トヨタ車&レクサス車解説

レクサスLBXの燃費性能を解説!モード別燃費やハイブリッドの性能も紹介

レクサスLBXの燃費性能を解説!モード別燃費やハイブリッドの性能も紹介

2023年11月9日に発表されたレクサスLBX。コンパクトサイズのクロスオーバーSUVとして注目されている1台ですが、燃費性能も高いです。本記事では、レクサスLBXのパワーユニットの詳細やモード別燃費を紹介します。新たな概念の高級車「LBX」の燃費が気になる方は参考にしてみてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

レクサスLBXはどんな車?特徴を紹介

LBX(日本仕様)

レクサスLBXは、クラスレスなコンパクトという価値を提案する新しいレクサスとして開発されました。「これまでの高級車の概念を変える、コンパクトサイズながらも走りやデザインも上質であるサイズのヒエラルキーを超えたクルマをつくりたい」という想いが込められたモデルとなっています。 

デザインコンセプトは「Premium Casual」。コンパクトなボディサイズにとらわれない存在感と上質さを併せ持っていることが特徴です。エクステリアは、ダイナミックなプロポーションと新たなフロントフェイス「ユニファイドスピンドル」を採用。インテリアは、プレミアムに相応しいしつらえにこだわり、気負うことなくリラックスして車との一体感を楽しめる室内空間を目指しています。

プラットフォームは、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を刷新。基本素性と電動化技術を徹底的に鍛え上げています。パワーユニットは、1.5Lハイブリッドです。また、レクサスならではの走りの味「Lexus Driving Signature」の深化を追求し、ドライバーと車が一体となり、いつまでも運転していたいと思える操縦性と全ての乗員が自然と笑顔になれるような快適性も追求しています。

グレードは、シンプルで洗練されたモダンな空間を演出する「Cool」、落ち着きと華やかさを両立する「Relax」を導入。また、ワールドプレミア時には、CoolとRelaxのほかに、Elegant、Active、Urbanといった世界観も提唱されていました。また、約33万通りのなかからユーザーが内外装をカスタム可能なオーダーメイドシステム「Bespoke Build」も用意されています。

レクサスLBXのパワーユニットと走行性能

LBXハイブリッドユニット

レクサスLBXには、1.5L 直列3気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドが搭載されています。

高効率な1.5L 直列3気筒エンジン(M15A-FXE)とモーター出力を向上した軽量でコンパクトなトランスアクスル、高い電池出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載していることが特徴です。

また、これまで培ってきた電動化技術によりエンジン、モーター、電池の性能を十分に引き出し、「Lexus Driving Signature」を追求アクセル操作に対する電池とモーターによるアシストを大幅に強化し、応答遅れが少なく立ち上がりが早い電気リッチな加速感を実現しています。

さらに、加速中のエンジン回転数と車速、エンジン音を連動させることで伸びのあるリニアな走りを演出。走りにこだわりながら、HEVシステム全体で高効率となるよう緻密に制御することで、優れた燃費性能を実現しています。

レクサスLBXのパワーユニットのスペック

レクサスLBXのパワーユニットのスペックを紹介します。

LBXパワーユニット

駆動方式

2WD(FF)

AWD(E-Four)

エンジン

1.5L直列3気筒(M15A-FXE)

排気量

1,490cc

最高出力

91ps/5,500rpm

最大トルク

12.2kgm/3,800-4,800rpm

フロントモーター最高出力

94ps

フロントモーター最大トルク

18.9kgm

リヤモーター最高出力

-

6ps

リヤモーター最大トルク

-

5.3kgm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

36L

レクサスLBXのモード別燃費

LBX(メーター)

レクサスLBXは、2023年11月9日の発表時点では、「Cool」、「Relax」、「Bespoke Build」の3グレードが用意され、それぞれ2WD(FF)とAWD(E-Four)が設定されています。モード別燃費は次のとおりです。なお、グレードによる燃費の違いはありません。

 

2WD(FF)

AWD(E-Four)

WLTCモード燃費(km/L)

27.7

26.2

市街地モード(km/L)

28.1

24.7

郊外モード(km/L)

29.8

28.8

高速モード(km/L)

26.4

25.3

2WD(FF)とAWD(E-Four)のモード別燃費を比べると、市街地モードの燃費の差が大きい(2WDの方が3.4km/L燃費がいい)ですが、どちらも、WLTCモード25.0km/Lを超えていることから、燃費性能は優れているといえるでしょう。

レクサスLBXは満タンで何キロ走る?

レクサスLBXは、燃料を満タンにすると何キロ走行することができるのでしょうか。燃料タンクの容量は、2WD(FF)とAWD(E-Four)のどちらも36L。使用燃料は、無鉛レギュラーガソリンです。

では、WLTCモード燃費をもとに、満タンで何キロ走行できるのか計算してみましょう。

駆動方式別LBXの航続距離

・計算式:WLTCモード燃費(km/L)×燃料タンク容量(L)=航続距離(km)

・LBX(2WD):997.2km(27.7km/L×36L)

・LBX(AWD):943.2km(26.2km/L×36L)

上記はあくまでもカタログに記載されている数値をもとに算出した航続距離となります。路面状況やエアコンの使用などによって燃費は変わるため参考程度にお考えください。

レクサスLBXの燃費まとめ

LBX(リヤビュー)

レクサスLBXは、優れた燃費性能を持っていることがわかりました。パワー感やハンドリング、内外装などのクオリティは、ぜひレクサス販売店にて実車を試乗・確認していただければと思います。2023年11月末時点では、試乗車予約開始の期日はまだ不明です。最新情報は、レクサスのWEBページをご覧ください。

レクサスLBXのWEBページはこちら

KINTOコラム記事では、本記事以外にもLBXの解説記事を用意しています。こちらも併せてご覧ください。

LBXは車のサブスク「KINTO」でも取り扱っています。WEBからの申し込みのほか、レクサス販売店でも申し込みが可能です最後に、KINTOについてお伝えします。

LBXの見積もりシミュレーションは下記画像をクリック

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」最短1ヶ月納車!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube