考えられます。

また、燃費のいい車として定評のあるトヨタのコンパクトカー「ヤリス」に比べて車両重量が重い新型アクアですが、ヤリスの最高燃費WLTCモード36.0km/Lに限りなく近づいていることからも、新型アクアの燃費性能の高さがうかがえます。

実燃費

アクアの実際の燃費(実走行燃費)=実燃費はどうなのでしょうか?

ユーザーが投稿した実燃費データを基に実燃費ランキングを公開しているWebサービス「e燃費」の車種別 燃費ランキング(実燃費)によると、新型アクアに該当する「トヨタ アクア 1500cc(MXPK11)CVT FF Z / G / X」の実燃費は27.74km/L(2022年12月23日時点)で、トヨタ ヤリスに次ぐ2位。「アクアの燃費が良すぎる」といったネット上での評判を裏付ける結果となっています。

出典:e燃費「車種別 燃費ランキング(実燃費)

燃費向上の理由は?

電池技術の改良

新型アクアのバイポーラ型ニッケル水素電池

※バイポーラ型ニッケル水素電池

新型アクアの大幅な燃費向上が実現した理由の一つが、電池技術の改良です。新型アクアでは、従来型のニッケル水素電池に比べ出力が約2倍の、高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を採用(Bグレードを除く全車)。世界で初めて、駆動用車載電池として取り入れました。

このバイポーラ型ニッケル水素電池により、電気だけで走行できる速度域が拡大し、街中の多くのシーンでエンジンを使わず電気だけで走れるようになりました。また、アクセル操作への応答性が向上するとともに、低速からの加速がスムーズになっています。

エンジンの進化

エンジンの進化も、燃費向上に貢献しています。クラストップレベルの低燃費・動力性能・環境性能をもつ1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載し、小型・軽量化を徹底的に追及。さらに高速燃焼により熱効率を向上させ、最大熱効率は40%以上となりました。

新型アクアは2WDとE-Four(電気式4WDシステム)とが選べますが、E-Fourでは、発進時や滑りやすい路面ではスムーズに4WDに切り替え、発進性、走行安定性をアシスト。小型軽量化したことで、低燃費や足元、荷室のゆとりにもつながっています。

アクアの走行性能

新型アクア 「POWER+モード」作動イメージ/ペダル踏みかえ頻度比較

※「POWER+モード」作動イメージ/ペダル踏みかえ頻度比較

新型アクアでトヨタ初採用(Bグレードを除く全車)となった「快感ペダル」は、アクセルペダルで加減速を自在にコントロールできる機能です。

ドライブモードスイッチの「POWER+モード(Bグレードを除く全車)」を選択すると、加速の力強さが増すとともに、アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度が増大。アクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑えることにより、ドライバーの負担を軽減しつつ意のままの走りを実現します。

新型アクアの低重心&高剛性ボディ

※低重心&高剛性ボディ

ボディの構造には、「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトにした、TNGAコンパクトパッケージを採用。エンジン構成位置などの重量配分を最適化し、低重心化。軽量かつ高い剛性をそなえ、安定感に優れた走りを実現します。

コンパクトなボディ設計により最小回転半径は4.9m(2WD [FF] 14インチタイヤ装着車)。細い路地に入る時やUターン時、車庫入れ、縦列駐車などをスムーズに行うことができます。

無駄を徹底的に省き、高い燃費性能、運転のしやすさ、優れた操縦安定性が、小さなボディにギュッと凝縮されています。

進化した新型アクアの安全機能とは?

新型アクアのパノラミックビューモニター 作動イメージ

※パノラミックビューモニター 作動イメージ

新型アクアは最新のToyota Safety Sense(予防安全パッケージ)を標準装備しています。新型アクアにはどういった安全機能があるのか、みていきましょう。

  • プリクラッシュセーフティ … ぶつからないをサポート※Toyota Safety Sense
  • オートマチックハイビーム … 夜間の見やすさをサポート※Toyota Safety Sense
  • レーントレーシングアシスト … 高速道路のクルージングをサポート※Toyota Safety Sense
  • レーダークルーズコントロール … ついていくをサポート※Toyota Safety Sense
  • パーキングサポートブレーキ … 検知対象を車両周囲まで拡げて駐車シーンの被害軽減をサポート※パーキングサポートブレーキ(前後方静止物) … Z、Gに標準装備。X、Bにメーカーオプション、パーキングサポートブレーキ(周囲静止物) … 全車にメーカーオプション
  • ブラインドスポットモニター(停車時警報機能付) … 車線変更時&降車時の危険をお知らせ※Z、G、Xにメーカーオプション
  • アドバンストパーク(パノラミックビューモニター付) … スイッチを押すだけで駐車操作をアシスト※全車にメーカーオプション
  • ロードサインアシスト … 標識の見逃し防止をサポート※Toyota Safety Sense

さらに、ヘッドランプなどに採用(グレードにより異なります)されているLEDは、夜間走行や悪天候時の安全性を確保するだけでなく、すべての光源をLEDにすることで消費電力の低減にも貢献します。

初代アクアが誕生した2011年当時に比べて安全性が飛躍的に進化した新型アクア。燃費の良さだけではなく、ますます魅力的な車となりました。

アクアはどんな人におすすめ?

新型アクアの内装

新型アクアは、災害時など“もしもの時”に役立つアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードを全車に標準装備。ドアと窓を閉めたまま電源コードを出して給電できる外部給電アタッチメントは、雨天時の車内への水の侵入を防ぎ、防犯にも貢献します。

車内に目を向けると、インパネ中央部に配置されたディスプレイオーディオをはじめ、乗る人に寄り添う快適な機能が充実している新型アクア。見晴らしの良いコックピットや、十分な前後席間距離をとることで乗り降りしやすく、膝まわりにも余裕を感じる後席スペースなど、気分を高めるストレスフリーな室内空間が広がります。

多くの魅力がぎゅっと詰まった新型アクアは、低燃費なハイブリッド仕様のコンパクトカーでありながら、車内空間の広さや安全性能の高さ、豊富な機能を求める人にとっておすすめの一台といえます。

アクアの燃費 まとめ

新型アクアの外観

革新的な電池技術や高効率のエンジン、アクアに最適化したHEV(Hybrid Electric Vehicle)システムなどにより大幅な燃費向上を実現し、より家計にも優しくなった新型アクア。安心・安全機能の進化や室内空間の広さもあり、一層人気が高まりそうです。

最後に、新型アクアの購入を検討している方向けに、購入以外にも新型アクアに乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

≪KINTO ONE中古車≫

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube