トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ C-HRのグレードによる違いは?価格や燃費性能も解説

トヨタ C-HRのグレードによる違いは?価格や燃費性能も解説

コンパクトSUVの人気を牽引してきたC-HR、2017年、2018年SUV売り上げ1位を達成した記憶もまだまだ新しいのではないでしょうか。そんなトヨタC-HRの特徴、魅力とはどのようなものなのでしょうか?

本記事では発売以来、根強い人気を持ち続けるC-HRの魅力や、購入時に気になるグレードごとの価格や燃費性能を紹介していきます。またお得に車を利用する方法として、定額で新車を楽しめるKINTOという選択肢にも注目です。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

C-HRのグレードによる違い

C-HRのグレード差は大きく分けるとエコ仕様であるハイブリッド車とガソリン車の2種類です。ここからは、C-HRのグレードの違いについて解説していきます。

エントリーグレードでも標準装備が充実の「S」「S-T」

車種の基本となるエントリーグレードである「S」「S-T」。ベースグレードの位置づけであることから、どうしても他のグレードに見劣りするのではないか?と考える方もいるかもしれません。

しかし、C-HRはエントリーグレードでも期待を裏切りません。キーを取り出さずに開錠、施錠ができる便利なスマートエントリーを標準装備しており、また8インチディスプレイオーディオはスマートフォンと連動できるので、お気に入りの曲を運転中に楽しむことも可能です。

さらにディスプレイオーディオは「トヨタスマートセンター」と通信することで安心・安全、快適・便利なサービスを提供するコネクティッドサービスの利用もできます。例えば、離れた場所にいても車の異常をスマホに通知してくれたり、話しかけるだけで目的地周辺の情報を検索してくれるなど、緊急時の対応からレジャーの利便性を上げてくれる機能までも備わった優れものです。

シートやインパネのカラーは黒が標準装備。大人のかっこよさを実現してくれます。トヨタ車国内では初となる緊急時操舵支援機能、ペダルの踏み間違い時の加速抑制装置の設置など、安全面でも充実の装備です。

個性が光るエクステリアが魅力の「G」「G-T」

C-HRはダイヤモンドをモチーフにしたデザインが各所に採用されており、エクステリアも高級感を感じられるものになっています。「G」「G-T」グレードは、Bi-BeamLEDヘッドライト&リヤコンビネーションランプがフルLED化。スタイリッシュな特別感を演出してくれます。

内装には上級ファブリック、本革を採用したことでより本格的な上品さを表現しています。また、「G」「G-T」グレードは走行中も安心な「ブラインドスポットモニター」を標準装備しています。隣を並走する車をレーダーで感知、ドアミラーでは確認しにくい、斜め後方エリアの車両を検知し的確にサポートしてくれるので、高速道路での車線変更でも安心です。

クールな特別仕様車「Mode-Nero Safety PlusⅡ」はG、G-Tグレードで登場

C-HR特別仕様車のインテリア深く艶めくブラックカラーが印象的なC-HR特別仕様車は、Gグレードがベースになっています。特別仕様車はより都会的に洗練されたグレードです。

外装カラーだけではなく、内装も共にブラックカラーの上級ファブリック、本革にそろえた落ち着いた雰囲気で、名前に使われている「Nero」もイタリア語で「黒色」を意味しています。

外装や内装だけでなく、ホイールに至るまで黒で染め上げられた特別仕様車は、他にはない車をお望みの方にピッタリのグレードです。

GR SPORT

GR-SPORTの外装GR SPORT」は、名前の通りトヨタの「TOYOTA GAZOO Racing」が手掛けるスポーツモデル。

ベースはS、S-Tグレードですが、インテリア、エクステリア共にGRならではのブラック装飾が施されています。外装には大型リヤリップスポイラー、リヤコンビネーションランプなどGグレードで採用されたアイテムを使用しています。

インテリアは上質さを忘れない、クールなブラックカラーの専用スポーティシートを採用。コンビネーション2眼メーター、本革巻きシフトノブなど、運転そのものの楽しさを感じさせてくれるグレードです。

C-HRの燃費性能を一覧表でチェック!

デザインや運転のしやすさも車購入の際には重要なポイントです。しかし、車が移動手段のひとつであることを考えれば、燃費性能を忘れるわけにはいきません。C-HRの燃費性能をハイブリッド車、ガソリン車それぞれで解説していきます。

ハイブリッド車の燃費性能

C-HRハイブリッド車の燃費性能は以下の通りです。

C-HRハイブリッド車の燃費性能は以下の通りです。

グレード

WLTCモード(km/L)

S

25.8

G

25.8

S”GR SPORT”

25.0

C-HRはプリウスと同じTNGAプラットフォームを採用していることもあり、環境にもお財布にも優しい低燃費となっています。

ガソリン車の燃費性能

続いてはC-HRのガソリン車の燃費性能を確認していきます。

グレード

WLTCモード(km/L)

S-T CVT 2WD

14.9

S-T 6MT 2WD

15.4

S-T CVT 4WD

14.3

G-T CVT 2WD

14.9

G-T 6MT 2WD

15.4

G-T CVT 4WD

14.3

S-T”GR SPORT”CVT 2WD

14.9

S-T”GR SPORT”6MT 2WD

15.4

S-T”GR SPORT”CVT 4WD

14.3

ガソリン車に関しては、燃費性能を上げるためにダウンサイジングターボエンジンを採用しています。燃費性能を上げながらも、伸びやかな加速フィーリングを実現し、燃費性能と走りの質、両方を兼ね備えた車になっています。

中古車の購入はあり?価格や状態は?

C-HRの魅力を確認してきましたが、中古購入を視野に入れても良いのではないでしょうか。中古車で購入する際の価格、車の状態に関して解説していきます。

C-HRの中古車相場は?

C-HRは2016年に発売された、比較的に新しい車です。したがって中古車購入の際にも、ある程度満足できる状態で手に入れることが可能です。

ただ、反対に中古車の中では新しい車種であるからこそ、費用相場で見ると決して安価で購入できるとはいえません。もちろん新車で購入するより安くなるので、少しでも費用を抑えたいと考えるのなら十分検討に値するでしょう。

トヨタの認定中古車が安心な理由

C-HRを中古で購入したいのなら、トヨタの認定中古車が安心でおすすめです。トヨタの中古車をトヨタがメンテナンスするので、勝手がわかっている点が大きなメリットです。トヨタの認定中古車が安心できる理由は、以下3点になります。

  • まるごとクリーニング
  • 車両検査証明書
  • ロングラン保証


まるごとクリーニングとは、その名の通り徹底的なクリーニングを指します。目に見える部分はもちろん、エンジンルームやシートを取り外し、くまなく洗浄、消臭・除菌も実施します。

次いで車両検査証明書とは、トヨタの認定検査員が行う車両点検後の車の状態を示す証明書を指します。特に安全面に配慮した点検をしてもらえるので、購入後も安心して運転ができます。

ロングラン保証は、トヨタ認定中古車であればメーカー・年式を問わず1年間の無料保証が受けられるものです。走行距離無制限、車の年式問わず保証ができるということは、それだけ認定中古車が安全な証拠でもあります。

C-HR まとめ

2016年に発売開始したC-HRは、中古でも安価で購入しづらく、なかなか手が出にくい車でもあります。

しかし現在では、中古車を購入する以外に「サブスク」という便利なサービスを利用できます。月々定額を払うだけで憧れの車に好きなときに乗れると考えれば利用しない手はありません。

自分に適したC-HRのグレード、利用方法を選び、是非とも楽しいドライブライフを過ごして下さい。

車のサブスク「KINTO」なら初期費用0円で新型C-HRに乗れる!

車の購入には初期費用がネックになり、かといって中古車はメンテナンス費用がかかります。できるだけ費用を賢く減らしたい…そんなときの利用にぴったりのサブスク「KINTO」を詳しく説明します。

購入よりも気軽に利用できる車のサブスク

車のサブスクとは?と感じる方も多いかもしれません。KINTOは以前から存在したカーシェアではなく、スマホ世代になじみ深いサブスクを車で利用できるサービスです。

月に決まった額を支払うことで、契約期間中ずっとC-HRを手元に置いておくことができます。しかもKINTOの初期費用フリープランは、月々の定額支払いの中に保険料、車検代、メンテナンス費用がコミコミなので、急な出費に備える必要もありません。

月々の定額を払うのは大丈夫。ただ頭金のような大きな額を準備するのが難しい…。と考えてる方にはピッタリなサービスです!車の購入費用だけではなく、KINTOを利用中は任意保険に自動で入れるので、若い方でも等級の関係で保険代が高くなることもありません。

まだ若くて貯金を始めたばかり、最近ほかのことでお金を使ってまとまった額を準備するのが難しい。こんな場合は、金銭面でのハードルが低いKINTOの利用を検討してみてください。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube