試乗記・レポート

ジャパンモビリティショー2023レクサスブースほか注目車種おさらい【画像21枚】

ジャパンモビリティショー2023レクサスブースほか注目車種おさらい【画像21枚】

2023年10月26日(木)~11月5日(日)に開催されたジャパンモビリティショー2023。各メーカー気合の入ったブース展示を行っており、来場者数は111万2,000人を記録しました。本記事では、レクサスブースのほか、KINTO編集部マツナガが取材したマツダ、ダイハツ、ホンダ、ソニー・ホンダモビリティブースの注目展示についても紹介します!

※取材した人※
KINTOコラム記事編集部:マツナガ
IT系書籍編集、大手自動車雑誌の編集を経たのち、KINTOに入社。家族と一緒に楽しめて走りのいい車が大好き

レクサスブース紹介。BEV中心の展示

Japan mobility show(ジャパンモビリティショー)2023

レクサスブースはBEV(電気自動車)中心の展示ながらも、レクサスの世界観を表現する素材エリアや、新技術ギガキャストの展示、未来のドライビングを体験できるVRシミュレーターの設置などがあり、大盛況でした。コンセプトカーを中心に紹介していきましょう。

レクサスコンセプトカー「LF-ZL」

LF-ZLは次世代BEVアーキテクチャーと新しいOS「Arene OS」というものが搭載されたコンセプトカー。このArene OSというのがキモで、高度な情報連携を行い、ドライバーのニーズを学んで先回りしてくれるサービス体験を提供するとのこと。ほかにも、色々な技術が搭載される、未来のレクサスのフラッグシップのコンセプトモデルです。

レクサスコンセプトカー「LF-ZL」
※ツルっとしたフロントフェイス
レクサスコンセプトカー「LF-ZL」
※SUVっぽいシルエット
レクサスコンセプトカー「LF-ZL」
※ステアリングの形はまるでレーシングカーのよう。助手席にはワイド画面が設置
レクサスコンセプトカー「LF-ZL」
※後席も普通の車とは一味違う
レクサスコンセプトカー「LF-ZL」
※大注目だったLF-ZL。人だかりで写真を撮るのも一苦労

レクサスコンセプトカー「LF-ZC」

LF-ZCは挑発的な存在感と研ぎ澄まされたシンプルなデザインを目指し、レクサスの独自性を発展させたデザインが特徴。空力性能に主眼を置きつつ、一目見て心を揺さぶる低重心で凝縮感ある美しいフォルムが追求されています。

レクサスコンセプトカー「LF-ZC」
※タイヤも大きく、低い形がカッコいい
レクサスコンセプトカー「LF-ZC」
※横から見るとその伸びやかさがよくわかります
レクサスコンセプトカー「LF-ZC」
※シートを支える柱が1本だったり、ワイド画面やセンターメーターが見えたりなど、未来感たっぷりの内装
レクサスコンセプトカー「LF-ZC」
※このリヤの角度がマツナガ個人的な推しポイント。カッコいい

レクサスコンセプトカー「RZ OUTDOOR CONCEPT(JAPAN STYLE)」「LEXUS ROVコンセプト」

ここからはワイルドなコンセプトカー2台をお届け。

LEXUS RZ OUTDOOR CONCEPT(JAPAN STYLE)
※RZ OUTDOOR CONCEPT(JAPAN STYLE)。悪路走破用のワイルドなタイヤを履いているのが特徴
LEXUS RZ OUTDOOR CONCEPT(JAPAN STYLE)
※自転車をリヤに搭載。マッドフラップがオレンジ色なのもアクセントになっていてイイ
LEXUS ROV
※LEXUS ROVコンセプトがこちら。2人乗りバギーのようなコンセプトカー

さて、ここからはトヨタ、レクサス以外のメーカーで、マツナガが取材して注目だったコンセプトカーを紹介します。

マツダブース「MAZDA ICONIC SP」

マツダブースは、コンパクトスポーツカーコンセプト「MAZDA ICONIC SP」が注目を集めていました。こちら、2ローターRotary-EVシステムを搭載。カーボンニュートラル燃料で発電し、バッテリーに充電することで、カーボンニュートラルでの走行が可能になるとのこと。非常に美しいプロポーションでした。

マツダ MAZDA ICONIC SP
※MAZDA ICONIC SP
マツダ MAZDA ICONIC SP
※MAZDA ICONIC SP

ダイハツブース「VISION COPEN」

ダイハツブースに展示されていたVISION COPENも注目の1台。初代コペンを彷彿とさせるスタイルをもちながらも、なんとFRレイアウトとのこと。カーボンニュートラル燃料の活用を想定している小型オープンスポーツです。すぐにでも売ってほしいです。

ダイハツ VISION COPEN
※VISION COPEN
ダイハツ VISION COPEN
※VISION COPEN
ダイハツ VISION COPEN
※VISION COPEN

ソニー・ホンダモビリティ「AFEELA Prototype」

日本初披露されたソニー・ホンダモビリティのBEV「AFEELA Prototype(アフィーラ・プロトタイプ)」。10月20日にメディア向けに公開されたプロトタイプが、ジャパンモビリティショー2023で一般公開されました。ソニーとホンダがどんな車を作るのか、注目です。

ソニー・ホンダモビリティ AFEELA Prototype
※ソニー・ホンダモビリティ「AFEELA Prototype」

おわりに

Japan mobility show(ジャパンモビリティショー)2023

ジャパンモビリティショー2023は合計475の企業・団体が参加し、来場者は111万2,000人と大盛況のうちに幕を閉じました。車は楽しいこと、車好きが世の中にたくさんいることを再認識させてくれるイベントでした。

次の大きな自動車関連イベントは千葉の幕張メッセで開催される東京オートサロン2024(2024年1月12日~14日開催)。車好きの皆さんとの再会、楽しみにしています!

さて、最後に車のサブスク「KINTO」に関しても紹介させてください。若い方など、車をはじめて所有する人におすすめのサービスです。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

≪関連記事≫

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube