トヨタ車&レクサス車解説

ランドクルーザー250のボディカラーや内装色をレビュー!オフローダーらしい特徴的な色が魅力!【画像14枚】

ランドクルーザー250のボディカラーや内装色をレビュー!オフローダーらしい特徴的な色が魅力!【画像14枚】

2024年4月18日に発売されたランドクルーザー250。ボディカラーは、先に発売されたランドクルーザー300と同じく6色ですが、ツートーンが用意されているなどランドクルーザー300とは一味違ったボディカラーがラインアップされています。
 
本記事では、そんなランドクルーザー250のボディカラーと、組み合わされる内装色について解説します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ランドクルーザー250の基本情報|価格・スペック・燃費など

ランドクルーザー250の基本情報を見ていきましょう。

ランドクルーザー250は2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンの2つのパワートレーン、3つのグレードが用意されており、価格は520万~735万円(税込)となっています。また、ランドクルーザー250ファーストエディションの価格は590万~785万円です。ランドクルーザー70の価格が480万円(税込)、ランドクルーザー300の価格が510万~800万円(税込)なので、ランドクルーザー300と近い価格になっています。

ランドクルーザー250の主要スペックは以下となります。

グレード

ZX

VX

GX

エンジン

2.8Lディーゼル

2.7Lガソリン

2.8Lディーゼル

駆動方式

4WD

全長(mm)

4,925

全幅(mm)

1,980

1,940

全高(mm)

1,935

1,925

ホイールベース(mm)

2,850

最小回転半径(m)

6

車両重量(kg)

2,410

2,380

2,240

2,320

パワートレーン

2.8Lディーゼルターボ

2.7Lガソリン

2.8Lディーゼルターボ

トランスミッション

8AT

6AT

8AT

最高出力(ps/rpm)

204/3,000~3,400

163/5,200

204/3,000~3,400

最大トルク(kgm/rpm)

51.0/1,600~2,800

25.1/3,900

51.0/1,600~2,800

WLTCモード燃費(km/L)

11.0

7.5

11.0

ランドクルーザー250の燃費について詳細を見ていきましょう。

グレード

ZX

VX

GX

パワートレーン

2.8Lディーゼル

2.7Lガソリン

2.8Lディーゼル

WLTCモード燃費(km/L)

11.0

7.5

11.0

市街地モード(km/L)

8.5

5.7

8.5

郊外モード(km/L)

11.0

7.6

11.0

高速道路モード(km/L)

12.6

8.6

12.6

ランドクルーザー250のカラーバリエーションを紹介

ランドクルーザー250のカラーバリエーションはツートーン1色、モノトーン5色の合計6色です。

サンド×ライトグレー

サンド×ライトグレーは、ボディカラーが砂色のサンドに、ライトグレーのルーフを装備するボディカラーです。ZXでのみ選択可能なオプション(55,000円 税込)となっています。

プラチナホワイトパールマイカ

プラチナホワイトパールマイカは、プリウスにも採用されている、真珠のような光沢感のあるホワイトです。ZXとVXで選択可能なオプション(33,000円 税込)となっています。

ブラック

ベーシックなブラックも用意されています。ZX、VX、GXで選択可能な標準色のひとつです。

アバンギャルドブロンズメタリック

アバンギャルドブロンズメタリックは、カローラクロスやヤリスにも設定されている淡いブロンズ系のメタリックカラーです。ZX、VXで選択可能な標準色のひとつです。

スモーキーブルー

FJクルーザーに設定されていたスモーキーブルーがランドクルーザー250にも設定されています。すこしグレーがかったブルーとなっており、オフローダーの250にマッチしています。ZXで選択可能な標準色のひとつです。

スーパーホワイトⅡ

スーパーホワイトⅡは、GXでのみ選択可能な白です。ZX、VXで白系のボディカラーを選びたい場合は、プラチナホワイトパールマイカを選択することになります。

ランドクルーザー250のボディカラーによる価格の違いと内装色

ランドクルーザー250のグレード毎のボディカラーとオプション価格は以下となります。サンド×ライトグレーとプラチナホワイトパールマイカが有償色となります。

オプション価格(税込)

グレード

ZX

VX

GX

シート表皮

本革

ファブリック

内装色

ダークチェスナット

ブラック

サンド×ライトグレー

55,000円

プラチナホワイトパールマイカ

33,000円

33,000円

ブラック

標準設定

標準設定

標準設定

アバンギャルドブロンズメタリック

標準設定

標準設定

スモーキーブルー

標準設定

スーパーホワイトⅡ

標準設定

ランドクルーザー250の内装色 

ランドクルーザーのシート表皮は、ZXとVXが本革、GXがファブリックとなっています。内装色は、ZXがダークチェストナット、VXとGXがブラックとなっています。

ダークチェスナット
ブラック

ランドクルーザー250ファーストエディションのボディカラーと内装色

限定8,000台のランドクルーザー250ファーストエディションのボディカラーと内装色についても紹介します。ファーストエディションには「サンド×ライトグレー」「プラチナホワイトパールマイカ」「ブラック」「サンド」の4色のボディカラーが用意されており、シート表皮は本革、内装色はダークチェストナットとなっています。VXグレードでダークチェスナットの内装色を選びたい方は、ファーストエディションを選ぶといいでしょう。

グレード

ZX First Edition

VX First Edition

シート表皮

本革

内装色

ダークチェスナット

サンド×ライトグレー

55,000円

プラチナホワイトパールマイカ

33,000円

33,000円

ブラック

標準設定

標準設定

サンド

標準設定

ランドクルーザー250のボディカラーと内装色まとめ

2024年4月18日に発売されたランドクルーザー250は、オフロードにもマッチする合計6色のカラーバリエーションが用意されています。グレードによって選択できるボディカラーと内装色の組み合わせが変わるので、本記事を参考に自分に合った色を選んでください。 

なお、ランドクルーザー250はKINTOでも取り扱っています。ランドクルーザー250を検討中の方は、購入やローンに加え、KINTOも選択肢に加えてはいかがでしょうか。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube