トヨタ車&レクサス車解説

ランドクルーザー250価格一覧表!ディーゼル・ガソリンの価格差は?

ランドクルーザー250価格一覧表!ディーゼル・ガソリンの価格差は?

2024年4月18日に発売された待望のランドクルーザー250(ランクル250)。本記事では、ランドクルーザー250のグレード別価格や特別仕様車の特徴を解説します。
 
ランドクルーザーシリーズを検討している方やランドクルーザー250の価格が気になっている方、特別仕様車に興味がある方は参考にしてみてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ランドクルーザー250価格一覧とKINTO月額利用料

ランドクルーザー250(フロントビュー)

2024年4月18日に発売された新型車「ランドクルーザー250」のグレード別の価格(特別仕様車“First Edition”を含む)を一覧表にしました。車のサブスクリプションサービス「KINTO」を検討中の方に向けて、KINTOの月額利用料もあわせて掲載します。

ランドクルーザー250の価格は、520万円〜735万円(税込)、ランドクルーザー250 特別仕様車“First Edition”の価格は590万円~785万円(税込)です。

グレード

パワートレーン

定員(人)

価格(税込)

KINTO月額利用料※2

ZX

2.8Lディーゼル(8AT)

7

7,350,000円

70,510円〜

ZX“First Edition”

7,850,000円

取り扱いなし※1

VX

6,300,000円

59,620円〜

VX“First Edition”

7,000,000円

取り扱いなし※1

GX

5

5,200,000円

取り扱いなし※1

VX

2.7Lガソリン(6AT)

7

5,450,000円

50,710円〜

VX“First Edition”

5,900,000円

取り扱いなし※1

※1 KINTOで取り扱いのないグレードは「取り扱いなし」と記載
※2 追加オプションなし、初期費用フリープラン、契約期間7年、ボーナス払い165,000円(税込)の場合

オプションなどを含めた料金は、トヨタの見積もりシミュレーションでご確認ください。また、ボディカラーとオプション料金は以下の記事でも紹介しているのでご参考ください。

ランドクルーザー250のKINTO月額利用料は50,710円〜(税込)です。KINTOは、税金、メンテナンス費、車検費用、任意保険料など、車を維持する際にかかる費用を含めた月額利用料となっているところもポイントです。

ランドクルーザー250のグレードと特徴

ランドクルーザー250(サイドビュー)

ランドクルーザー250には3つのグレードと特別仕様車が用意されています。グレードごとの特徴は次のとおりです。

  • ZX…マットグレーの20インチホイール、プロジェクター式3眼LEDヘッドランプ、ダークチェスナット本革シート、ザイル調チタニウムフィルム+メッキ付インパネ加飾、12.3インチディスプレイオーディオなどが装備される上級グレードディーゼル車のみのラインアップ

  • VX…ダークグレーメタリックの18インチホイール、リフレクター式3眼LEDヘッドランプ、ブラック本革シート、ダークグレーインパネ加飾、12.3インチディスプレイオーディオなどが装備される中間グレードディーゼル車とガソリン車のラインアップ

  • GZ…ブラックのファブリックシート、ダークグレーのインパネ加飾、8インチディスプレイオーディオなどを装備するベースグレードで5人乗り仕様ディーゼル車のみのラインアップ

詳しい装備の差などはトヨタ公式サイト「ランドクルーザー250 WEBカタログ」をご覧ください。

特別仕様車“First Edition”の特徴

ランドクルーザー250(特別仕様車)

ランドクルーザー250のデビューと同時に"250"シリーズ誕生を記念した、“原点回帰”をキーワードとする特別仕様車を台数限定で発売しました。

特別仕様車では、本革シート表皮(専用加飾付)や合成皮革巻きドアトリムオーナメント(“FIRST EDITION”ロゴ入り)に加え、インストルメントパネル加飾(専用ザイル調チタニウムフィルム+メッキ付)などを特別装備しています。特別仕様車は、ZX“First Edition”とVX“First Edition”の2種類が用意され、販売台数は両車合わせて限定8,000台となっています。

それぞれの特別仕様車の特徴は以下のとおりです。

ZX“First Edition”

ランドクルーザー250(ZX“First Edition”)

ZX“First Editionは、2.8Lディーゼルエンジンを搭載するZXグレードをベースとした特別仕様車です。原点回帰をより強調する丸目型Bi-Beam LEDヘッドランプやマットブラック塗装のアルミホイール/18インチオフロードタイヤなどを特別装備しています。

主な特別装備
  • 丸目型Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(おむかえ照明機能付)&LEDデイタイムランニングランプ

  • 265/70R18タイヤ&18×7 1/2Jアルミホイール(マットブラック)

VX“First Edition”

ランドクルーザー250(VX“First Edition”)

VX“First Edition”は、2.8Lディーゼルエンジンと2.7Lガソリンエンジンの2タイプをラインアップするVXグレードをベースにした特別仕様車です。専用外板色サンドや内装色ダークチェスナットを特別採用しています。また、先進機能を付与したトヨタセーフティセンス、トヨタチームメイトを設定し、安全・安心装備をさらに充実させています。

主な特別装備
  • 専用外板色:サンド

  • 特別内装色:ダークチェスナット

  • 緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)+フロントクロストラフィックアラート+レーンチェンジアシスト

  • アドバンストドライブ(渋滞時支援)+ドライバーモニターカメラ

ディーゼルとガソリンの違い

ランドクルーザー250(走行イメージ)

ランドクルーザー250「VX」は、ディーゼルエンジン搭載車とガソリンエンジン搭載車が用意されており、ディーゼル車のほうがガソリン車より85万円高くなっています。

グレードが同じであるため装備に大きな差はありませんが、細かな点に違いがあります。その違いは以下などとなっています。 

  • フルタイム4WD(ディーゼル:4モード、ガソリン:3モード)

  • シーケンシャルシフトマチック(ディーゼル:Mモード、ガソリン:Sモード)

  • おくだけ充電(ディーゼル:メーカーオプション、ガソリン:設定なし)

  • ディスプレイオーディオ(コネクテッドナビ対応)Plus(ディーゼル:メーカーオプション、ガソリン:設定なし)

エンジンの違いや各エンジンの特徴は次のとおりです。

2.8Lディーゼルターボ

2.8L直列4気筒ディーセルエンジン
  • エンジン型式:1GD-FTV(2.8Lディーゼルターボ)

  • トランスミッション:Direct Shift-8AT(8AT)

  • 特徴:1GDと8ATの組み合わせにより、燃費性能と力強い走りを両立し、オフロード/オンロードでの扱いやすさが魅力

  • 最高出力:150kW(204ps)/3,000~3,400rpm

  • 最大トルク:500Nm(51kgm)/1,600~2,800rpm

  • 使用燃料:軽油

  • WLTCモード燃費:11.0km/L

2.7Lガソリンエンジン

2.7L直列4気筒ガソリンエンジン
  • エンジン型式:2TR-FE(2.7Lガソリン)

  • トランスミッション:6 Super ECT(6AT)

  • 特徴:日常使いにおける扱いやすさが魅力

  • 最高出力:120kW(163ps)/5,200rpm

  • 最大トルク:246Nm(25.1kgm)/3,900rpm

  • 使用燃料:レギュラーガソリン

  • WLTCモード燃費:7.5km/L

ディーゼル車とガソリン車では、機能やオプション、エンジンの出力や燃費性能などが異なります。そのため、クルマの使い方を再確認したり、ディーゼル車とガソリン車を乗り比べたりして、自分に合うパワートレーンのランドクルーザー250を選ぶとよいでしょう。

ランドクルーザー250関連記事紹介

ランドクルーザーシリーズ

ランドクルーザー250を検討中の方に向けて、KINTOではランドクルーザー250やランドクルーザーシリーズの解説記事も公開しています。あわせてご覧ください。

その他ランドクルーザーに関するお役立ち情報などはこちら

ランドクルーザー250の価格まとめ

ランドクルーザー250(カラーバリエーション)

ランドクルーザー250の価格は520万円〜735万円(税込)、ランドクルーザー250 特別仕様車“First Edition”の価格は590万円~785万円(税込)となっています。また、「購入」以外の選択肢として、車のサブスクリプションサービス「KINTO」の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube