トヨタ車&レクサス車解説

新型アルファード/ヴェルファイア燃費性能詳細!モード別カタログ燃費やライバルとの燃費を比較

新型アルファード/ヴェルファイア燃費性能詳細!モード別カタログ燃費やライバルとの燃費を比較

2023年6月に発売した新型アルファード/ヴェルファイア。新しくなったデザインやインテリアの豪華さなどに目を奪われがちですが、実際に購入するとなると気になるのは燃費でしょう。
 
そこで、ガソリン/ハイブリッドそれぞれの特徴や燃費の解説と、同じトヨタのノア/ヴォクシーのほか、日産・エルグランド、三菱・デリカD:5といったサイズの大きいミニバンとの燃費比較をお届けします。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型アルファード/ヴェルファイアの特徴。どんな車?

新型アルファード/ヴェルファイア 特徴

新型アルファード/ヴェルファイアは、今回のフルモデルチェンジで「快適な移動の幸せ」を追求。TNGAの新プラットフォームを採用し、振動・騒音対策、燃費や走りなどの基本性能を向上させつつ、ゆとりある室内空間や使い勝手の良い装備で、高品質なおもてなしの室内を実現しています。

また、兄弟車であるアルファードとヴェルファイアは、それぞれの個性を際立たせ、これまで以上に違いが明確になりました。

新型アルファード/ヴェルファイアそれぞれの特徴は?

世界基準の大空間高級サルーンとして進化した“王道”のアルファードと、お客様の期待に応えた“こだわり”を追及したヴェルファイア。どのような改良がおこなわれたのかを紹介します。

新型アルファード/ヴェルファイア 外装デザイン

新型アルファードは、真のラグジュアリーを追求。外装デザインは、静謐と躍動という2つのエッセンスを研ぎ澄ませ、限りなく上質な佇まいへと進化しました。グレードは新型アルファード/ヴェルファイア共通の「Executive Lounge」のほか、アルファードの専用グレードは「Z」を設定しています。

新型ヴェルファイア 特徴
ヴェルファイアにのみ追加されているフロントパフォーマンスブレース(赤色囲み部分)

新型ヴェルファイアは、「Executive Lounge」のほか、「Z Premier」を専用グレードとして設定。黒を基調とした金属装飾により、特徴であるアグレッシブさを大切にしながら、上質感を加えています。また、フロントパフォーマンスブレースを装着し、走り出しの気持ちよさを実現しているのも特徴です

詳しくは、関連記事をご覧ください。

新型アルファード/ヴェルファイアのパワートレーン紹介

新型アルファード/ヴェルファイアのパワートレーンは次の一覧のとおり。2.5Lハイブリッドを2車共通のパワートレーンとし、アルファードには2.5Lガソリン車と、ヴェルファイアには2.4Lターボガソリン車を設定して、それぞれのキャラクターを際立たせています。

新型アルファード

新型ヴェルファイア

パワートレーン

2.5Lハイブリッド車

2.5Lガソリン車

2.5Lハイブリッド車

2.4Lターボガソン車

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

4WD

2WD

E-Four

2WD

4WD

新型アルファードと新型ヴェルファイア共通の2.5Lハイブリッド

新型アルファード/ヴェルファイア エンジン
2.5L A25A-FXSエンジン

2.5L直列4気筒DOHCエンジン(A25A-FXS)を搭載したハイブリッドシステムは、新型アルファード/ヴェルファイアのどちらにも設定。システム最高出力184kW(250ps)と高出力。さらに、ハイブリッド搭載のZグレード(2WD)の燃費は17.7km/L(WLTCモード燃費)と、車両重量が2,160kgと2tを超えているにかかわらず優れた燃費性能を実現しています。

 電気式4WDのE-Fourは、発進時の最大駆動力を現行型に対して約36%拡大。発進時や追い越し加速時などで力を発揮します。

 また、燃費を重視する方に向けて新たに2WDを追加しています。

新型アルファード2.5Lガソリンの特徴

新型アルファード ガソリンエンジン
2.5L 2AR-FEエンジン

新型アルファードの2.5Lガソリン車は、先代と同様の2AR-FEエンジンを採用。力強く伸びやかな発進・加速と優れた燃費性能が特徴です。2WDの燃料タンクは75Lを採用しているので、1回の燃料補充で長距離ドライブを楽しめます。

新型ヴェルファイア2.4Lターボの特徴

新型ヴェルファイア ターボエンジン
2.4L T24A-FTS ターボエンジン

新型ヴェルファイアには、新たに2.4Lターボエンジンを採用。従来型の3.5L V6エンジンを超える力強さで、最大トルク430Nmと高い動力性能を持ちながら、低燃費を実現しました。

新型アルファード燃費詳細:カタログ燃費(モード別)解説

新型アルファード 燃費
Z(ハイブリッド車・2WD)(ブラック)<オプション装着車>

ここからは、新型アルファードのモード別燃費の特徴に加えて、満タン時でどのくらい走るのか具体的な数値を紹介します。

カタログ燃費表(グレード別)   

新型アルファードのカタログ燃費は、下記の一覧のとおりです。

新型アルファード

ハイブリッド

ガソリン

グレード

Executive Lounge

Z

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

WLTCモード(km/L)

17.5

16.5

17.7(18.6)

16.7(17.2)

10.6(10.9)

10.3(10.4)

市街地モード(km/L)

15.3

14.2

15.6(16.2)

14.4(14.8)

7.2(7.4)

7.1(7.1)

郊外モード(km/L)

19.0

17.8

19.3(20.2)

18.1(18.7)

11.3(11.7)

11.0(11.1)

高速道路モード(km/L)

17.6

16.9

17.8(18.7)

17.0(17.4)

12.6(13.1)

12.2(12.4)

( )は17インチタイヤを着用した場合

モード別燃費特徴解説

モード別燃費を見てみると、どのモードでもハイブリッドはガソリンと比べて7km/Lほど燃費が向上しています。特に市街地が圧巻で、Zの2WDで比べると、ガソリンが7.2km/Lに対し、ハイブリッドが15.6km/Lと、倍以上の燃費となっています。

また、E-Fourや4WDは2WDに比べて60kg車両重量が重くなるので、燃費は若干落ちますが、全パワートレーンで先代より燃費が良くなっています。特に、ハイブリッドの燃費は、先代が14.6km/Lに対し、新型が17.7km/Lと大幅に良くなりました

満タンで何キロ走る?燃料は?

新型アルファードの燃料を満タンにすると、どのくらい走るのでしょうか。燃料タンクの容量は、ハイブリッド車が60L、ガソリン車の2WDが75L、ガソリン車の4WDが65L。また、燃料は、全車が経済的なレギュラーガソリンとなっています。

では、WLTCモード燃費を元に、燃料満タン時で何km走行できるのかを計算してみましょう。

【パワートレーン別:新型アルファード航続距離】
WLTCモード燃費(km/L)×燃料タンク容量(L)=航続距離(km)
※18、19インチタイヤ着用時の数値

<ハイブリッド車>

  • Executive Lounge(2WD):60L×17.5km/L=1,050km
  • Executive Lounge(E-Four):60L×16.5km/L=990km
  • Z(2WD):60L×17.7km/L=1,062km
  • Z(E-Four):60L×16.7km/L=1,002km

<ガソリン車>

  • Z(2WD):75L×10.6km/L=795km
  • Z(4WD):65L×10.3km/L=669.5km

ハイブリッド車は、満タンで1,000km前後走行できます。ガソリン車も660km以上走行できるので、ロングドライブ時でも安心です。

上記の計算は、あくまでカタログ燃費を基準としています。実際は、路面状況やエアコンの使用などで変わるため、参考程度にお考えください。

新型ヴェルファイア燃費詳細:カタログ燃費(モード別)解説

新型ヴェルファイア 燃費
Executive Lounge(ハイブリッド車・E-Four)(プラチナホワイトパールマイカ)<オプション装着車>

新型ヴェルファイアでも、モード別燃費の特徴と、満タン時でどのくらい走るのか具体的な数値を紹介します。

 

新型ヴェルファイア

ハイブリッド

ターボガソリン

グレード

Executive Lounge

Z Premier

駆動方式

2WD

E-Four

2WD

E-Four

2WD

4WD

WLTCモード(km/L)

17.5

16.5

17.7(18.6)

16.7(17.2)

10.3(10.9)

10.2(10.4)

市街地モード(km/L)

15.3

14.2

15.6(16.2)

14.4(14.8)

7.1(7.5)

7.3(7.4)

郊外モード(km/L)

19.0

17.8

19.3(20.2)

18.1(18.7)

10.6(11.2)

10.1(10.5)

高速道路モード(km/L)

17.6

16.9

17.8(18.7)

17.0(17.4)

12.6(13.2)

12.2(12.5)

( )は17インチタイヤを着用した場合

モード別燃費特徴解説

新型ヴェルファイア 燃費
Z Premier(ターボガソリン車・2WD)(ブラック)

新型ヴェルファイアのハイブリッド車のモード別燃費は、新型アルファードと全て同じです。 

一般的なターボガソリン車は、同じ排気量のガソリン車よりも多く燃料を使用するので燃費は落ちますが、ヴェルファイアの2.4Lターボエンジンは、重さを感じさせない力強い加速力を実現しつつ、ガソリン車と大差ない燃費性能を実現しています。

また、減速や停止回数が少ない高速道路モードは、新型アルファードのガソリン車と燃費は変わりません(※)。
※18、19インチタイヤ着用時の数値

満タンで何キロ走る?燃料は?

新型ヴェルファイアの燃料タンクの容量は、新型アルファードと同様、ハイブリッド車が60L、ターボガソリン車の2WDが75L、ターボガソリン車の4WDが65L。燃料は、新型アルファードとは異なり、ハイブリッド車はレギュラーガソリン、ターボガソリン車はプレミアム(ハイオク)ガソリンです。

では、WLTCモード燃費を元に、燃料満タン時でどのくらい走行できるか計算してみましょう。

【パワートレーン別:新型ヴェルファイア航続距離】
WLTCモード燃費(km/L)×燃料タンク容量(L)=航続距離(km)
※18、19インチタイヤ着用時の数値

<ハイブリッド車>

  • Executive Lounge(2WD):60L×17.5km/L=1,050km
  • Executive Lounge(E-Four):60L×16.5km/L=990km
  • Z Premier(2WD):60L×17.7km/L=1,062km
  • Z Premier(E-Four):60L×16.7km/L=1,002km

 

<ターボガソリン車>

  • Z Premier(2WD):75L×10.3km/L=772.5km
  • Z Premier(4WD):65L×10.2km/L=663km

ハイブリッド車は、新型アルファードと同じ数値です。ターボガソリン車は、新型アルファードのガソリン車より若干走行距離は短いですが、660km以上走行できるのでロングドライブ時でも問題ありません。

上記の計算は、あくまでカタログ燃費を基準としています。実際は、路面状況やエアコンの使用などで変わるため、参考程度にお考えください。

新型アルファード/ヴェルファイアの燃費は悪い?ライバル比較

新型アルファード/ヴェルファイア燃費比較
ヴェルファイア 左:Executive Lounge(ハイブリッド車・E-Four)プラチナホワイトパールマイカ<オプション装着車> 、右:Z Premier(ターボガソリン車・2WD)ブラック<オプション装着車>

新型アルファード/ヴェルファイアは、ライバル車と比べて燃費は良いのでしょうか。サイズの近いミニバンと比較します。なお、航続距離は全てWLTCモードで計算しています。

日産エルグランドと比較

まずは、2WDで日産エルグランドと比較していきます。

アルファード/ヴェルファイア 

アルファード 

ヴェルファイア  

エルグランド   

パワートレーン

2.5Lハイブリッド

2.5Lガソリン

2.4Lターボガソリン

3.5Lガソリン

2.5Lガソリン

燃料

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

プレミアム(ハイオク)

プレミアム(ハイオク)

レギュラーガソリン

WLTCモード(km/L)

17.5~17.7

10.6

10.3

8.7

10

市街地モード(km/L)

15.3~15.6

7.2

7.1

5.7

7

郊外モード(km/L)

19.0~19.3

11.3

10.6

9.5

10.7

高速道路モード(km/L)

17.6~17.8

12.6

12.6

10.5

11.7

燃料タンク容量(L)

60

75

73

航続距離(km)

1,050~1,062

795

772.5

635.1

730

※航続距離(km)はWLTCモード燃費(km/L)×燃料タンク容量(L)で算出

 日産エルグランドは、3.5L V6エンジンと2.5L直4エンジンの2種類のパワートレーンがラインアップされていますが、ハイブリッドは用意されていません。燃費の良さを求めるなら、アルファードやヴェルファイアのハイブリッドを選ぶといいでしょう。

同じガソリンエンジンで比較すると、エルグランドの2.5Lガソリンエンジンとアルファードヴェルファイアの2.5Lガソリンエンジンは同じくらいの燃費であることがわかります。エルグランドの3.5Lガソリンエンジンとヴェルファイアの2.4Lターボエンジンを比較すると、ヴェルファイアの方が1~2km/L程度燃費が良いようです。

三菱デリカD:5との比較

現在、デリカD:5に2WDはなく、走行シーンに合わせて2WDや4WDなどモード切り替えができる「AWC(All Wheel Control)」が設定されています。そのため、E-Fourと比較しました。2WDとの比較の場合は、先のエルグランドとの比較表を見比べてください。

アルファード/ヴェルファイア

アルファード

ヴェルファイア

デリカD:5

パワートレーン

2.5Lハイブリッド

2.5Lガソリン

2.4Lターボガソリン

2.2Lディーゼル

燃料

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

プレミアム(ハイオク)ガソリン

軽油

WLTCモード(km/L)

16.5~16.7

10.3

10.2

12.6

市街地モード(km/L)

14.2~14.4

7.1

7.3

10.1

郊外モード(km/L)

17.8~18.1

11.0

10.1

12.6

高速道路モード(km/L)

16.9~17.4

12.2

12.2

14.1

燃料タンク容量(L)

60

65

64

航続距離(km)

990~1,002

669.5

663

806.4

※航続距離(km)はWLTCモード燃費(km/L)×燃料タンク容量(L)で算出

デリカD:5には軽油を燃料に使うディーゼルエンジンが搭載されています。燃費で見てみると、アルファードヴェルファイア2.5Lハイブリッド>デリカD:5 2.2Lディーゼル>アルファード2.5Lガソリン>ヴェルファイア2.4Lターボ、という結果になりました

トヨタノア/ヴォクシーと比較

最後に、トヨタのノア/ヴォクシーと比較していきます。比較対象は2WDモデルです。

アルファード/ヴェルファイア 

アルファード 

ヴェルファイア  

ノア/ヴォクシー(※)

パワートレーン

2.5Lハイブリッド

2.5Lガソリン

2.4Lターボガソリン

1.8Lハイブリッド

2.0Lガソリン

燃料

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

プレミアム(ハイオク)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

WLTCモード(km/L)

17.5~17.7

10.6

10.3

23

15

市街地モード(km/L)

15.3~15.6

7.2

7.1

22.2

11.4

郊外モード(km/L)

19.0~19.3

11.3

10.6

25

15.3

高速道路モード(km/L)

17.6~17.8

12.6

12.6

22.1

16.9

燃料タンク容量(L)

60

75

52

航続距離(km)

1,050~1,062

795

772.5

1,196

780

※ノア/ヴォクシーはS-Zで比較

ノア/ヴォクシーは、新型アルファード/ヴェルファイアより一回り小さく、重量も軽いので基本的に低燃費です。ノア/ヴォクシーのガソリン車は、モード別で比較すると新型アルファード/ヴェルファイアよりも燃費がいい傾向にありますが新型アルファード/ヴェルファイアの方が、燃料タンクが大きいため航続距離は長くなります

新型アルファード/ヴェルファイアの燃費まとめ

新型アルファード/ヴェルファイアは新しい技術が投入された注目の新型車だけに、燃費は良好。特に、ハイブリッド搭載車はライバル車と比べても良好です。

燃費だけで選べばハイブリッド一択ですが、車両価格が手頃なガソリン車も魅力的です。ライフスタイルに合ったパワートレーンを選択し、充実したカーライフを送ってくださいね。

新型アルファード/新型ヴェルファイアはKINTOがおすすめです。KINTOなら税金やメンテナンス費用、任意保険料も月額コミコミなので、急な出費がありません。ぜひ、下記車種詳細ページをご覧ください。


なお、新型アルファード/新型ヴェルファイアは法人契約もおすすめです。詳しくは下記ページをご参考ください。

KINTO - 法人契約詳細はこちら

最後に、KINTOについてご紹介します。KINTOのことがよくわからない方はぜひご覧ください。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube