About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

ミドルサイズ高級ミニバン「エスクァイア」の燃費や走り

ミドルサイズ高級ミニバン「エスクァイア」の燃費や走り

2014年に登場した「エスクァイア」は、ノア・ヴォクシーと基本設計を同一としたトヨタの5ナンバーサイズミニバンでありながらワンランク上の高級感が付与され、高級車の新たな選択肢として開発されました。2017年のマイナーチェンジでは高級感をより高めたスタイルへと進化しました。

今回はエスクァイアの燃費や走りを中心に紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. エスクァイアの特徴
  2. エスクァイアの燃費
  3. エスクァイアの乗り心地や走行性能
  4. エスクァイアの燃費性能 まとめ

エスクァイアの特徴

エスクァイア HYBRID Gi

エスクァイアの燃費性能を紹介する前に、特徴を簡単におさらいします。

高級感のある外観と広々とした室内空間

エスクァイア HYBRID Gi(内装色:ブラック)の車内

※HYBRID Gi(内装色:ブラック)

エスクァイアの特徴は高級感を追求したもので、ノア・ヴォクシーとは異なるエスクァイアならではの個性が感じられます。グリル周りがトヨタミニバンのフラッグシップ「アルファード」を彷彿とさせる外装は高級感や堂々感を意識してデザインされ、内装についても広々とした室内空間、多彩なシートアレンジ、快適な収納スペースなどにより、どの席に座っても快適で贅沢な時間を過ごすことができます。

エスクァイアの燃費

エスクァイアのグレード別カタログ燃費(WLTCモード)は以下の通りです。

グレード 2WD 4WD
Gi(7人乗り)13.6km/L12.6km/L
Gi(8人乗り)13.6km/L12.6km/L
Gi“Premium Package·Black-Tailored”13.6km/L12.6km/L
HYBRID Gi19.8km/L
HYBRID Gi“Premium Package·Black-Tailored”19.8km/L

2021年5月時点でエスクァイアには特別仕様車を含め5つのグレードがラインアップされていますが、パワーユニットや駆動方式により燃費が異なるだけで、装備の違いによる差はありません。

エスクァイアのガソリン車には、最高出力152PS・最大トルク193Nmを発生させる2.0L直列4気筒エンジンが搭載されます。低燃費、低排出ガスなど、優れた環境性能をもちながら、低速から高速まで、すべての運転領域でパワフルかつゆとりに満ちた走りを実現しています。

またエスクァイアにはハイブリッド車もラインアップされ、最高出力99PS・最大トルク142Nmを発生させる1.8L直列4気筒エンジンには、最大出力82PS・最大トルク207Nmのモーターが組み合わされています。低燃費だけでなく、ハイブリッドシステムがスムーズな加速性能をもたらし、低重心化や静粛性の向上などにより、ひとクラス上の乗り心地や優れた走行性能を実現しています。

エスクァイアの乗り心地や走行性能

エスクァイア HYBRID Gi スパークリングブラックパールクリスタルシャインのリヤ外観

※HYBRID Gi スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ここまでエスクァイアの燃費性能やパワーユニットについて見てきましたが、現代の車に求められる低燃費や低排出ガスなどの優れた環境性能をもちながら、乗り心地や走行性能なども追及していることがわかります。

またエスクァイアのサスペンションには、フロントにはマクファーソンストラット式、リヤにはトーションビーム式が採用され、乗り心地や操縦性に優れた性能を実現しています。

加えてエスクァイアは室内の静粛性も追求しています。風切音対策のためのデザインや遮音材使用によるノイズ対策を徹底。ハイブリッド車ではウインドシールドガラスに高遮音性ガラスを採用することで静粛性をより高めており、エンジン音が少ないハイブリッド車の特性を一層活かしています。

エスクァイアの燃費性能 まとめ

エスクァイア外観

ここまでエスクァイアについて燃費性能を中心に紹介しましたが、「高級感」がテーマのエスクァイアはノア・ヴォクシーとはまた違った個性が引き立っています。

もちろん、乗り心地や走行性能・操縦性といった点においてはノア・ヴォクシーと同様に、ドライバーを含め乗員全員の快適性も追求されています。高級感のあるミニバンを探している方は、ぜひ、エスクァイアを検討してみてはいかがでしょうか?

そこで最後に、購入以外にもエスクァイアに乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”除く
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

KINTOを利用してエスクァイアに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube