トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ新型ランドクルーザー250をレビュー!ファーストエディションについても解説

トヨタ新型ランドクルーザー250をレビュー!ファーストエディションについても解説

2023年8月2日に世界初公開されたランドクルーザー250が、2024年4月18日に発売されました。本記事では、ランドクルーザー250の価格情報や内装、サイズ、色といった主要な車両情報についてレビューします。みなさんが気になっているファーストエディションの内容も、通常グレードと比較しながらお届けするので、ぜひ本記事をチェックしてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ランドクルーザー250シリーズとは

ランドクルーザーは、トヨタBJ型として1951年8月1日に誕生。シリーズとして生誕72周年を迎える、日本を代表する1台です。誕生直後には自動車としてはじめて富士山6合目の登山に成功。そのときから、このクルマだからこそ行き来できる場所で、様々な人々の安全と安心を提供するという使命を背負ってきました。世界中のユーザーに育てられ、そして鍛えられることで「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として信頼性・耐久性・悪路走破性の継承と進化を続け、現在までに約170の国と地域で、累計1,130万台※1のランドクルーザーが人々の命や暮らしを支えています

※2023年6月時点累計販売台数、LEXUS LX、GXを含む数値

ランドクルーザーは、常に最新技術を導入しフラッグシップとして進化を担うステーションワゴン(300シリーズ)、高い耐久性と走破性が求められるヘビーデューティーモデル(70シリーズ)、悪路走破性をベースに扱いやすさと快適性を付与した人々の生活を支えるライトデューティーモデル(プラド)の3シリーズで展開してきました。

300シリーズは2021年8月2日にフルモデルチェンを果たしていましたが、2023年8月2日にランドクルーザー250シリーズ(従来型のプラドにあたるモデル)と、ランドクルーザー70シリーズが世界初公開となり、最新モデルとして日本国内で従来の3シリーズ展開が復活した形となります。ランドクルーザー70は2023年11月29日発売、ランドクルーザー250は2024年4月18日に発売されました。

ライトデューティーモデルは、世代を追うごとに高級・豪華な路線にシフトする傾向にありました。しかし、新型となる250シリーズの開発にあたっては、最終責任者である豊田章男社長(当時)が「ランクルは人々の生活、地域社会を支えるためのクルマであるべきで、より多くの人の生活を支えるライトデューティーモデルはお客様が求める本来の姿に戻す必要がある」という基本的な考え方を提示。それを踏まえて「The Land Cruiser:質実剛健を追求し、お客様の生活と実用を支え、お客様に信頼されるクルマ」という、ランクルの原点に回帰するコンセプトを定め、開発されました。

ランドクルーザー250の概要

ランドクルーザー250は、ランドクルーザー300と同じGA-Fプラットフォームを採用し、優れた悪路走破性を追求しています。電動パワーステアリング(EPS)を搭載し、オフロードでのキックバック(地形や障害物によってタイヤが強制的に方向性を変えられ、ステアリングが勝手に強い力で回される現象)低減、オンロード・オフロードを問わない操縦のしやすさと扱いやすさを確保しています。さらに、スイッチ操作でフロントスタビライザーのロック/フリーが切り替えられるSDM(Stabilizer with Disconnection Mechanism)により、オフロードでの悪路走破性や乗り心地と、オンロードの操縦安定性を両立させています。

パワートレーンは、2.8Lディーゼルターボエンジン+Direct Shift-8ATと、2.7Lガソリンエンジン+6 Super ECTの2タイプを用意。ともにセンターディファレンシャルにトルセンLSDを備えたフルタイム4WDシステムが組み合わされています。電動リヤデフロックが悪路での力強い走破性を発揮するとともに、前後駆動力配分の自由度を拡大し、より卓越した走行安定性を実現しています。

ランドクルーザー250の価格

ランドクルーザー250の価格は520万~735万円(税込)となります。

グレード

2.8Lディーゼルターボ

2.7Lガソリン

4WD

ZX

735万円

VX

630万円

545万円

GX

520万円

※価格はいずれも税込

2.7Lガソリンは、VXグレードのみでの展開となります。GXグレードは5人乗りの簡素なモデルで、一部の特殊な用途向けの販売となっています。一般のユーザーはZXまたはVXを選択することになります。 

KINTO月額利用料

ランドクルーザー250のKINTO月額利用料もご紹介します。

グレード

2.8Lディーゼルターボ

2.7Lガソリン

4WD

ZX

70,510円~

VX

59,620円~

50,710円~

※月額はいずれも税込。最安値パッケージ、追加オプション無し、「初期費用フリープラン」の7年契約、年2回のボーナス月の月額へ165,000円(税込)の加算を選択した場合

ランドクルーザー250ファーストエディションの価格

ランドクルーザー250ファーストエディションの価格は590万~785万円となります。ファーストエディションは限定8,000台なので、欲しい方は早めに申し込みましょう。

グレード

2.8Lディーゼルターボ

2.7Lガソリン

4WD

ZX“First Edition”

785万円

VX“First Edition”

700万円

590万円

※価格はいずれも税込

ランドクルーザー250の外装デザイン

ランドクルーザー250シリーズの内外装デザインは、『ランドクルーザーの伝統とモダンを融合させたデザイン』がテーマになっています。伝統とモダンを統合しながら『Reliable(過酷な使用用途にも耐えられる信頼性)』『Timeless(永く愛せる飽きのこないシンプルさ)』『Professional(プロが使う、無駄のない道具に共通する洗練された機能美)』をキーワードに外装・内装をデザインしています。

外装は、水平基調のデザインによって再現されたランドクルーザーらしいシルエットが特徴です。

また、低く設計されたカウルとインストルメントパネル上部により、良好な前方視界を実現し、オンロード/オフロードを問わず安全な走行をサポート。さらに悪路でも路面を見下ろしやすいようにベルトラインも低く設計するなど、ランドクルーザーとしての走破性も踏まえ、機能性を追求したデザインが特徴です。さらにミラー全幅は従来型以下とすることで、取り回し性を確保しています。

ランドクルーザー250の内装デザイン

内装は、従来型の高級・豪華な雰囲気から、新型ではリアルオフローダーらしい機能性を感じさせるデザインへシフトしています。

強さと安定感のある空間と、水平基調のインストルメントパネル、どのような状況でも操作しやすいスイッチ形状を採用するなど、悪路走行時も含めた機能性向上を図っています。

シートレイアウトはZX、VXは3列、GXは2列シートとなっています。

ランドクルーザー250のサイズは?

次に、ランドクルーザー250シリーズ、2021年8月2日に発売したランドクルーザー300シリーズ、さらにランドクルーザー250シリーズの従来型にあたるランドクルーザー プラドのボディサイズを比較します。

 

ランドクルーザー250

ランドクルーザー300

ランドクルーザー プラド

全長(mm)

4,925

4,950~4,985

4,825

全幅(mm)

1,940~1,980

1,980~1,990

1,885

全高(mm)

1,925~1,935

1,925

1,835~1,850

ホイールベース(mm)

2,850

2,850

2,790

ランドクルーザー250シリーズと300シリーズを比較した場合、250の方が、全長が25~60mm短いですが、全幅と全高はほぼ同じ値となっています。また、ホイールベースに関しても同じGA-Fプラットフォームを採用しており、同寸となっています。

一方、ランドクルーザー250シリーズと、従来型となるランドクルーザー プラドを比較すると、全長は100mm、全幅は55~95mm、全高は75~100mm、250シリーズのほうがサイズアップしています。また、ホイールベースに関しても60mm延長されています。

ランドクルーザー250の色(カラーバリエーション)

ランドクルーザー250のボディカラーは、ツートーン1色、モノトーン5色の計6色が用意されています。

  • サンド×ライトグレー(ツートーン)
  • プラチナホワイトパールマイカ(モノトーン)
  • ブラック(モノトーン)
  • アバンギャルドブロンズメタリック(モノトーン)
  • スモーキーブルー(モノトーン)
  • スーパーホワイトⅡ

詳しくは、ランドクルーザー250のボディカラー記事にて解説します。

ランドクルーザー250の燃費

ランドクルーザー250のWLTCモード燃費は、7.5~11.0km/Lとなります。

グレード

ZX

VX

GX

4WD

エンジン

2.8L
ディーゼル
ターボ

2.7L
ガソリン

2.8L
ディーゼル
ターボ

トランスミッション

8AT

6AT

8AT

エンジン最高出力 ps/rpm

204/3,000~3,400

163/5,200

204/3,000~3,400

エンジン最大トルク kgm/rpm

51.0/1,600~2,800

25.1/3,900

51.0/1,600~2,800

WLTCモード(km/L)

11.0

7.5

11.0

市街地モード(km/L)

8.5

5.7

8.5

郊外モード(km/L)

11.0

7.6

11.0

高速道路モード(km/L)

12.6

8.6

12.6

ディーゼルターボとガソリンは、やはりディーゼルの方が、燃費が良いようです。

ランドクルーザー250ファーストエディションの内容

ランドクルーザー250発売を記念して登場する特別仕様車”First Edition”は、ZXグレードとVXグレードに用意されています。丸目のヘッドライト(ZX”First Edition”のみ)など、注目の装備が搭載されているため、気になっている方も多いでしょう。それぞれの特徴は以下になります。

特別仕様車ZX“First Edition”

ZXグレード(2.8Lディーゼル)をベースに、原点回帰をより強調する丸目型Bi-Beam LEDヘッドランプやマットブラック塗装のアルミホイール/18インチオフロードタイヤなどを特別装備。

主な特別装備

  • 丸目型Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(おむかえ照明機能付)&LEDデイタイムランニングランプ
  • 265/70R18タイヤ&18×7 1/2Jアルミホイール(マットブラック)

特別仕様車VX“First Edition”

2.8Lディーゼルエンジン、2.7Lガソリンエンジンを搭載する2タイプのVXグレードをベースに、外板色の特別設定色サンドとともに、内装色にはダークチェスナットを採用。先進機能を付与したトヨタセーフティセンス、トヨタチームメイトを設定し安全・安心装備がさらに充実。

主な特別装備

  • 緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)+フロントクロストラフィックアラート+レーンチェンジアシスト
  • アドバンストドライブ(渋滞時支援)+ドライバーモニターカメラ

さらに、本革シート表皮(専用加飾付)や合成皮革巻きドアトリムオーナメント(“FIRST EDITION”ロゴ入り)に加え、インストルメントパネル加飾(専用ザイル調チタニウムフィルム+メッキ付)を特別仕様車共通アイテムとしてしつらえ、特別感を強調しています。

ランドクルーザー250のまとめ

ランドクルーザー250が登場したことで、ランドクルーザーシリーズ3モデルのポジションが明確となりました。300シリーズは高級豪華なシリーズの象徴としてのポジション、70シリーズは剛健堅牢な普遍的ポジション、250シリーズはその中間の「生活実用」というポジションとなり、原点回帰した形となります。300、70と一緒に検討し、あなたに合ったランドクルーザーを選んでください。車のサブスクKINTOでは、ランドクルーザー250も取り扱っているので、購入やローンとあわせて、KINTOも選択肢に加えてはいかがでしょうか。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・ヤリス クロス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・ヤリス クロス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube