試乗記・レポート

プリウスの実燃費は?約100km走ってわかったGグレード(2L)とUグレード(1.8L)の実燃費を紹介

プリウスの実燃費は?約100km走ってわかったGグレード(2L)とUグレード(1.8L)の実燃費を紹介

2023年1月にフルモデルチェンジされたプリウス(60プリウス)。あらたに2Lハイブリッドが追加(Zグレード、Gグレード)されたほか、1.8Lハイブリッドも改良されて継続採用(Uグレード、Xグレード)されています。
 
今回、プリウスのGグレード(2L)とUグレード(1.8L)を用意し、名古屋市内を約100km走行して実燃費を計測してきました。ロケの様子は動画を撮影しているので、以下動画をご覧ください。KINTOのYouTubeチャンネルでは、話題のトヨタ車、レクサス車に関する情報のほか、車のサブスクKINTOに関する解説など、幅広くお役立ち情報を発信しているので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

※執筆した人※
KINTOコラム記事編集部:マツナガ
IT系書籍編集、大手自動車雑誌の編集を経たのち、KINTOに入社。家族と一緒に楽しめて走りのいい車が大好き。KINTOのYouTubeチャンネルにも出演中

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

プリウス(60プリウス)のカタログ燃費は

プリウス(60プリウス)のカタログ燃費

プリウス(60プリウス)のカタログ燃費は、2LハイブリッドがWLTCモード燃費28.6km/L(2WD)、1.8LハイブリッドがWLTCモード燃費32.6km/L(2WD)となっています。

プリウスGグレード

プリウスUグレード

パワートレーン

2Lハイブリッド

1.8Lハイブリッド

WLTCモード燃費(km/L)

28.6

32.6

市街地モード燃費(km/L)

26.0

29.9

郊外モード燃費(km/L)

31.1

37.3

高速道路燃費(km/L)

28.2

31.2

※値はすべて2WD

2Lハイブリッドと1.8Lハイブリッドのカタログ燃費の差は4km/Lありますが、実燃費の差はどのくらいになるのでしょうか? 次の見出しで紹介します。

名古屋市内を約100km走ってわかったプリウスの実燃費は

名古屋市内を約100km走ってわかったプリウスの実燃費

ロケ当日は、プリウスGグレード(2L)とUグレード(1.8L)を用意。名古屋市内を約100km走行しました。

行きは、名古屋駅前を出発し、トヨタ博物館を経由し鞍ヶ池公園を目指す下道ルート。上り坂が多く、燃費には厳しい印象です。

帰りは、鞍ヶ池公園から名古屋駅前まで高速道路を使用しました。渋滞もなく、順調に名古屋駅前まで帰ってくることができました。

プリウスの実燃費は以下になりました。

プリウスGグレード

プリウスUグレード

パワートレーン

2Lハイブリッド

1.8Lハイブリッド

2024年4月ロケ実燃費(km/L)

28.9

30.8

プリウスUグレード(1.8L)の実燃費は30.8km/Lと30km/L超え!さすがプリウスという燃費を記録してくれました。

プリウスGグレード(2L)の実燃費は、カタログ燃費超えの28.9km/Lを記録しました。2Lハイブリッドは燃費が悪いのでは?と心配している方には、驚きの結果ではないかと思います。

なお、撮影のためにアイドリング状態で車を動かしているので、それがなければもっと実燃費が上がっていたものと思われます。いずれにしても、今回のロケではいい実燃費を記録してくれました。

まとめ プリウスの実燃費は素晴らしかった

カタログ燃費どおり、すばらしい実燃費を記録してくれたプリウス。燃費性能はもちろん、デザインや走りも進化しており、魅力的な1台に仕上がっています。プリウスは、車のサブスクKINTOでも取り扱っているので、購入やローンにあわせて、ぜひKINTOもご検討ください。

KINTOは、YouTubeにも力を入れています。車を検討中の方に向けて、幅広く情報を提供しているので、チャンネル登録をしていただけると幸いです。

≪関連リンク≫

最後に、車のサブスク「KINTO」についてご紹介します。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube