トヨタ車&レクサス車解説

3代目アルファード(30系)の内装は?シートアレンジや荷室

3代目アルファード(30系)の内装は?シートアレンジや荷室

※本記事は3代目アルファード(2015年1月~2023年6月に販売された30系)に関する内容を含みます。KINTOでは、新型アルファード/新型ヴェルファイアに関する情報を随時発信していきます。2023年6月21日に発売された新型アルファード/新型ヴェルファイアについては以下の関連記事をご参照ください。

ここからは、3代目アルファード(30系)の内装に関する記事になります。

2002年に誕生したアルファードは、兄弟車のヴェルファイアと並ぶトヨタミニバンのフラッグシップモデルで、ラグジュアリーなつくりとそれにふさわしい走行性能が特徴です。2018年に現行モデルとなるマイナーチェンジが行われ、内装はメーター加飾やシート表皮、木目の色が変更され、高級感がさらに高まりました。アルファードならではの高級感ある内装について、見ていきましょう。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ラグジュアリーで質感高いアルファードの内装

アルファードのシート SR“Cパッケージ”(内装色:ブラック)

※SR“Cパッケージ”(内装色:ブラック)

アルファードの最大の特徴はあらゆる面における高級感ですが、それは内装にもはっきりと現れています。

よりラグジュアリーで質感の高い車内スペースを実現させるため、木目調の加飾をはじめとしたこだわりが随所に見られます。またシート素材も質の高さを追求し、乗員を贅沢な時間に誘うとともに至福のくつろぎを提供しています。

シートアレンジで演出する贅沢空間

アルファードのシート S(ハイブリッド車)(内装色:ブラック)<オプション装着車>

※S(ハイブリッド車)(内装色:ブラック)<オプション装着車>

アルファードには7人乗り仕様と8人乗り仕様がラインアップされています。多人数が快適に乗車できるだけでなく、シートアレンジによってより快適に過ごせるとともに、荷室空間としての有効活用も可能です。

7人乗りの場合、セカンドシートは前後のスライドとリクライニング機能がついています。アレンジにより、セカンドシートの快適性や贅沢感と大容量の荷室の両立が可能です。8人乗り仕様は、セカンドシートの座面をワンタッチで跳ね上げ前方にスライドすることで、広い荷室を確保できます。

また、フルフラットモード自体は7人乗りでもアレンジ可能ですが、8人乗りの場合は真ん中の隙間の少ないフラットな空間が広がります。そのため、車中泊やリラックスしたい休憩時間などでも快適な車内空間の実現が可能です。

荷室や収納スペース

アルファードの荷物積載イメージ

※荷物積載イメージ

アルファードのサードシートについては、7人乗り・8人乗り共通で左右それぞれのシートをサイドに跳ね上げることで、荷室として使用可能です。

サードシートの作りは荷室としての使い勝手を考慮して薄型に設計されており、サードシートを跳ね上げた際の荷室幅がしっかりと確保されています。

また、床下には148L(VDA方式測定値、スペアタイヤ装着車は66L)という大容量の収納スペースもあり、上手に使いこなせば観葉植物など背の高いものでも積載可能です。

グレードによる内装の違い

グレードによる内装の違いはどのような点があるのでしょうか。アルファードのグレード展開は多岐に及ぶため、いくつかをピックアップして見てみましょう。

ベースグレード「S」

アルファードの内装 S(ハイブリッド車)(内装色:ブラック)<オプション装着車>

※S(ハイブリッド車)(内装色:ブラック)<オプション装着車>

「S」グレードは、ベースグレード「X」のエアロ仕様モデルです。インパネはメタルウッド+シルバー塗装、シート表皮はファブリックで内装の素材もシンプルなものになっています。

アルファードのリラックスキャプテンシート

※リラックスキャプテンシート

フロントシートは運転席6ウェイ+助手席4ウェイのマニュアルシート。セカンドシートは最大830mmの超ロングスライド可能なリラックスキャプテンシート(7人乗りのみ)で、マニュアルオットマンと合わせ、脚を伸ばしてくつろげるリラックス空間となります。

上級グレード「SR“Cパッケージ”」

アルファードの内装 SR“Cパッケージ”(内装色:ブラック)

※SR“Cパッケージ”(内装色:ブラック)

ハイブリッド「S」グレードの上級にあたる「SR」の、さらに上級にあたるのが「SR“Cパッケージ”」です。インパネにはメタルブラウンウッドとスパッタリングが組み合わされ、シート表皮が合成皮革となるほか、ステアリングホイールはメタルウッドの本革巻きになるなど高級感が増しています。

アルファードのエグゼクティブパワーシート

※エグゼクティブパワーシート

また、フロントシートは運転席8ウェイ+助手席4ウェイ(パワーオットマン付き)のパワーシート、セカンドシートは電動でオットマンの展開・収納とリクライニング操作が行えるエグゼクティブパワーシートが採用され、「ひとクラス上の座り心地」でゲストを贅沢にもてなします

最上級グレード「Executive Lounge S」

アルファードの内装 Executive Lounge S(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

※Executive Lounge S(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

Executive Lounge Sはアルファードの中でも最上級グレードに位置するモデルで、内装にも贅が尽くされています。インパネはブラウンオリーブ・アッシュパール木目調とスパッタリング仕上げとなり、シート表皮はプレミアムナッパ本革が使用されています。

アルファードのシート Executive Lounge S(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

※Executive Lounge S(ハイブリッド車)(設定色:ブラック&ホワイト)

また、フロントシートは前述の「SR“Cパッケージ”」などと同様に運転席8ウェイ+助手席4ウェイ(パワーオットマン付き)のパワーシートが採用されますが、セカンドシートに採用されるエグゼクティブラウンジシートには伸縮機構付きのパワーオットマンが備わり、伸ばした脚をゆったり受けとめます。また、格納式テーブルなどの加飾には3D木目調パネルや金属調素材などがあしらわれ、まるで旅客機のファーストクラスのように贅沢な時間を過ごせます。

特別仕様車「S“TYPE GOLD”」

アルファードの内装 特別仕様車 S“TYPE GOLD”

※特別仕様車 S“TYPE GOLD”

アルファードの特別仕様車 S“TYPE GOLD”は、ベースとなる「S」グレード車にゴールドの専用フロントエンブレムなどの外装を特別装備したものですが、内装についてもパーフォレーション加工を施したウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シート表皮やメタルウッドの本革巻きステアリングホイール、ルーフおよびピラーにブラックを採用するなど、高級感ある室内空間を演出しています。

アルファードのグレードと価格

特別仕様のTYPE GOLDを含めたアルファードのグレードは、細かく分けると2WDで10種類、4WDで20種類の合計30種類にもおよびます(福祉車両除く)。

価格(税込)もエントリーグレード「X(2WD・8人乗り)」の352万円から、最上級グレード「HYBRID Executive Lounge S(7人乗り)」の775万2,000円までと、非常に幅広い設定となっています。

※本記事のアルファードは2017年12月に販売されたモデルに関する内容を含みます。最新モデルのアルファードのグレードと価格に関してはアルファード公式サイトをご参照ください。

アルファードの内装まとめ

アルファードの外観

アルファードは、トヨタのフラッグシップミニバンとして、外装だけでなく内装にも高級感や上質さに対する強いこだわりが感じられます。「いつかはアルファードに乗ってみたい」そんな思いにさせる魅力をアルファードは持っているのかもしれません。

また、高級車にもかかわらず、国内の乗用車を対象とした2020年新車販売台数ランキングにおいて5位を獲得していることからも、多くの人々を引き付ける魅力的な車であることがわかります。

多くのグレードを取りそろえ幅広い価格が設定されていることも、細かいニーズに応えている証しといえ、それも人気の車である理由のひとつかもしれません。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

よくある質問

アルファードは何人乗り?

アルファードには7人乗り仕様と8人乗り仕様がラインアップされています。多人数が快適に乗車できるだけでなく、シートアレンジによってより快適に過ごせるとともに、荷室空間としての有効活用も可能です。

7人乗りの場合、セカンドシートは前後のスライドとリクライニング機能がついています。アレンジにより、セカンドシートの快適性や贅沢感と大容量の荷室の両立が可能です。8人乗り仕様は、セカンドシートの座面をワンタッチで跳ね上げ前方にスライドすることで、広い荷室を確保できます。

アルファードの特徴は?

2002年に誕生したアルファードは、兄弟車のヴェルファイアと並ぶトヨタミニバンのフラッグシップモデルで、ラグジュアリーなつくりとそれにふさわしい走行性能が特徴です。2018年に現行モデルとなるマイナーチェンジが行われ、内装はメーター加飾やシート表皮、木目の色が変更され、高級感がさらに高まりました。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube