トヨタ車&レクサス車解説

新型アルファード/ヴェルファイアの価格は?一括/ローン/サブスクの比較も!

新型アルファード/ヴェルファイアの価格は?一括/ローン/サブスクの比較も!

2023年6月21日に約8年半ぶりにフルモデルチェンジしたアルファード/ヴェルファイアの価格はいくらなのでしょうか。本記事では、新型アルファード/新型ヴェルファイアの価格を紹介するとともに、一括・ローン・サブスクそれぞれの場合における月々の支払額を比較します。また、おすすめオプションとその価格も紹介していますので、新型アルファード/新型ヴェルファイアを検討している方は参考にしてみてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

新型アルファード、新型ヴェルファイアの特徴

サイドビュー(新型アルファード/新型ヴェルファイア)新型アルファード/新型ヴェルファイアは、質感の高い外装や内装のデザイン、高級サルーン並みの低振動・低騒音の走り、ゆとりある室内空間や使い勝手など、性能を世界基準に昇華させています。
 
新型アルファードでは、これまでのアルファードが作り上げてきた大空間高級サルーンをより進化させています。新型ヴェルファイアでは、専用グレードの「Z Premier」を新設定。アグレッシブなデザインや専用のパワートレーンユニットなどにより、運転する喜びを感じられるつくりとなっています。

新型アルファード、新型ヴェルファイアの価格

ヴェルファイア(ブラック、プラチナホワイトパールマイカ)では、次は新型アルファードと新型ヴェルファイアの価格を見ていきましょう。
 
新型アルファードは、540万円〜872万円(税込)。新型ヴェルファイアの価格は、655万円〜892万円(税込)となっています。グレード別の車両価格は次のとおりです。

新型アルファードのグレード別車両価格

グレード

パワーユニット

駆動方式

価格(税込)

Executive Lounge

2.5Lハイブリッド

2WD(FF)

850万円

E-Four

872万円

Z

2WD(FF)

620万円

E-Four

642万円

Z

2.5Lガソリン

2WD(FF)

540万円

E-Four

559万8,000円

新型ヴェルファイアのグレード別車両価格

グレード

パワーユニット

駆動方式

価格(税込)

Executive Lounge

2.5Lハイブリッド

2WD(FF)

870万円

E-Four

892万円

Z Premier

2WD(FF)

690万円

E-Four

712万円

Z Premier

2.4Lガソリンターボ

2WD(FF)

655万円

E-Four

674万8,000円

新型アルファードは、「Executive Lounge」と「Z(ハイブリッド/ガソリン)」の2グレードとなっています。新型ヴェルファイアも、「Executive Lounge」と「Z Premier(ハイブリッド/ガソリンターボ)」の2グレードです。シンプルなグレード構成となっており、装備・パワートレーン・駆動方式から絞り込むことで最適なグレードを選ぶことができます。
 

一括・ローン・サブスクで新型アルファード/新型ヴェルファイアの価格を比較

アルファード(プレシャスレオブロンド)ここまでは車両価格を見てきましたが、では、新型アルファード/新型ヴェルファイアは、月々どのくらいの金額で乗ることができるのでしょうか。KINTO(サブスク)・現金一括払い・ローンの価格を比べてみましょう。

新型アルファード(Z/ガソリン・2WD)の場合※

KINTO
(サブスク)

一括払い

銀行自動車ローン
(均等60回払い/5.0%の場合)

A.車両代・オプション代

利用料に含まれます

547万7,000円

547万7,000円

B.税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

513,290円

513,290円

C.任意保険・メンテナンス・車検1回

218万6,032円

218万6,032円

D.分割払い手数料等

-

724,454円

E.5年後の下取り参考価格

-

164万3,100円

164万3,100円

F.支払総額(A+B+C+D-E)

483万7,800円

653万3,222円

725万7,676円

月々の支払額(F÷60ヶ月)

80,630円

108,887円

初回:124,576円
2回目以降:120,900円

新型ヴェルファイア(Z Premier/ガソリンターボ・2WD)の場合※

KINTO
(サブスク)

一括払い

銀行自動車ローン
(均等60回払い/5.0%の場合)

A.車両代・オプション代

利用料に含まれます

664万9,000円

664万9,000円

B.税金・諸費用(自賠責・自動車税等)

541,490円

541,490円

C.任意保険・メンテナンス・車検1回

210万3,802円

210万3,802円

D.分割払い手数料等

-

87万9,476円

E.5年後の下取り参考価格

-

199万4,700円

119万4,700円

F.支払総額(A+B+C+D-E)

565万6,200円

729万9,592円

817万9,068円

月々の支払額(F÷60ヶ月)

94,270円

12万1,660円

初回:13万7,368円
2回目以降:13万6,300円

KINTOのシミュレーションを使って以下の条件をもとに試算
・アルファードはZ(ガソリン・2WD)、ヴェルファイアはZ Premier(ガソリンターボ・2WD)を5年利用した場合
・任意保険の料金は、全年齢(6S等級)で算定

一括払い

では、ここからはそれぞれの支払い方の特徴を見ていきましょう。
一括払いは、購入時に車両代金以外にも、自賠責保険などの法定費用や各種手数料などの初期費用が必要です。また、任意保険料やメンテナンス費用などの維持費がかかるだけでなく、3年目には車検費用もかかります。よって、一括払いは、定期的にまとまったコストが必要となるため、資金に余裕があるときに選択するとよいでしょう。

ローン

車をローンで購入すると、車両費用の分割払いに加え、手数料がかかるため、一括払いより支払総額が高くなる傾向があります。また、任意保険料、メンテナンス費、車検費用、税金などの費用は別途支払うこととなります。
 
ただ、一括払いのようにまとまった費用を用意しなくても車を手に入れられることがローンのメリットです。月々の支払い額に納得できれば、ローンで車を購入するのもよいでしょう。

サブスク(KINTO)

サブスクのKINTOは、月々定額の料金を支払って車に乗れるサービスです。

新型アルファード/新型ヴェルファイアともに、A.車両代・オプション代、B.税金・諸費用(自賠責・自動車税等)、C.任意保険・メンテナンス・車検1回(5年契約の場合)、D.分割払い手数料等が利用料に含まれているため、税金の支払いや車検費用などが別途発生しないことが嬉しいポイント。毎月定額で、突発的な出費も抑えられるため、家計管理も楽になります。
 
今回のシミュレーション(期間5年、誰でも運転OK)では、新型アルファードが月々80,630円、新型ヴェルファイアが月々94,270円となりました。新型アルファード/新型ヴェルファイアともに月々の支払額は、一括払い・ローンより安く抑えられていることからも、選択肢の一つとして、サブスクを検討してみるのもよいでしょう。

新型アルファード、新型ヴェルファイアのオプション価格

アルファード(ナチュラルベージュ)新型アルファード/新型ヴェルファイアには、快適性を高める装備や安全性を高める装備がオプションとして用意されています。ここでは、数あるオプションの中からオススメの装備をピックアップ。それぞれの特徴や価格などを紹介します。

まず今回ピックアップした装備を一覧表で見てみましょう。

オプション装備

設定モデルとグレード

価格(税込)

デジタルインナーミラー

アルファード Z、ヴェルファイア Z Premierでオプション設定
(アルファード/ヴェルファイアいずれもExecutive Loungeで標準装備)

44,000円

・12.1型後席ディスプレイ
・13.2型有機EL後席ディスプレイ(2024年2月発売予定)

アルファード Z、ヴェルファイア Z Premierで販売店オプション設定
(アルファード/ヴェルファイアいずれもExecutive Loungeで標準装備)

・104,500円(12.1型後席ディスプレイ)
・140,800円(13.2型有機EL後席ディスプレイ)

CD/DVDデッキ

アルファード/ヴェルファイアいずれもExecutive Loungeでオプション設定

41,800円

左右独立ムーンルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)

アルファード Zでオプション設定
(アルファード Executive Loungeおよびヴェルファイアの全グレードで標準装備)

132,000円

ユニバーサルステップ

アルファードおよびヴェルファイアの全グレードでオプション設定

66,000円

デジタルインナーミラー

デジタルインナーミラー(上:デジタルインナーミラー、下:鏡面ミラーモード)デジタルインナーミラーは、車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示するアイテムです。切替レバーを操作すれば、鏡面ミラーモードからデジタルミラーモードに切り替えることができます。ヘッドレストや荷物などで視界を遮られずに後方を確認できるため、多人数乗車時や荷物をたくさん載せているときに便利です。
 
価格:44,000円(税込)
オプション設定:アルファード Z、ヴェルファイア Z Premier
(アルファード Executive Lounge/ヴェルファイア Executive Loungeは標準装備)

後席ディスプレイ

13.2型有機EL後席ディスプレイ(販売店オプション)アルファードとヴェルファイアの後席ディスプレイは、Executive Loungeには標準装備されていますが、アルファードZグレード/ヴェルファイアZ Premierグレードは販売店オプションとなっています。
 
12.1型後席ディスプレイは104,500円(税込)。13.2型有機EL後席ディスプレイは2024年2月発売予定で、価格は140,800円(税込)となっています。

CD/DVDデッキ

CD/DVDデッキは、アルファード Executive Lounge/ヴェルファイア Executive Loungeに設定されているメーカーオプションです。車内でCDやDVDを楽しみたいのであれば選んでおきましょう。
 
価格:41,800円(税込)
オプション設定:アルファード Executive Lounge、ヴェルファイア Executive Lounge

左右独立ムーンルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)

左右独立ムーンルーフ左右独立ムーンルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)は、スーパーロングオーバーヘッドコンソールにあわせて、2列目の右席と左席にそれぞれ配置された、開閉できるサンルーフです。電動シェードは、ワンタッチでオート開閉し、音声認識操作や前席から一括操作することも可能です。ただし、ガラス自体は開閉しません。
 
価格:132,000円(税込)
オプション設定:アルファード Z
(アルファード Executive Loungeとヴェルファイア 全グレードに標準装備)

ユニバーサルステップ

ユニバーサルステップ後席左右のスライドドアの作動に連動して地上約220mmの位置にステップが出現。1歩目の高さを下げることで高齢者や子供も楽に乗り降りができます。助手席側だけでなく、運転席側にもユニバーサルステップを設定したのはトヨタ車としては初になります。
 
価格:66,000円(税込)
オプション設定:アルファードとヴェルファイアの全グレード
 

まとめ

新型アルファード/新型ヴェルファイア2023年6月21日にフルモデルチェンジした人気の大空間高級サルーンのアルファードとヴェルファイア。その価格は、アルファードが540万円〜872万円(税込)、ヴェルファイアが655万円〜892万円(税込)となっています。月々の支払額を抑えながら最新の高級ミニバンに乗りたいのであれば、サブスクリプションサービス「KINTO」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

新型アルファード/新型ヴェルファイアはKINTOがおすすめです。KINTOなら税金やメンテナンス費用、任意保険料も月額コミコミなので、急な出費がありません。ぜひ、下記車種詳細ページをご覧ください。


なお、新型アルファード/新型ヴェルファイアは法人契約もおすすめです。詳しくは下記ページをご参考ください。

KINTO - 法人契約詳細はこちら

最後に、KINTOについてご紹介します。KINTOのことがよくわからない方はぜひご覧ください。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube