About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

ヴェルファイアの燃費を調査!ハイブリッドとガソリンの違い

ヴェルファイアの燃費を調査!ハイブリッドとガソリンの違い

大型のミニバンの購入を検討する際、心配なのは燃費ではないでしょうか。トヨタのヴェルファイアは、見るからに堂々とした車体で車重も重い上、空力の面でも有利とはいえないことから燃費も悪いのでは?と心配される方もいるでしょう。今回はそんなヴェルファイアの燃費を調査します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. トヨタ「ヴェルファイア」とは
  2. ヴェルファイアのカタログ燃費は?
  3. ヴェルファイアは広い車内で快適な乗り心地
  4. ヴェルファイアをKINTOで利用する方法
  5. ヴェルファイアの燃費性能まとめ

トヨタ「ヴェルファイア」とは

トヨタのヴェルファイア

トヨタアルファードが2代目にモデルチェンジした2008年に、兄弟車としてネッツ店専売車両として誕生したのがヴェルファイアです。全くの新規車種にもかかわらずユーザーからの熱い支持を受け、一躍人気車種となりました。

ヴェルファイアが人気な理由は、なんといっても迫力あるエクステリアデザインにあります。端正なデザインのアルファードに対し、ヴェルファイアは迫力のあるフロントマスクが与えられ、アルファードとの差別化が図られました。

違いはどこ?アルファードとヴェルファイアの特徴を比較

※左:アルファードと右:ヴェルファイア

フォーマルなイメージでホワイトのカラーが似合うアルファードに対し、ヴェルファイアはブラックカラーが似合うクールなイメージに仕上げられています。

2代目となる現行型も初代の人気を受け継ぎ、さらに攻めたデザインとなっています。

ヴェルファイアのカタログ燃費

ヴェルファイアのリヤ外観

ヴェルファイアの購入を考えている方が心配しているのは燃費ではないでしょうか。ヴェルファイアは2.5L直列4気筒に加え、3.5L V型6気筒エンジン、さらに2.5L+モーターのハイブリッド仕様と、いずれもオーバー2Lのエンジンが搭載されています。その上車重は約2トンを超える巨大なボディと、燃費には不利な条件がそろっています。

しかしヴェルファイアの燃費は、厳しい条件と考えられる3.5L V6エンジンであっても、WLTCモード9.9~10.2km/Lという低燃費を達成しています。

そして2.5Lハイブリッドでは、14.8km/Lの低燃費を達成しています。ヴェルファイアのハイブリッド車は一般的に燃費には不利といわれているE-Four(4WD)仕様なのを考慮すれば、この数値は非常に優秀といえるでしょう。

ハイブリッド車はレギュラーガソリン仕様なのも、維持コストを抑えるポイントでしょう。年間走行距離が多く、ガソリン代を気にする方でも利用しやすい設計になっています。

なお、2.5LガソリンエンジンのWLTCモード燃費は10.6~10.8km/Lとなっています。

ヴェルファイアの広い車内

ヴェルファイアの内装 Executive Lounge Z(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

※Executive Lounge Z(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

ヴェルファイアは室内長3,210mm×室内幅1,590mm×室内高1,400mmと、広大な室内空間を確保しています。

ヴェルファイアのシート Executive Lounge Z(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

※Executive Lounge Z(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

室内高をたっぷりとっているので2列目はもちろん、3列目であっても大人が快適に過ごせるほど余裕のある室内はLサイズミニバンならではでしょう。

ヴェルファイアをKINTOで利用

ここでは、迫力のあるルックス、広大な居住空間と豪華なインテリア、そして力強いエンジンと魅力あふれるヴェルファイアを月々定額で堪能できるサービス「KINTO」を紹介します。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※トヨタ車が対象(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

ヴェルファイアの購入を考えている方は、車の新しい乗り方「KINTO」の利用も検討してはいかがでしょうか。

ヴェルファイアの燃費性能まとめ

ヴェルファイアの燃費性能

これまで見てきたように、ヴェルファイアの燃費は大型ミニバンとしては優秀といえます。
特に2.5Lのハイブリッド車であればWLTCモードで14.8km/L、しかもレギュラーガソリン仕様なのでお財布にも優しくなっています。日常の維持費を抑えながら高級車らしい走りを楽しむならハイブリッドがおすすめでしょう。

一方3.5Lガソリン車は301ps(馬力)の大パワーと低燃費を両立していますし、リーズナブルな価格で高級感を味わえる2.5Lガソリン車もWLTCモードで10.6~10.8km/Lと、いずれのモデルを選んでも燃費を気にしすぎる必要はありません。

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube