トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ新型クラウン(スポーツ)のボディカラーや内装色を紹介

トヨタ新型クラウン(スポーツ)のボディカラーや内装色を紹介

2023年10月6日、新型クラウン(スポーツ)の注文の受付が開始されました。本記事では、16代目クラウンに設定された新たなボディタイプであるハッチバックの「クラウン(スポーツ)」のボディカラーや内装色を紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型クラウン(スポーツ)は全11色のカラー展開

新型クラウン(スポーツ)カラーバリエーション

10月6日に注文の受付が開始された新型クラウン(スポーツ)は、2.5Lエンジンにモーターを組み合わせたHEV(ハイブリッド)となっています。PHEV(プラグインハイブリッド)は、2023年12月頃に登場予定です。

新型クラウン(スポーツ)のボディカラーは全11色。内訳は、モノトーンが6色、バイトーンが5色となっています。グレードは、「SPORT Z」の1グレードのみで、価格は590万円(税込)となります。

新型クラウン(スポーツ)の全カラーバリエーションを紹介

新型クラウン(スポーツ)エモーショナルレッドⅢ

新型クラウン(スポーツ)のボディカラーは、モノトーンが6色バイトーンが5色となっています。バイトーンは、ルーフ部分とドアハンドルがブラックになるボディカラーです。

では、クラウン(スポーツ)のボディカラーを詳しく見ていきましょう。

モノトーン

新型クラウン(スポーツ)のモノトーンカラーは、プレシャスホワイトパール、アッシュ、ブラック、エモーショナルレッドⅢ、プレシャスブロンズ、マスタードの6色です。なお、ドアミラーカバーのカラーはモノトーンであってもブラックとなります。

プレシャスホワイトパール

新型クラウン(スポーツ)プレシャスホワイトパール

ではそれぞれのカラーについて見ていきましょう。

プレシャスホワイトパールは、パール加工が施された光沢感あるホワイトです。定番ボディカラーのホワイトは、新型クラウン(スポーツ)をエレガントな印象にしてくれるでしょう。

アッシュ

新型クラウン(スポーツ)アッシュ

アッシュは、ソリッドカラーのグレーです。新型クラウン(スポーツ)のボディの抑揚を感じられる上品なカラーとなっています。

ブラック

新型クラウン(スポーツ)ブラック

ブラックは、多くの車種に採用され、高い人気を誇る定番カラーです。新型クラウン(スポーツ)をよりスポーティでカッコよくしてくれます。

エモーショナルレッドⅢ

新型クラウン(スポーツ)エモーショナルレッドⅢ

エモーショナルレッドⅢは、鮮やかで深みがあり、高級感を感じさせる赤色です。こちらも、クラウン(スポーツ)のスポーティさを際立たせるボディカラーといえるでしょう。

プレシャスブロンズ

新型クラウン(スポーツ)プレシャスブロンズ

プレシャスブロンズは、存在感と重厚感があるカラーとなっています。個性的かつ大人っぽいクラウン(スポーツ)にしたいのであればプレシャスブロンズがおすすめです。

マスタード

新型クラウン(スポーツ)マスタード

マスタードは、プリウスにも採用されているソリッドカラーのイエローです。新型クラウン(スポーツ)を個性的に彩ってくれる鮮やかなイエローとなっています。

バイトーン

続いてバイトーンです。バイトーンは、ルーフ部分とドアハンドルがブラックになるツートーンカラーです。

新型クラウン(スポーツ)のバイトーンカラーには、ブラック×プレシャスホワイトパール、ブラック×アッシュ、ブラック×エモーショナルレッドⅢ、ブラック×プレシャスブロンズ、ブラック×マスタードの5色が用意されています。

ブラック×プレシャスホワイトパール

新型クラウン(スポーツ)ブラック×プレシャスホワイトパール

ブラック×プレシャスホワイトパールは、ブラックとホワイトのコントラストが際立つバイトーンです。ブラックとプレシャスホワイトパールのバイトーンは、新型クラウン(スポーツ)のエレガントさをより際立たせるカラーとなっています。

ブラック×アッシュ

新型クラウン(スポーツ)ブラック×アッシュ

ブラック×アッシュは、ソリッドなアッシュとブラックを組み合わせた落ち着きのあるカラーです。モノトーンのブラックやアッシュよりスポーティさが引き立てられているのは、バイトーンならではの魅力といえるでしょう。

ブラック×エモーショナルレッドⅢ

新型クラウン(スポーツ)ブラック×エモーショナルレッドⅢ

ブラック×エモーショナルレッドⅢは、スポーティさが際立つカラーです。深みのあるレッドのボディが、ブラックのルーフとブラックのドアハンドルやドアミラーカバーが組み合わされることによってより引き締まった印象となります。

ブラック×プレシャスブロンズ

新型クラウン(スポーツ)ブラック×プレシャスブロンズ

ブラック×プレシャスブロンズは、存在感と重厚感があるプレシャスブロンズに、ブラックがアクセントに加わることで、スポーティさが加わります。個性的なクラウン(スポーツ)に仕上げたいなら、こんな組み合わせもアリ!!

ブラック×マスタード

新型クラウン(スポーツ)ブラック×マスタード

ブラック×マスタードは、ビビッドなソリッドイエローにブラックのアクセントが加わることで、モノトーンのマスタードとはまた違ったスポーティさを演出するボディカラーに仕上がっています。

新型クラウン(スポーツ)の内装色や仕様

新型クラウン(スポーツ)インテリア:ブラック

新型クラウン(スポーツ)の内装色は、「ブラック」と「サンドブラウン」の2色です。ここからは、それぞれの特徴やボディカラーとの組み合わせについて紹介します。

ブラック

新型クラウン(スポーツ)ブラック内装
新型クラウン(スポーツ)ブラック内装(シート)

ブラックは、シート、ダッシュボードまわり、ドアトリムがブラックとなる内装です。シートにはブラックレザーが採用されています。定番の高級感ある内装に仕上げたいのであればブラックがおすすめです。

ブラックインテリアは、標準設定の内装色で、全ボディカラーに対応しています。

サンドブラウン

新型クラウン(スポーツ)サンドブラウン内装
新型クラウン(スポーツ)サンドブラウン内装(シート)

続いてサンドブラウンです。サンドブラウンは、シート、ダッシュボードまわり、ドアトリムがブラウンになる内装です。シートにはブラウンレザーが採用され、ブラックとは一味違った上質感のある室内に仕上げることができます。ブラックと同様に、「アイランドアーキテクチャー」という、左右がアシンメトリーなデザインが採用されており、運転席側の運転に関する機能が搭載されている場所はブラックアウトされ、運転への集中を高める狙いがあります。

サンドブラウンインテリアは、注文時に指定する内装色で、マスタードとブラック×マスタード以外のボディカラーで選択が可能です。

新型クラウン(スポーツ)のボディカラーによる価格の違い

新型クラウン(スポーツ)のボディカラーには、メーカーオプションとなるカラーが8色あります。ボディカラーごとの価格は次の一覧のとおりです。

新型クラウン(スポーツ)のカラーとオプション価格

ボディカラー

オプション価格(税込)

プレシャスホワイトパール

55,000円

アッシュ

0円

ブラック

0円

エモーショナルレッドⅢ

55,000円

プレシャスブロンズ

55,000円

マスタード

0円

ブラック×プレシャスホワイトパール

99,000円

ブラック×アッシュ

55,000円

ブラック×エモーショナルレッドⅢ

99,000円

ブラック×プレシャスブロンズ

99,000円

ブラック×マスタード

55,000円

新型クラウン(スポーツ)のカラーバリエーション まとめ

新型クラウン(スポーツ)

新型クラウン(スポーツ)のボディカラーは全11色で、モノトーンが6色、バイトーンが5色となっています。どのボディカラーでもクラウン(スポーツ)らしいスポーティさや高級感を感じられることから、ボディカラーに悩むかもしれません。

内装色は、ブラックとサンドブラウンの2色です。どちらも「クラウン」の名にふさわしい高級感あるインテリアカラーとなっています。

そのため、クラウン(スポーツ)は、ボディカラーと内装色の組み合わせに悩むこともあるでしょう。クラウン(スポーツ)を検討していて、ボディカラーや内装色に悩んだときは、販売店へ足を運び、実車の色を見てみることをおすすめします。新型クラウン(スポーツ)はKINTOがおすすめです。KINTOなら税金やメンテナンス費用、任意保険料も月額コミコミなので、急な出費がありません。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・ヤリス クロス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・ヤリス クロス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

クラウン(スポーツ)の詳細は上記画像をクリック!

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube