トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ新型クラウン(クロスオーバー)ハイブリッドの燃費は?

トヨタ新型クラウン(クロスオーバー)ハイブリッドの燃費は?

2022年7月15日に世界初公開された16代目クラウン(クロスオーバー)のハイブリッドには、2.5Lハイブリッドと2.4Lターボハイブリッドの2種類がラインアップされています。本記事では、それぞれの燃費情報のほか、ハイブリッドシステムの特徴も解説します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

※クラウン(クロスオーバー)の内装に関する動画を制作しました!ぜひこちらもご覧ください

新型クラウン(クロスオーバー)の2種類のハイブリッドシステム

新型クラウン CROSSOVER G“Advanced Leather Package”(ブラック×プレシャスブロンズ)<オプション装着車>※CROSSOVER G“Advanced Leather Package”(ブラック×プレシャスブロンズ)<オプション装着車>

新型クラウン(クロスオーバー)のハイブリッドには、「トヨタハイブリッドシステムⅡ(THSⅡ)」方式(2モーター式シリーズパラレルハイブリッド)の2.5Lハイブリッドシステムと、トヨタ初採用となる2.4Lガソリンターボエンジンに、高い駆動力を発揮する最新の電動パワートレーン「eAxle(イーアクスル)」を組み合わせた新開発の「2.4Lターボ デュアルブーストハイブリッドシステム」方式の2種類をラインアップしています。
 
駆動方式はどちらのハイブリッドも電気式四輪駆動方式ですが、2.5Lハイブリッドには「E-Four」、2.4Lハイブリッドには「E-Four Advanced」が採用されています。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
※eAxle(イーアクスル)とは、インバーターやモーターなどが一体化したユニットのことで、新型クラウン(クロスオーバー)では後輪の駆動に使用しています

新型クラウン(クロスオーバー)のカタログ燃費(市街地、郊外、高速道路)は?

新型クラウン(クロスオーバー)のカタログ燃費を、モード別に見ていきます。

2.4Lターボハイブリッド

2.5Lハイブリッド

WLTC燃費

CROSSOVER RS"Advanced"

CROSSOVER RS

CROSSOVER G"Advanced・Leatder Package"

CROSSOVER G"Advanced"

CROSSOVER G"Leatder Package"

CROSSOVER G

CROSSOVER X

総合

15.7km/L

22.4km/L

市街地モード

12.6km/L

21.2km/L

郊外モード

15.8km/L

23.8km/L

高速道路モード

17.6km/L

22.1km/L

見比べてみると違いがはっきりわかります。市街地、郊外、高速道路の差が小さく、トータルの燃費もいいのが2.5Lハイブリッドです。トヨタが磨き続けてきたTHSⅡの燃費性能の凄さがよくわかります。

一方、市街地に弱く高速道路が強いのが新開発の2.4Lターボハイブリッドです。このパワートレーンは272ps/46.9kgmというパワフルさが魅力。それでは、まずは2.5Lハイブリッドの特徴から解説していきましょう。

2.5Lハイブリッドシステムの特徴は?燃費は22.4km/Lと低燃費!

デュアルブーストハイブリッドシステム 2.5Lハイブリッドシステムは、2モーター式シリーズパラレルハイブリッドの「トヨタハイブリッドシステム Ⅱ(TOYOTA HYBRID SYSTEM )」です。アクセル操作に対する応答性の良さとパワフルでスムーズな加速を両立し、優れた燃費性能も実現していることが特徴です。 

2モーター式シリーズパラレルハイブリッド「THS

※クラウン2.5Lエンジン写真

新型クラウン(クロスオーバー)に搭載されるハイブリッドシステム「THS 」は、2.5Lガソリンエンジン(A25A-FXS)に前後輪モーターを組み合わせたユニットです。バッテリーには、新開発となるバイポーラ型ニッケル水素電池を採用しています。
 
2.5Lガソリンエンジンは、高圧縮比・ロングストローク化に加え、吸気バルブの開閉タイミングを最適制御する「VVT-iE」や、筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを持ち高い燃焼効率を可能にする「D-4S」を採用。また、電動ウォーターポンプを備えた可変冷却システムや、低フリクションオイルなどにより燃費性能も向上しました。エンジンの最高出力は186ps、最大トルク22.5kgmとなっています。
 
このエンジンに、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用したシリーズパラレルハイブリッド「THS Ⅱ」が組み合わせ、低速でのレスポンス向上や電池出力を活用した中〜高速域でのダイレクトな加速を実現しました。モーターのスペックは、フロントが最高出力119.6ps/最大トルク20.6kgm、リヤが最高出力54.4ps/最大トルク12.3kgmとなっています。

前輪駆動から四輪駆動へスムーズにトルク配分するE-Four

クラウン CROSSOVER RS "Advanced"駆動方式には、電気式四輪駆動の「E-Four」を採用しています。E-Fourは、走行状態に応じてFF(前輪駆動)から4WD(四輪駆動)まで、走行状況に応じて前後輪のトルク配分を自動で制御し、安定した操縦性や走行安定性を実現。また、燃費の向上にも寄与しています。
 
前後輪のトルク配分は、100:0〜20:80の間で緻密に制御されます。直進時には効率的なトルク配分を行い、加速時や雪路などの滑りやすい路面ではスムーズに4WDへ切り替えて発進性や走行安定性をアシスト。コーナリング時は、リヤの駆動力配分を多くし、燃費向上と旋回中の車両安定性を向上させます。

新型クラウン(クロスオーバー)2.5Lハイブリッドと先代クラウン2.5Lハイブリッドの燃費を比較

16代目となった新型クラウン(クロスオーバー)2.5LハイブリッドのWLTCモード燃費は22.4km/Lです。2.5Lハイブリッドを搭載するグレードCROSSOVER G、CROSSOVER G"Advanced・Leather Package"、CROSSOVER G"Advanced"、CROSSOVER G"Leather Package"、CROSSOVER Xのいずれも同じカタログ燃費です。
 
先代(15代目)クラウンの2.5Lハイブリッドの燃費は、WLTCモード18.2〜20.0km/Lでした。新型クラウン(クロスオーバー)は先代のクラウンより燃費が向上していることがわかります。

燃費 (WLTCモード)

エンジン

フロントモーター

リヤモーター

新型クラウン(クロスオーバー)

22.4km/L

186ps
22.5kgm

119.6ps
20.6kgm

54.4ps
12.3kgm

旧型クラウン (15代目)

18.2〜20.0km/L

184ps
22.5kgm

143ps
30.6kgm

トヨタの他の搭載車種は?

新型クラウン(クロスオーバー)と同じ2.5Lハイブリッドユニット(A25A-FXS+THS )を搭載するモデルには、レクサス NX、RAV4、ハリアー、カムリなどがあります。

2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステムの特徴は?燃費は15.7m/Lを記録

デュアルブーストハイブリッド エンジンアップ2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステムは、2.4L直列4気筒ターボエンジンと後輪に搭載されるeAxle(イーアクスル)を組み合わせたトヨタ初採用のハイブリッドシステムです。アクセル操作に対する駆動力の遅れが少なく、力強い伸びやかな加速により、爽快なドライビングフィールとリズミカルで気持ちのいい変速感を持ち合わせたシステムです。

ターボエンジン+1モーター式の新開発ハイブリッドシステムを採用

クラウン2.4ターボ エンジン※クラウン2.4L直列4気筒ターボエンジン

2.4Lガソリンターボエンジン(T24A-FTS)は、優れた加速応答性と十分な駆動力をあわせ持つ、新開発のデュアルブーストハイブリッド用の直列4気筒ターボエンジンです。
 
TNGAエンジン技術をベースに、センター直噴システムと高効率ツインスクロールターボにより高い燃焼効率を実現する「D-4ST」、運転状態にあわせて制御される可変冷却システムなどを採用し、環境性能・燃費性能・力強い走りを両立しています。エンジンのスペックは、最高出力が272ps、最大トルクが46.9kgmです。2,000rpmという低回転域から最大トルクを発生するため、高速道路などの加速が必要な場面ではスムーズな合流ができるでしょう。

新型クラウン(クロスオーバー)に搭載されている2.4Lターボハイブリッドは、エンジンとフロントモーターが直結していることが特徴です。そのため、ギアのあるトランスミッションを組み合わせているものの、初期の加速から高速域までダウンシフトすることなくリニアな走りを楽しめます。 

後輪にはeAxle(イーアクスル)を搭載

後輪には、リヤインバーターと駆動用モーターで構成される電動パワートレーンの「eAxle(イーアクスル)」を搭載。新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池と水冷式の大出力リヤモーターにより、ドライバーのアクセル操作にリニアに反応するダイレクト感ある力強いドライビングフィールが特徴です。

6速ATとトルク配分型4WDで思い通りの気持ちいい走りを実現

Direct Shift-6AT2.4Lターボハイブリッドに組み合わされるトランスミッションは、ダイレクト感ある走りを目指した6速ATの「Direct Shift-6AT(ダイレクトシフト6AT)」です。
 
発進クラッチシステムや走行シーンごとの適切なギア段選択、エンジンおよびモータートルクをきめ細やかに制御するパワートレーン統合制御の採用により、アクセル操作に対して遅れのない加速と素早い変速を実現しています。また、ドライバーが自由にギア段の選択・固定が可能なMモード(CROSSOVER RS“Advanced”とCROSSOVER RSにはパドルシフトを標準装備)を採用。マニュアル感覚の操作を楽しむことも可能。
 
駆動方式は、電気式4WDシステムの「E-Four Advanced」です。
 
E-Four Advancedは、走行状態に合わせて前後輪トルク配分を100:0〜20:80の間で制御し、様々な路面で高いトラクション性能と操縦安定性を実現します。発進時や直進加速時には、車両のピッチングを抑えてダイレクトな加速感が得られるよう60:40〜40:60程度で制御。コーナリング時は、車速や舵角などの情報から適切な駆動力配分をすることで優れた操縦安定性を実現します。また、ステアリングの切り始めから旋回中はほぼ50:50の駆動力配分とし、コーナー脱出時はリヤ寄りの駆動力配分(50:50~20:80)とすることで、トラクション性能の確保や車両のピッチングを抑制しながら、狙った通りのラインをトレースできる旋回フィーリングを実現しています。

新型クラウン(クロスオーバー)2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステムと先代クラウン2.0Lターボの燃費を比較

15代目クラウン RS Advance(2.0L・ターボガソリン車)2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステムの燃費は、WLTCモードで15.7km/Lです。2.4Lターボハイブリッドを搭載するグレードCROSSOVER RS、CROSSOVER RS"Advanced"のいずれも同じカタログ燃費となっています。
 
燃費を比較すると2.5Lハイブリッドの方が優れているものの、2.4Lターボエンジンにモーターを組み合わせたからこそ実現できたデュアルブーストハイブリッドシステムならではの力強い走りとリニアな加速は、2.5Lハイブリッドでは体感できないフィーリングといえるでしょう。そのため、クラウンらしいエレガントさを室内で感じながら、スポーティな走行も楽しみたいのであれば、2.4Lターボハイブリッドの方がよいといえます。
 
また、先代(15代目)クラウンには、ターボエンジン搭載モデルがラインアップされていました。新型クラウン(クロスオーバー)では、先代のターボエンジンより排気量を0.4L大きくしているものの、ハイブリッドシステムを採用しているため、先代の2.0Lターボエンジンよりパワフル。かつ、燃費性能にも優れています。ターボエンジンのクラウンを比較してみると次の表のようになります。
 
【新旧クラウンターボエンジン車比較表】

燃費 (WLTCモード)

エンジン

フロントモーター

リヤモーター

新型クラウン(クロスオーバー)

15.7km/L

272ps
46.9kgm

82.9ps
29.8kgm

80.2ps
17.2kgm

旧型クラウン (15代目)

12.4km/L

245ps
35.7kgm

なし

※16代目クラウンは2.4Lターボハイブリッド、15代目クラウンは2.0Lターボエンジン

トヨタの他の搭載車種は?

2.4Lデュアルブーストハイブリッドを搭載するのは、2023年1月時点でクラウン(CROSSOVER RS、CROSSOVER RS"Advanced")のみです。

2.5Lと2.4Lターボはどっちがいいの?どんな人に向いているの?

クラウン CROSSOVER G(プレシャスブロンズ)新型クラウン(クロスオーバー)では、2.5Lハイブリッドと2.4Lターボハイブリッドのどちらがいいのでしょうか。
 
燃費性能や静粛性の高さを重視するのであれば、2.5Lハイブリッドがおすすめです。力強くスポーティな走りを求めるのであれば2.4Lターボハイブリッドの方でしょう。スポーツクーペとSUVを掛け合わせたフォルムが特徴の新型クラウン(クロスオーバー)。どちらのパワートレーンにするのか迷っているのなら、ぜひディーラーに足を運び、実際に試乗してみてください。

クラウン(クロスオーバー)のグレードと諸元

クラウン(トヨタ チームメイト[アドバンスト パーク]作動イメージ)新型クラウン(クロスオーバー)のグレードや値段、主要諸元は次のとおりです。

グレードや価格

グレード

価格

2.4Lターボハイブリッド

CROSSOVER RS

605万円

CROSSOVER RS"Advanced"

640万円

2.5Lハイブリッド

CROSSOVER G

475万円

CROSSOVER G"Advanced・Leatder Package"

570万円

CROSSOVER G"Advanced"

510万円

CROSSOVER G"Leatder Package"

540万円

CROSSOVER X

435万円

※価格は税込み(2022年7月発表時)

サイズ

全長(mm)

4,930

全幅(mm)

1,840

全高(mm)

1,540

ホイールベース(mm)

2,850

最小回転半径(m)

5.4

2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステムのスペック

型式

T24A-FTS

排気量

2,393cc

エンジン

直列4気筒ターボ

使用燃料

無鉛プレミアム

トランスミッション

Direct Shift-6AT

駆動方式

E-Four Advanced

エンジン出力

272ps/46.9kgm

フロントモーター出力

82.9ps/29.8kgm

リヤモーター出力

80.2ps/17.2kgm

WLTCモード燃費

15.7km/L

2.5Lハイブリッドのスペック

型式

A25A-FXS

排気量

2,487cc

エンジン

直列4気筒

使用燃料

無鉛レギュラー

トランスミッション

電気式無段変速機

駆動方式

E-Four

エンジン出力

186ps/22.5kgm

フロントモーター出力

119.6ps/20.6kgm

リヤモーター出力

54.4ps/12.3kgm

WLTCモード燃費

22.4km/L

新型クラウン(クロスオーバー)は、トヨタのサブスクサービス「KINTO」でもお求めいただけます。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube