クルマとお金

新型アルファード/新型ヴェルファイアの年間や月々の維持費

新型アルファード/新型ヴェルファイアの年間や月々の維持費

2023年6月21日に約8年半ぶりにフルモデルチェンジして新型となったアルファード/ヴェルファイアは、プレミアムミニバンの代名詞ともいっても過言ではないモデルです。本記事では、新型アルファード/新型ヴェルファイアの維持費がどのくらいかかるのかシミュレーションを含めて解説。新型アルファード/新型ヴェルファイアに乗る場合、1年間でどのくらいの維持費がかかるのか、月々の負担額がどのくらいになるのか気になっている方は参考にしてみてください。また、購入方法の違いによる維持費の差についても解説しています。新型アルファード/新型ヴェルファイアを検討している方は一読してから購入方法を決めることをおすすめします。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの維持費(年間)

新型ヴェルファイア(プラチナホワイトパールマイカ)まず結論ですが、新型アルファード/新型ヴェルファイアの1年間にかかる維持費は、約58万円、1ヶ月あたり約5万円となります。その内訳は次のとおりです。

【新型アルファード/新型ヴェルファイア年間維持費の概算】

新型アルファード(Z・GAS・2WDの場合)

新型ヴェルファイア(Z Premier・ターボガソリン・2WDの場合)

自動車税※1

4万3,500円

自動車重量税※2

2万500円

印紙代※3

900円

自賠責保険料※4

8,825円

車検+メンテナンス費+任意保険料※5

21万6,884円

21万214円

①合計

29万609円

28万3,939円

燃料費※6

15万5,660円

16万194円

洗車代※7

1万1,232円

駐車代※8

12万3,852円

②合計

29万742円

29万5,278円

総合計(①+②)

58万1,351円

57万9,217円

※1 2019年10月1日以降に新車登録を受けた場合の2,000cc超~2,500cc以下の税額。エコカー減税は考慮せず
※2 国土交通省、乗用車2,500kg未満の1年分。エコカー減税は考慮せず
※3、※4 トヨタモビリティ東京のサイトに記載されている2023年4月1日現在のLクラスの金額より1年分を算出
※5 KINTOのWEBサイト上のシミュレーションを用いて、5年契約の車検(1回分)+メンテナンス代+任意保険料にかかる費用を1年分に換算。任意保険料については、35歳以上の方を対象にした18等級を前提に、KINTOが独自に試算
※6 年間走行距離1万キロ、レギュラーガソリン単価165円/Lで、アルファードはZ・GAS・2WDのWLTCモードの燃費10.6km/L、ヴェルファイアはZ Premier・GAS・2WDのWLTCモードの燃費10.3km/Lで算出
※7 総務省統計局の小売物価統計調査を元にした全国平均の1回あたりの洗車代936円(2023年6月)×12ヶ月
※8 総務省統計局の小売物価統計調査を元にした1ヶ月あたりの全国平均駐車代1321円(2023年6月)×12ヶ月
 
上記の一覧表のとおり、新型アルファード/新型ヴェルファイアは、1年で約58万円、毎月約4万8,000円の維持費がかかります。ここからは、それぞれの内訳を細かく見ていきましょう。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの自動車税

自動車税は、4月1日時点の車検証の所有者(割賦販売などで売主が自動車の所有権を留保している場合は使用者)に課される税金です。税額は、自動車のエンジン排気量によって決まります。新型アルファード/新型ヴェルファイアのエンジン排気量は2.4Lまたは2.5Lのため、1年あたりでは、2,000cc〜2,500ccの区分となる43,500円(エコカー減税が適用されていない金額)となります。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの自動車重量税(法定費用)

自動車重量税とは、自動車の新規登録(軽自動車の場合は新規検査)や車検(継続検査)の際に納付する税金です。軽自動車以外の自家用乗用車の場合、車両重量によって税額が決まります。基本的な税額は、車両重量0.5tごとに年間4,100円(2年、自家用、継続検査の場合)です。
 
新型アルファード/新型ヴェルファイアの車両重量は、2t以上2.5t未満であるため、1年あたり2500円となります。ただし、この税額はエコカー減税を考慮していない場合の計算となるため、実際の納税額とは異なることがあります。

印紙代

印紙代は、国および軽自動車検査協会に支払う法定手数料です。ただし、印紙代は、持込検査、保安基準適合証の提出、OSS(ワンストップサービス)申請など、継続検査の方法によって異なります。
 
「持込検査」と「保安基準適合証の提出」の際の印紙代は、車検に出す自動車整備工場が、車両を持ち込んで検査する「認証工場」なのか、車両の持込検査が省略できる「指定工場」なのかで異なり、指定工場の方が抑えることができます。
 
新型アルファード/新型ヴェルファイアの印紙代は、継続検査(自家用2年)で1,800円。1年あたり900円となります。

自賠責保険料

自賠責保険は、加入が義務付けられている保険で、検査(新規登録・継続検査など)の際に次回の車検満了日までの保険料をまとめて支払うのが一般的です。自賠責保険の保険料は、法律で決められているため、どの代理店を通じて加入しても保険料に違いはありません。
 
新型アルファード/新型ヴェルファイアの自賠責保険料は、継続検査(自家用2年)で17,650円。1年に平均すると、8,825円となります。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの車検+メンテナンス+任意保険料

新型アルファード/新型ヴェルファイアの車検+メンテナンス+任意保険料は、維持費の中でも大きな割合を占める項目です。
 
今回は、KINTOのシミュレーションを使い、新型アルファード/新型ヴェルファイアの1年間にかかる費用をまとめて算出(※)。1年でかかる費用は、アルファードは216,884円、ヴェルファイアは21214円となりました。この金額は、任意保険料の年齢条件を、35歳以上:18等級で算出しているため、年齢条件を絞ると、維持費を安くすることも可能です。
 
※任意保険料については、年齢条件を35歳以上:18等級とし、KINTOが独自に試算。KINTOのサブスクリプションサービスを5年契約した場合で試算し、車検1回分の費用とメンテナンス代と任意保険料の合計を1年あたりに換算
 
このシミュレーション結果は、あくまでも一例であるため、参考としてお考えください。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの燃料費(ガソリン代)

新型アルファード/新型ヴェルファイアの燃料費(ガソリン代)は、1年で1万km走行することを想定して計算しています。ガソリン1Lあたりの単価を165円とした場合のグレード別燃料費は次の一覧のとおりです。
 
【新型アルファード】

ハイブリッド車

ガソリン車

グレード

Executive Lounge

Z

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

E-Four

WLTCモード燃費(km/L)

17.5

16.5

17.7

16.7

10.6

10.3

1年間のガソリン代

9万4,285円

10万円

9万3,220円

9万8,802円

15万5,660円

16万194円

【新型ヴェルファイア】

ハイブリッド車

ガソリン車

グレード

Executive Lounge

Z Premier

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

E-Four

WLTCモード燃費(km/L)

17.5

16.5

17.7

16.7

10.3

10.2

1年間のガソリン代

9万4,285円

10万円

9万3,220円

9万8,802円

16万194円

16万1,764円

洗車代

洗車代は、総務省統計局の小売物価統計調査を元に全国平均の1回あたりの洗車代936円を参考に算出しました。1ヶ月に1回洗車することを想定し、シミュレーションすると、11,232円(936円×12回)となります。

駐車場代

駐車代は、かかる場合とかからない場合があります。今回のシミュレーションでは、駐車場を借りたと想定し、総務省統計局の小売物価統計調査を元にした全国の平均額を参考に算出しました。全国平均の駐車代は1ヶ月あたり1万321円(2023年6月)となっているため、1年間(10,321円×12ヶ月)で123,852円となります。
 
ただし、新型アルファード/新型ヴェルファイアは、ボディサイズが大きいため、駐車場のサイズに注意しなければなりません。駐車場を借りる際は、全長・全幅・全高をしっかり確認しましょう。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの維持費【一括購入・ローン・サブスク(KINTO)比較】

新型アルファード(プレシャスレオブロンド)続いて、新型アルファード/新型ヴェルファイアの1ヶ月あたりの負担額を、一括購入・ローン・KINTOでそれぞれシミュレーションしてみましょう。
 
以下のシミュレーション結果は、KINTOのWEBサイト上のシミュレーションをもとに、契約期間を3・5・7年ごとに分けたものです。条件は、35歳以上:18等級で保険料を試算、初期費用フリープランでシミュレーションしました。

新型アルファード Zグレード(2.5Lガソリン車・2WD)の場合

まずは新型アルファード Zグレード(2.5Lガソリン車・2WD)の1ヶ月あたりの負担額の比較は次のとおりです。
 

3年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等36回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

547万7,000円

547万7,000円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

36万7,640円

36万7,640円

【C】任意保険・メンテナンス

62万5,440円

62万5,440円

【D】分割払い手数料

-

43万2,403円

【E】3年後の下取り参考価格

-

246万4,650円

246万4,650円

【F】支払総額(3年)A+B+C+D-E

312万480円

400万5,430円

443万7,833円

月々の支払額(F÷36ヶ月)

8万6,680円

11万1,262円

初回:12万5,833円

2回目以降:12万3,200円

5年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等60回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

547万7,000円

547万7,000円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

51万3,290円

51万3,290円

【C】任意保険・メンテナンス・車検1回

108万4,422円

108万4,422円

【D】分割払い手数料

-

72万4,454円

【E】5年後の下取り参考価格

-

164万3,100円

164万3,100円

【F】支払総額(5年)A+B+C+D-E

483万7,800円

543万1,612円

615万6,066円

月々の支払額(F÷6ヶ月)

8万630円

9万527円

初回:10万2,666円

2回目以降:10万2,600円

7年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等84回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

547万7,700円

547万7,700円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

65万8,940円

65万8,940円

【C】任意保険・メンテナンス・車検2回

163万2,518円

163万2,518円

【D】分割払い手数料

-

102万5,555円

【E】7年後の下取り参考価格

-

54万7,700円

54万7,700円

【F】支払総額(7年)A+B+C+D-E

655万1,160円

722万758円

824万6,313円

月々の支払額(F÷84ヶ月)

7万7,990円

8万5,961円

初回:10万4,013円

2回目以降:9万8,100円

新型ヴェルファイア Z Premier(2.4Lガソリンターボ・2WD)の場合

新型ヴェルファイア Z Premier(2.4Lガソリンターボ・2WD)の1ヶ月あたりの負担額の比較は次のとおりです。
 

3年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等36回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

664万9,000円

664万9,000円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

39万5,840円

39万5,840円

【C】任意保険・メンテナンス

60万9,885円

60万9,885円

【D】分割払い手数料

-

52万4,930円

【E】3年後の下取り参考価格

-

299万2,050円

299万2,050円

【F】支払総額(3年)A+B+C+D-E

365万1,120円

466万2,675円

518万7,605円

月々の支払額(F÷36ヶ月)

10万1,420円

12万9,519円

初回:14万4,105円

2回目以降:14万4,100円

5年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等60回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

664万9,000円

664万9,000円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

54万1,490円

54万1,490円

【C】任意保険・メンテナンス・車検1回

105万1,072円

105万1,072円

【D】分割払い手数料

-

87万9,476円

【E】5年後の下取り参考価格

-

199万4,700円

199万4,700円

【F】支払総額(5年)A+B+C+D-E

565万6,200円

624万6,862円

712万6,338円

月々の支払額(F÷60ヶ月)

9万4,270円

10万4,114円

初回:12万3,308円

2回目以降:11万8,700円

7年契約の場合

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等84回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

月額利用料に含まれます

664万9,000円

664万9,000円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

68万7,140円

68万7,140円

【C】任意保険・メンテナンス・車検2回

156万5,863円

156万5,863円

【D】分割払い手数料

-

124万5,008円

【E】7年後の下取り参考価格

-

66万4,900円

66万4,900円

【F】支払総額(7年)A+B+C+D-E

766万9,200円

823万7,103円

948万2,111円

月々の支払額(F÷84ヶ月)

9万1,300円

9万8,061円

初回:11万9,711円

2回目以降:11万2,800円

月々の支払額を抑えるならサブスクの「KINTO」がおすすめ

上記の比較表からもわかるように、現金一括払いやローンで購入すると、税金や任意保険料、タイヤ交換やオイル交換などのメンテナンス費といった維持費は別途支払う必要があります。また、ローンの場合は分割手数料も上乗せされるため、月々の負担額がさらに大きくなります。
 
一方、クルマのサブスク「KINTO」の場合は、税金、メンテナンス費、任意保険料など、クルマにかかる費用が月額利用料に含まれているため、急な出費を心配する必要がありません。

新型アルファード/新型ヴェルファイアの維持費 まとめ

新型アルファード(エグゼクティブラウンジ・ニュートラルベージュインテリア)新型アルファード/新型ヴェルファイアを手に入れるときは、車両価格だけでなく、維持費のことも考えておく必要があります。また、税金やメンテナンス費などの維持費だけでなく、駐車代やガソリン代なども発生することを検討してから手に入れるようにしましょう。
 
KINTOなら、税金、メンテナンス費、車検費用、任意保険料など、クルマを維持する際にかかる費用を含めた月額利用料(駐車場代やガソリン代などを除く)となっています。そのため、点検やメンテナンス、車検や税金などのタイミングで突然の出費を抑えることができ、計画的な家計管理も可能です。
 
新型アルファード/新型ヴェルファイアを検討するときは、現金一括払いやローンでの購入だけでなく、クルマのサブスク「KINTO」も選択肢のひとつとして入れておくとよいのではないでしょうか。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」(東京・愛知でスタート。エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。
※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりご提供を始め、お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube