トヨタ車&レクサス車解説

新型ヤリスの年間や月々の維持費をレビュー!KINTO月額は?

新型ヤリスの年間や月々の維持費をレビュー!KINTO月額は?

2024年1月17日、ヤリスとヤリス クロスが一部改良され、外装や内装の変更、外板色の新色追加、安全装備の機能拡大などが行われました。また、KINTO専用の「Uグレード」がそれぞれに設定されたことも注目すべきポイントです。
 
ヤリスとヤリス クロスのUグレードは、「KINTO Unlimited」の第2弾モデルで、ハードウェア・ソフトウェア両面のアップグレードに対応するほか、コネクティッドを活用した体験を提供します。
 
さて、さらに魅力的になったヤリスを維持するためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。本記事ではヤリスの維持費や内訳、費用の目安を解説します。また、購入方法の違いによる維持費の差についても解説していますので、ヤリスを検討している方は一読して購入方法を決めるときの参考にしてみてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型ヤリスの維持費(年間)

新型ヤリス(インテリア)

新型ヤリスを維持するためにかかる費用は1年間で約38万円、1ヶ月あたり約32,000円です。ここから維持費の内訳を詳しく見ていきましょう。

新型ヤリスの年間維持費の概算

 

ヤリス X(1.0L・GAS・2WDの場合)

自動車税※1

25,000円

自動車重量税※2

8,200円

印紙代※3

900円

自賠責保険料※4

8,825円

車検+メンテナンス費+任意保険料※5

118,223円

①合計

161,148円

燃料費※6

86,634円

洗車代※7

11,460円

駐車場代※8

124,104円

②合計

222,198円

総合計(①+②)

383,346円

※1 2019年10月1日以降に新車登録を受けた場合の1,000cc以下の税額。エコカー減税は考慮せず
※2 国土交通省、乗用車1,000kg未満の1年分。エコカー減税は考慮せず
※3、※4 トヨタモビリティ東京のサイトに記載されている2023年4月1日現在のSクラスの金額より1年分を算出
※5 KINTOのWEBサイト上のシミュレーションを用いて、5年契約の車検(1回分)+メンテナンス代+任意保険料にかかる費用を1年分に換算。任意保険料については、35歳以上の方を対象にした18等級を前提に、KINTOが独自に試算
※6 年間走行距離1万キロ、レギュラーガソリン単価175円/Lで、ヤリス Z(1.0L・GAS)2WDのWLTCモード燃費20.2km/Lで算出
※7 総務省統計局の小売物価統計調査を元にした全国平均の1回あたりの洗車代955円(2023年12月)×12ヶ月
※8 総務省統計局の小売物価統計調査を元にした1ヶ月あたりの全国平均駐車代1万342円(2023年12月)×12ヶ月

上記の一覧表のとおり、新型ヤリスの維持費は、1年で約38万円、1ヶ月あたり約32,000円となります。ここからさらに細かく内訳を見ていきましょう。

自動車税

自動車税は、4月1日時点の車検証の所有者(割賦販売などで売主が自動車の所有権を留保している場合は使用者)に課される税金で、税額は自動車のエンジン排気量によって決まります

新型ヤリスのエンジン排気量は1.0Lと1.5Lです。よって1年あたりの自動車税額は、1.0Lモデルが25,000円、1.5Lモデルが30,500円(エコカー減税が適用されていない金額)となります。 

自動車重量税(法定費用)

自動車重量税は、自動車の新規登録(軽自動車の場合は新規検査)や車検(継続検査)の際に納付する税金です。軽自動車以外の自家用乗用車の場合は、車両重量によって税額が決まります。基本的な税額は、車両重量0.5tごとに年間4,100円(2年・自家用・継続検査の場合)です。

新型ヤリスの車両重量は、1.0t未満と1.0t超1.5t未満の2つの区分があり、1年あたり1.0t未満の車が8,200円(継続検査時における自家用2年の税額16,400円の半分)12,300円(継続検査時における自家用2年の税額24,600円の半分)となります。なお、この税額はエコカー減税を考慮していない場合の計算となるため、実際の納税額とは異なる場合があります。

印紙代

印紙代は、国および軽自動車検査協会に支払う法定手数料です。ただし、持込検査、保安基準適合証の提出、OSS(ワンストップサービス)申請など、継続検査の方法によって印紙代の金額が異なります。

費用の違いは、車検に出す自動車整備工場が、車両を検査場に持ち込んで検査する「認証工場」か、車両の持込検査が省略できる「指定工場」という工場の形態によって異なり、指定工場の方が印紙代を抑えることができます。

新型ヤリスの印紙代は、継続検査(自家用2年)で1,800円。1年あたり900円となります。

自賠責保険料

自賠責保険は、加入が義務付けられている保険で、検査(新規登録・継続検査など)の際に次回の車検満了日までの保険料をまとめて支払うのが一般的です。自賠責保険の保険料は、法律で決められており、どの代理店を通じて加入しても保険料に違いはありません。

新型ヤリスの自賠責保険料は、継続検査(自家用乗用車24ヶ月)で1万7,650円(2023年1月時点)。1年あたり8,825円となります。

新型ヤリスの車検+メンテナンス+任意保険料

新型ヤリス(マッシブグレー)

新型ヤリスの車検+メンテナンス+任意保険料は、維持費の中でも大きな割合を占める項目となっています。今回は、KINTOサイト内のシミュレーションを使い、新型ヤリスの1年間にかかる費用をまとめて算出(※)しました。

新型ヤリスの車検+メンテナンス+任意保険料は、1年あたり118,223円です。この金額は、任意保険料の条件を35歳以上・18等級で算出しているため、年齢条件を絞ると、維持費を安くすることも可能です。

※任意保険料については、年齢条件を35歳以上:18等級とし、KINTOが独自に試算。KINTOのサブスクリプションサービスを5年契約した場合で試算し、車検1回分の費用とメンテナンス代と任意保険料の合計を1年あたりに換算

なお、シミュレーション結果は、あくまでも一例であるため、参考としてお考えください。

新型ヤリスの燃料費(ガソリン代)

新型ヤリスの燃料代(ガソリン代)は、1年で1万km走行することを想定して算出しました。ガソリン1Lあたりの単価が175円の場合のグレード別燃料費は次の一覧のとおりです。

 ハイブリッド

※テーブルはスクロールが可能です

グレード

Z

G

X

U

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

E-Four

トランスミッション

CVT

WLTCモード燃費(km/L)

35.4

30.2

35.8

30.2

36.0

30.2

35.4

30.2

1年間の燃料代

49,435円

57,947円

48,883円

57,947円

48,611円

57,947円

49,435円

57,947円

1.5Lガソリン

※テーブルはスクロールが可能です

グレード

Z

G

X

トランスミッション

CVT

6MT

CVT

6MT

CVT

6MT

駆動方式

2WD

4WD

2WD

2WD

4WD

2WD

2WD

4WD

2WD

WLTCモード燃費(km/L)

21.3

19.1

19.0

21.0

19.1

19.0

21.3

19.1

19.0

1年間の燃料代

82,160円

91,623円

92,105円

83,333円

91,623円

92,105円

82,160円

91,623円

92,105円

1.0Lガソリン

グレード

G/X

駆動方式

2WD

トランスミッション

CVT

WLTCモード燃費(km/L)

20.2

1年間の燃料代

86,634円

1年の走行距離が1万キロ以下の場合、ハイブリッド車の燃料代は、グレードに応じて5万円程度に抑えることができ、ガソリン車の燃料代は10万円以下に抑えることができます。このことからもヤリスの燃費性能は総合的に優れているといえるでしょう。

洗車代

洗車代は、総務省統計局の小売物価統計調査の1回あたりの洗車代955円(全国平均/2023年12月)をもとに算出しました。1ヶ月に1回洗車をする場合の洗車代は、1年間(12回)で11,460円となります。 

駐車場代

駐車場代は、駐車場を借りる場合にかかる費用です。そのため、必ずかかる費用ではありません。今回は、駐車場を借りた場合を想定してシミュレーションしているため、駐車場代を比較表に掲載しています。

駐車場代は、総務省統計局の小売物価統計調査の月極駐車場の全国平均価格 1ヶ月あたり10,342円(2023年12月)をもとに計算しました。1年あたりにすると124,104円(10,342円×12ヶ月)となります。

また、ヤリスは小型車(5ナンバーサイズ)の車であるため、駐車場選びに困ることがないのも嬉しいポイントです。

新型ヤリスの維持費【一括購入・ローン・サブスク(KINTO)比較】

新型ヤリス(マッシブグレー)

新型ヤリスの1ヶ月あたりの負担額をKINTO・一括購入・ローンでシミュレーションしてみましょう。

以下に掲載しているシミュレーション結果は、KINTOのWEBサイト上にあるシミュレーションをもとに算出しました。契約期間は、KINTOの契約期間として設定されている3・5・7年で計算しています。条件は、35歳以上:18等級で保険料を試算し、初期費用フリープラン、新型ヤリス Xグレード(1.0L・GAS・2WD)でシミュレーションしました。

3年契約の場合

※テーブルはスクロールが可能です

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等36回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

利用料に含まれます

165万1,700円

165万1,700円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

170,040円

170,040円

【C】任意保険・メンテナンス

319,143円

319,143円

【D】分割払い手数料

-

130,399円

【E】3年後の下取り参考価格

-

743,265円

743,265円

【F】支払総額(3年)A+B+C+D-E

140万1,840円

139万7,618円

152万8,017円

月々の支払額(F÷36ヶ月)

38,940円

38,823円

初回44,017円

2回目以降42,400円

5年契約の場合

※テーブルはスクロールが可能です

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等60回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

利用料に含まれます

165万1,700円

165万1,700円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

254,090円

254,090円

【C】任意保険・メンテナンス・車検1回

591,118円

591,118円

【D】分割払い手数料

-

218,473円

【E】5年後の下取り参考価格

-

495,510円

495,510円

【F】支払総額(5年)A+B+C+D-E

217万1,400円

200万1,397円

221万9,871円

月々の支払額(F÷60ヶ月)

36,190円

33,357円

初回42,771円

2回目以降36,900円

7年契約の場合

※テーブルはスクロールが可能です

 

KINTO

現金一括払い

銀行自動車ローン(均等84回払い/5.0%の場合)

【A】車両代・オプション代

利用料に含まれます

165万1,700円

165万1,700円

【B】税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

338,140円

338,140円

【C】任意保険・メンテナンス・車検2回

916,952円

916,952円

【D】分割払い手数料

-

309,277円

【E】7年後の下取り参考価格

-

165,170円

165,170円

【F】支払総額(7年)A+B+C+D-E

294万7,560円

274万1,621円

305万899円

月々の支払額(F÷84ヶ月)

35,090円

32,638円

初回37,999円

2回目以降36,300円

月々の支払額を抑えるならサブスクの「KINTO」がおすすめ

購入方法別の比較からもわかるように、現金一括払いやローンで車を購入すると、税金や任意保険料、タイヤ交換・オイル交換などのメンテナンス費用を別途支払う必要があります。また、ローンで購入する場合は分割手数料も上乗せされるため、月々の負担額が相対的に大きくなります。

一方、車のサブスクリプションサービス「KINTO」であれば、税金、メンテナンス費、任意保険料など、クルマにかかる費用が月額利用料に含まれていることが特徴です。そのため、税金や点検などの急な出費を心配する必要がありません。

新型ヤリスの維持費 まとめ

新型ヤリス

新型ヤリスを検討する際には、車両価格だけでなく、維持費のことも考えておかなければなりません。また、駐車場を借りる場合は、駐車場代も維持費に含め、購入前に空き駐車場があるか確認しておく必要があります。さらに、税金、メンテナンス費、ガソリン代などの費用もかかります。

維持費のことを心配して車の購入をためらっているときは、車のサブスクリプションサービス「KINTO」がおすすめです。KINTOなら、税金、メンテナンス費、車検費用、任意保険料など、車を維持する際にかかる費用を含めた月額利用料(駐車場代やガソリン代などを除く)となっています。そのため、点検やメンテナンス、急な出費を抑えることができるだけでなく、計画的な家計管理をすることも可能です。

新型ヤリスを検討しているなら、現金一括払いやローンでの購入だけでなく、車のサブスク「KINTO」も選択肢のひとつとして入れてみてはいかがでしょうか。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」最短1ヶ月納車!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

≪KINTO ONE中古車≫

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube