About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

ランドクルーザープラドの燃費性能・走行性能は?維持費はどのくらい?

ランドクルーザープラドの燃費性能・走行性能は?維持費はどのくらい?

長い歴史を誇るトヨタの人気SUV「ランドクルーザー」。それより一回り小さなモデルとして発売されたのが「ランドクルーザー プラド」です。

今回はランドクルーザー プラドの基本情報が知りたい方、購入を検討している方、他の車種と比較検討したい方のために、ランドクルーザー プラドについて解説します。

<この記事の目次>

  1. ランドクルーザー プラドとは?
  2. ランドクルーザー プラドの乗り心地や走行性能
  3. ランドクルーザー プラドの燃費性能と動力性能
  4. ランドクルーザー プラドの維持費はどのくらい?
  5. ランドクルーザー プラドのまとめ|購入以外の選択肢もある

ランドクルーザー プラドとは?

ランドクルーザーは、1951年に当時の警察予備隊向けのクルマとして誕生しました。「ランドクルーザー(LAND CRUISER)」とは「陸の巡洋艦」の意味です。

それ以来何十年もファンを魅了してきたランドクルーザー。そのなかで1985年に誕生したのが、今回ご紹介する「ランドクルーザー プラド」です。発売当時は「ランドクルーザー ワゴン」という名でした。

ランドクルーザー プラドのエクステリア

エクステリア(外観)はクルマの印象を左右する重要なポイントです。
ランドクルーザー プラドの外観は、迫力のあるフロントグリルとワイドなダイナミックフォルムが特徴です。

ランドクルーザー プラドのエクステリアは下記のとおり。赤文字および空欄部分はすべて標準装備です。

  TZ-G TX“Lパッケージ” TX
7人乗り 7人乗り 5人乗り 7人乗り 5人乗り
2.8L
ディーゼル
2.8Lディーゼル/2.7Lガソリン
ドアベルトモールディング(クローム)   2.8Lディーゼル車
カバー付きサイドステップ 照明付き        
ルーフレール(ブラック) メーカーオプション

アウトドアが好きな方におすすめのルーフレールは、メーカーオプションです。メーカーオプションの詳細は後述します。

ランドクルーザー プラドの内装

内装

内装(インテリア)の装備も見ていきましょう。

TZ-G TX“Lパッケージ” TX
7人乗り 7人乗り 5人乗り 7人乗り 5人乗り
2.8L
ディーゼル
2.8Lディーゼル/2.7Lガソリン
4本スポークステアリングホイール
+ステアリングホイールオーナメント(金属調加飾)
木目調・
本革巻き
本革巻き
本革巻きシフトノブ
&パーキングブレーキレバー
オーナメントパネル 木目調+金属調加飾 ブラック
センタークラスターパネル
&インサイドドアハンドルグリップ(金属調ヘアライン)
センタークラスターサイドニーパッド
(本革+ステッチ付き)
インサイドドアハンドル シルバー塗装 ブラック
レジスター金属調加飾
ドアスカッフプレート

サードシート乗降用ステップ付き

サードシート
乗降用ステップ付き

TZ-Gや、TX“Lパッケージ”だと、ホイールやオーナメントパネルなどが木目調もしくは本革巻きになっています。インサイドドアハンドルもシルバー塗装で、より高級感のある内装です。

ランドクルーザー プラドのオプション

ランドクルーザー プラドのメーカーオプションの一部をご紹介します(グレードにより設定がないものもあります)

  • タイヤ空気圧警報システム
  • 電動リヤデフロック
  • クリアランスソナー&バックソナー
  • ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート
  • リヤフォグランプ
  • チルト&スライド電動ムーンルーフ(挟みこみ防止機能付き)
  • ルーフレール(ブラック)

特に屋根の上に取り付けるルーフレールはおすすめです。アウトドアを目的にSUVを選ぶ方も多く、ルーフレールを付けておけばルーフキャリア(屋根の上に付ける外付けの荷台)の取り付けが可能。カヌーや自転車、スキー板などを運ぶのも楽々です。

安全性を考慮するなら、クリアランスソナーはいかがでしょうか。運転中に静止物に接近したり、車庫入れをしたりする際にブザーが鳴り、接触しないようにサポートしてくれます。静止物と距離が近づきすぎると、自動(被害軽減)ブレーキが作動します。

ランドクルーザー プラドの乗り心地や走行性能

ランドクルーザー プラドは走行性能も抜群。路面状況に応じた走行支援を5つのモードから選択できる「マルチテレインセレクト」を搭載しています。オフロード走行でのタイヤの空転によるスタックや、駆動力が足りずに失速が起こりやすい状況にも対応できます。

また、SUVならではの余裕のあるシート空間で、ゆったりとした乗り心地も叶えています。サードシートの足元の床を低く設計し、シート座面と床との距離は広め。これにより座っていても窮屈感がなく、ゆとりのある空間を実現しています。

ランドクルーザー プラドの燃費性能と動力性能

ランドクルーザー プラドには、トヨタの最新技術を集結した2種類のエンジンが搭載されています。ディーゼルとガソリン、それぞれの燃費・動力性能をご紹介します。

トルクフルな動力性能と燃費性能のディーゼルエンジン

ランドクルーザー プラドのディーゼルエンジンは、水冷式インタークーラーとターボチャージャーの両方を容量アップしたのに加え、ピストン燃焼室をはじめ、エンジン各部の構造や形状も見直しました。

排出ガスのクリーン化も考慮し、

  • DPR(Diesel Particulate active Reduction:排出ガス浄化装置)
  • 尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)システム

も採用。さらに各部のフリクション低減により、燃費性能向上にも取り組んでいます。

パワーと燃費性能をバランスよく両立したガソリンエンジン

ガソリンエンジンは、パワー、操作性、環境性能など様々な機能をバランス良く備えています。加速もスムーズです。

また、Dual VVT-i(Dual Variable Valve Timing-intelligent:吸・排気連続可変バルブタイミング機構)を採用し、低燃費なのもポイントです。

ディーゼルとガソリンはどちらがおすすめ?

では、ディーゼルとガソリンどちらがおすすめなのでしょうか?

2つの燃費消費率の比較は下記のとおりです。

WLTCモード
ディーゼル11.2km/L
ガソリン8.3km/L
※燃料消費率は国土交通省審査値

「WLTCモード」とは、市街地・郊外・高速道路モードの平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。

燃費で比較すると、ディーゼルエンジンのほうが優れています。

続いて、パワーとトルクも比較してみましょう。

最高出力(㎰)最大トルク(Nm)
ディーゼル204500
ガソリン163246

このように、パワーの差はそこまで大きくありませんが、トルクには大きな差があります。よって、オフロード走行が多い方はディーゼルエンジンのほうがおすすめです。

ランドクルーザー プラドの維持費はどのくらい?

一般的な自家用乗用車の維持費は、

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険(自動車保険)
  • 任意保険(自動車保険)

などがあります。

ランドクルーザー プラドの自動車税は年間50,000円かかります(※2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用乗用車の場合)

自動車重量税は、経過年数や燃費など条件によって変わります。自分のクルマの自動車重量税は、国土交通省の「次回自動車重量税額照会サービス」で調べることができます(サービス時間:9:00~21:00)

自賠責保険(自動車保険)は、24ヶ月で20,010円です。任意保険(自動車保険)は条件によって異なりますが、ランドクルーザー プラドの場合、およそ15,000円~95,000円ほどかかる可能性があります。

上記の他に、

  • 印紙代
  • 車検代
  • 燃料代
  • メンテナンス代
  • 駐車場代

なども維持費としてかかります。

ランドクルーザー プラドのまとめ|購入以外の選択肢もある

ランドクルーザー プラドは、アウトドアもタウンユースも安定した走行性を保ち、毎日使いやすいクルマです。「ぜひ乗ってみたい!」という方には、新しく購入するのはもちろん、サブスクで借りるという選択肢もあります。

トヨタのクルマのサブスクリプションサービス「KINTO」なら、毎月定額制で気軽に好きなクルマに乗ることができます。自動車保険料・正規販売店メンテナンスや車検費用・各種税金がすべて月額費に含まれています。

気になる方はぜひKINTOのWebサイトもチェックしてみてください。

※記事公開時の情報をベースに掲載しています

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube