About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

新型プリウスをレビュー!マイナーチェンジで何が変わった?

新型プリウスをレビュー!マイナーチェンジで何が変わった?

ハイブリッドカーの代名詞、トヨタプリウス。2015年にフルモデルチェンジされ4代目へ世代交代。そしてフルモデルチェンジから3年後の2018年12月にマイナーチェンジされました。

エクステリアデザインの変更や内装のカラー変更、予防安全機能を充実させています。本記事では、マイナーチェンジで外観以外に何が変わったのかレビューします。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 2018年12月にマイナーチェンジされた新型プリウス
  2. 3つのドライブモードによる走り
  3. ハイブリッドシステム「THS II」による低燃費
  4. 安全装備として「Toyota Safety Sense」を標準化
  5. エクステリアの変更
  6. インテリアも変更された新型プリウス
  7. T-Connectサービス
  8. プリウスのグレードと価格帯
  9. プリウスのレビューまとめ

2018年12月にマイナーチェンジされた新型プリウス

2018年4月にマイナーチェンジされた新型プリウス

通算4代目となるトヨタ プリウスは、トヨタの新型プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用した第1号モデルとして話題になりました。進化したハイブリッドシステム、アグレッシブなエクステリアデザイン、広がりと包容感があるインテリアデザインが「進化とチャレンジ」を感じさせます。

今回のマイナーチェンジで大きく変わったのが、フロントとリアのエクステリアデザイン。縦基調のライト類を備えた斬新なデザインは、水平基調のデザインへ変更されました。エクステリアの変更に合わせ、内装もホワイトベースからブラックベースのカラーへ変更。内装・外装ともに、品の良さを重視した方向へシフトしています。

3つのドライブモードによる走り

TNGAの採用によって低重心化したプリウスで定評あるポイントは、その走りです。ドライブモードは「ノーマル」「エコドライブ」「パワー」の3つから選択できます。

ノーマルモードは、柔軟に対応できるモードで、ストレスなく一般道や高速道路を走れます。日常使いであればノーマルモードでよいでしょう。

エコドライブモードは、エンジン出力を抑え、バッテリーの電力を積極的に使うことで燃費の良い走りを実現できます。

パワーモードは、エンジンとモーターのパワーを引き出し、ハイブリッド車ならではのトルク感ある力強い走りを実現します。

ハイブリッドシステム「THS II」による低燃費化

パワフルな走りと同時に、世界トップクラスの低燃費を実現しているハイブリッドシステム(THS Ⅱ: TOYOTA Hybrid System Ⅱ)が4代目プリウスの特徴です。

3代目と同様に1.8L直列4気筒エンジンですが、熱効率の改善とともにハイブリッドシステム全体の小型軽量化を図ったことで、WLTCモード燃費で27.2km/L~32.8km/L(2WD)という、高い燃費性能を実現しました。

鋭い加速力と日常シーンにおける低燃費を高い次元でバランスさせたハイブリッドシステムが、4代目プリウスに搭載されているTHS Ⅱなのです。

安全装備として「Toyota Safety Sense」を標準化

予防安全機能「Toyota Safety Sense」は、マイナーチェンジのタイミングで全グレード標準装備となりました。

機能の内容として、

  • 昼間の歩行者も検知対象とするプリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • 車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストするレーンディパーチャーアラート
  • 全車速に応じて追従走行を支援するレーダークルーズコントロール
  • 夜間の見やすさをサポートするオートマチックハイビーム

などがあります。またオプション設定ですが、後退時に左右後方から接近してくる車両を知らせてくれる、リヤクロストラフィックアラートを装着できるようになりました。

エクステリアの変更

今回のマイナーチェンジでは、縦方向を強調した斬新なデザインから、横方向へのワイド感を持たせたデザインへと変わりました。

横方向への造形を取り入れることで安定感のある印象を与え、さらに車格がアップしたかのような落ち着きのある上品なイメージも感じさせます。

インテリアも変更された新型プリウス

インテリアも変更された新型プリウス

インテリアも上質なイメージへ変更されています。

シフト周りやセンターコンソールトレイなどのカラーがブラック基調となり、引き締まった印象に。エアコン吹き出し口、ナビ画面、コントロールパネル、センターコンソールを中心に左右に広がるインパネの造形は、コントラストが強調されています。

T-Connectサービス

2018年のマイナーチェンジからプリウスとしては初めてのコネクティッドサービス「T-Connect」が導入されました。

専用通信モジュール(DCM=データ・コミュニケーション・モジュール)を装備(Eグレードを除く)。販売店装着オプションのT-Connectナビには、24時間対応のオペレーターサービスを受けることもできるプランもあります。

口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービスや、トヨタスマートセンターで収集するリアルタイムな交通情報や地図データなどをもとに、より最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ機能など、車との生活をより安心で快適にしてくれます(※プランによって受けられるサービスが異なります)。

プリウスのグレードと価格帯

プリウスのグレード構成は、大きく

  • エントリーモデルの「E」
  • 標準グレードの「S」
  • 上級グレードの「A」
  • ベンチレーション機能付き本革シートが装着される「Aプレミアム」

の4タイプに分けられ、 さらに、特別仕様車やツーリングセレクションの設定、2WDとE-Fourの設定もあります。価格帯(税込)は、259万7,000円~364万円

最新のグレードや価格については、プリウス公式サイトでご確認ください。

プリウスのレビューまとめ

プリウスのレビュー

エクステリアデザインの変更、インテリアカラーの変更、予防安全機能「Toyota Safety Sense」の全グレード標準装備、コネクティッドサービス「T-Connect」の搭載など、マイナーチェンジでその魅力をさらに磨いた新型プリウス。まずは試乗で体感してみてはいかがでしょうか。

最後に、購入以外にも新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube