トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ ヤリスクロスとは?コンパクトカー ヤリスのSUV版?

トヨタ ヤリスクロスとは?コンパクトカー ヤリスのSUV版?

トヨタは2020年2月に発売したコンパクトカー「ヤリス」をベースにした、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を2020年8月31日に発売しました。

販売好調なヤリスをベースに開発したコンパクトSUVとあって注目を集めるヤリス クロスの特徴や外観、ヤリスゆずりの燃費や安全性能などをみていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新登場!トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」

ヤリスとヤリスクロス

※左:ヤリス 右:ヤリス クロス

ヤリス クロスは、ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、利便性にとどまらないコンパクトSUVの新たな価値を追求することを目指し、開発されました。

ヤリス クロスはコンパクトカー向けプラットフォームTNGAプラットフォーム(GA-B)や、新ハイブリッドシステムをヤリス同様に採用し、高水準の走行性能と環境性能を同時に実現しています。

コンパクトなボディサイズでありながら、居住性や荷室空間はSUVらしいユーティリティ性能を十分に持っているといえるでしょう。

エクステリアは、SUVらしい「頑強さ」を表現したデザインに仕上げ、インテリアは、ワンランク上の質感と居心地の良さを感じられるデザインに仕上がっています。

TNGAプラットフォーム採用!ヤリス クロスの走り

ヤリスクロス NEW PLATFORM&BODY

※ヤリスクロス NEW PLATFORM&BODY

ヤリス クロスは、ヤリスと同じプラットフォームであるTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。車両重量の軽量化と低重心化、そしてボディ剛性の向上が図られています。

組み合わされるパワーユニットは、直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン搭載のガソリンエンジンタイプと、リダクション機構付のTHSⅡを搭載したハイブリッドタイプの2種類です。

駆動方式は2WDと4WD、ハイブリッド車では雪道などでも安心な電気式4WDシステムの「E-Four」もトヨタコンパクトSUVで初設定されています。

ヤリス クロスは軽量かつ高剛性、低重心なボディを追求し、軽快なハンドリングと上質な乗り心地を両立。オフロードや滑りやすい路面における走破性の向上に寄与する、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクト(※ガソリン4WD車)をトヨタコンパクトSUVで初採用するなど、本格派SUVの側面も持ちわせたモデルとなっています。

ヤリス クロスの安全性能

ヤリス クロスの安全性能については、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備X“Bパッケージ”を除く)。以下の先進機能がドライバーをサポートします。

  • プリクラッシュセーフティ(ぶつからないをサポート)
  • レーントレーシングアシスト(高速道路のクルージングをサポート)※1.0L車(X“Bパッケージ”を除く)はレーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)となり、車線逸脱警報機能および車線逸脱抑制機能が作動
  • レーダークルーズコントロール(ついていくをサポート)※全車速追従機能付/停止保持機能なしは1.0L車、MT車を除く全グレードに標準装備、ブレーキ制御付はMT車に標準装備
  • アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム(夜間の見やすさをサポート)※HYBRID Z、Zにメーカーオプション
  • ロードサインアシスト(標識の見逃し防止をサポート)

また、ドライバーの駐車を安全にアシストする高度駐車支援システム、トヨタチームメイト[アドバンスト パーク(パノラミックビューモニター付)]もハイブリッド車にメーカーオプション設定されています。

洗練された中に頑強さを表現したヤリス クロスのエクステリア

ヤリス クロス HYBRID G(2WD)

※ HYBRID G(2WD)

ヤリス クロスのデザインキーワードは「ENERGETIC SMART」。洗練されたスタイリッシュなスタイルながら、足回りはオフロードなどの悪路も力強く走るSUVらしいイメージに仕上がっています。

ヤリスクロス

※ HYBRID G(2WD)

フロントマスクはヤリスよりも厚みがあり、センターのグリルデザインなども異なっています。リヤ周りでは、一体的になったテールランプはヤリスとの共通性を感じさせつつも横一直線につながるデザインがより先進的なイメージを作り上げています。

ホイールアーチとボディ下部には、黒の樹脂素材を採用し、SUVらしいスタイルを実現。カラーはAピラーからルーフ、そしてリヤウイングまでをボディとは別カラーにしたツートーンカラーも用意されています。

気になるヤリス クロスの燃費は?

ヤリス クロスのハイブリッド車は、SUVの常識を超えたクラス世界トップレベルの低燃費(2WD HYBRID XでWLTCモード30.8km/L)を実現。

また「1.5L ダイナミックフォースエンジン」の採用により、低燃費でありながらもパワフルかつトルクフルな加速も実現しているため、様々な状況下でも快適なドライブが楽しめます。

インパネ周りにこだわったヤリス クロスの内装

ヤリスクロスの内装 HYBRID Z(2WD)(内装色 : ダークブラウン)<オプション装着車>

※HYBRID Z(2WD)(内装色 : ダークブラウン)<オプション装着車>

ヤリス クロスは、センターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけての縦ラインが、力強さと存在感を表現する内装デザインとなっています。シート、ステアリング、シフトレバーなどが適切に配置され、DAの上方配置などにより、ドライバーの視線移動を最小限にすることで、運転に集中できるインテリアを実現しています。

ヤリスクロス 左からStandard mode、4:2:4分割可倒式リヤシート、Flat mode

※左からStandard mode、4:2:4分割可倒式リヤシート、Flat mode

荷室は9.5インチのゴルフバッグ2個を積めるほか、分割可倒式の後席を倒すことでさらなるスペースを確保。中央のコンソールを倒せばスキー板のような長尺物も搭載可能に。さらにデッキボードも6:4の分割式で高さを2段階に調整できるなど、アウトドアにも使える実用性が満載です。

ヤリス クロスのレビューまとめ

ヤリスクロス

コンパクトカーの中で人気・実力ともにトップクラスのヤリスをベースとした、2020年8月31日に新発売のヤリス クロス。トヨタの最新技術を凝縮したSUVだけあって注目されるのは間違いないでしょう。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

よくある質問

ヤリス クロスは何ナンバーサイズ?

ボディサイズはコンパクトSUVらしく全長4mを少し超える程度ですが、全幅は1.7mを超える3ナンバーサイズです。その分、室内幅にもゆとりが出て大人4人でもゆったり乗れます。

ヤリス クロスの荷室サイズは?

ヤリス クロスの荷室サイズは、荷室幅1,400mm×荷室長820mm(5名乗車時)×荷室高732mm。デッキボード下段時には荷室高は850mmとなり、背の高い荷物も積載可能です。

荷室容量は390L(2WDガソリン車かつデッキボード非装着状態でデッキアンダートレイを含む容量)を誇り、コンパクトSUVクラストップレベルの収納力を有しています。デッキボードは6:4で左右分割できるので、背の高さが違う荷物を運ぶ時にも便利です。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube