トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ ライズで車中泊できるのは2人?車中泊グッズも紹介!

トヨタ ライズで車中泊できるのは2人?車中泊グッズも紹介!

トヨタ ライズを検討している方の中には、車中泊ができるか気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は、ライズで車中泊ができるか、何名までなら車中泊が可能かなどを解説します。また、用意しておくと便利なアイテムについても紹介していますので、ライズでの車中泊を考えている方は参考にしてみてください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ライズで車中泊できる?

ライズ(荷物積載イメージ)

ライズで車中泊はできるのでしょうか。まず、室内の寸法と荷室の寸法から車中泊ができるか考えてみましょう。

ライズの室内寸法は次のとおりです。

ライズの室内寸法

室内長(mm)

1,955

室内幅(mm)

1,420

室内高(mm)

1,250

ライズの室内は、高さがあるため窮屈な印象を受けにくいでしょう。また、フロントシートをリクライニングするとほぼフラットな状態になるため、フロントシートで休むことも可能です。

ただし、背もたれと座面に段差ができたり、足を伸ばせる機能が装備されていなかったりするため、フロントシートで休むときはタオルやクッションを使って段差を少なくしたり、箱型の荷物などを使って足元のスペースを埋めてフラットな状態に近づけたりすると、より休みやすくなるでしょう。

ライズ(荷室寸法)

続いて、ライズの荷室寸法は次のとおりです。

ライズの荷室寸法

5名乗車時の荷室長(mm)

755

2名乗車(リヤシート前倒し)時の荷室長(mm)

1,710

荷室幅(mm)

最小:1,000、最大:1,240

荷室高(mm)

デッキボード下段:865、上段:740

ライズの荷室は、リヤシートを使用した場合、荷物を載せるスペース分の広さしか確保できないため、車中泊として使うのは難しいでしょう。

ただし、リヤシートを前倒しすると長いラゲージスペースを作り出すことができ、車中泊ができるようになるといえます。

ではここから具体的に見ていきましょう。

ラゲージは身長170cm前後なら2人が就寝可能

ライズ(荷室イメージ)

荷室を活用して車中泊する場合には、リヤシートを前倒し、スペースを作り出す必要があります。リヤシートを前に倒して、デッキボードを上段にすると、ほぼフラットになり、最大で長さ1,710mmスペースを作り出すことができるため、横になって休むことも可能です。

ただし、リヤシートを前倒しした状態の荷室長が1,710mmとなっていることと、室内の幅がタイヤハウスの出っ張りによって最小1,000mmとなっていることから、車中泊できる人の身長や人数が限られています。ライズの場合、身長170cm前後の人で2名までとなるでしょう。

もし、身長170cm以上の人がライズで車中泊する場合には、フロントシートをアレンジして、足元スペースや段差を少なくして休むこととなります。なお、フロントシートをリクライニングさせて、足元スペースを埋めた場合、身長175cm前後の人であれば車中泊することが可能です。

積荷に合わせて有効活用できる広い荷室

車中泊をする際に悩むことのひとつに荷物の置き場があります。ライズの場合、足元や座席だけでなく、荷室のデッキボード下に荷物を収納することができるため、車中泊のときにも荷物の置き場に困ることが少なくなるでしょう。

ライズのデッキボード下収納の容量は次のとおりです。

ライズのデッキボード下収納の容量

 

2WD車

4WD車

ハイブリッド2WD車

デッキボード上段(L)

145

104

81

デッキボード下段(L)

80

38

17

荷室を活用して車中泊する場合には、段差を少なくするためにデッキボードを上段にすることから、81〜145Lのデッキボード下収納を活用できます。

AC100V・1500Wの給電機能(ハイブリッド車にメーカーオプション)

ライズ(アクセサリーコンセント)

ライズのハイブリッド車には、メーカーオプションとして荷室のアクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)が用意されています。 

アクセサリーコンセントは、災害による非常時や車中泊など、電力が必要なときに車両の走行機能を停止した状態で、AC100Vで消費電力の合計が1,500W以下の電気製品を使用できる非常時給電システムです。

なお、非常時給電システムの使用時は、駆動用バッテリーの残量減少により、自動でエンジンが始動する仕組みとなっています。エンジンを始動させたままにしておくと、アイドリングストップ条例にふれる可能性があるため、非常時給電システムはバッテリー残量が十分にある状態で適切に使用しましょう。

車中泊おすすめアクセサリー

車中泊には、様々な用品やアイテムが必要です。ライズの純正アクセサリーには、車中泊におすすめの装備がいくつもあります。ここからは、車中泊におすすめの純正アクセサリーを4つ紹介します。

サンシェード

ライズのサンシェード

サンシェードは、フロントガラスから入る日光や街灯の光を遮断する効果があるだけでなく、覗き見防止にも役立つアイテムです。ライズのオプションに用意されているサンシェードは、ライズ専用設計となっているだけでなく、使用しない時にコンパクトに収納できるため、常時クルマに載せておくことができます。

プライバシーシェード

ライズのプライバシーシェード(フロント)
ライズのプライバシーシェード(リヤ)

プライバシーシェードは、車内の覗きを防止するアイテムです。ライズ純正のプライバシーシェードは、フロントがウインドシールドとフロントドア、リヤがリヤドアとリヤクォーターとバックドアのセットとなっています。車中泊や仮眠、着替えなどをする際に外からの視線を遮ることができる便利なアイテムです。

サイドバイザー

ライズのサンバイザー

サイドバイザーは、雨天時の室内換気に役立つアイテムです。純正アクセサリーとして用意されているサイドバイザーは、高速走行時の風切り音を配慮したアクリル製バイザーとなっています。

ラゲージルームランプ

ライズのラゲージルームランプ

ラゲージルームランプは、ラゲージルームの左右に装着する小型LEDランプです。ラゲージルーム内を広範囲に明るく照らすため、周囲が暗いときに役立ちます。

その他の車中泊おすすめグッズ

ここからは、車中泊をする際に用意しておきたいおすすめアイテムを3つのカテゴリーに分けて紹介します。

➀「TZ 緊急セットC」(トヨタ純正)

TZ 緊急セットC

「TZ 緊急セットC」は、災害時に役立つアイテムが多数揃っている防災士監修のセットです。防水仕様のリュックは、水を入れたら給水袋に、空気を入れたら枕としても使用することが可能です(完全密封ではないため、空気が漏れる場合があります)。

セット内容(計19アイテム)は次のとおりです。

  1. LEDランタン
  2. 着圧ソックス
  3. フロント3面カーテン
  4. ウインドウ防虫ネット(2枚)
  5. 防水リュック(容量20L)
  6. ホイッスル
  7. 防災BOOK
  8. 携帯トイレ(3枚)
  9. エアマット
  10. ウェットティッシュ
  11. レインコート
  12. パーソナルメモ
  13. レジャーシート(L180×W180cm)
  14. マスク(3枚)
  15. 耳せん
  16. 目隠しポンチョ
  17. レスキューシート
  18. 軍手
  19. ネックピロー 

これらのアイテムは、災害時だけでなく車中泊のときも役立ちます。

②車中で過ごすときにあると便利なプライバシー保護アイテム

車中泊では、外からクルマの中を覗かれてしまう可能性があります。車内を覗かれると車上荒らしや盗難の被害に遭ってしまう可能性もあるため、覗き防止をしっかりしておかなければなりません。

車中泊に出かけるとき、すぐに用意できるプライバシー保護アイテムは次のとおりです。

  • バスタオル…タオルとして使うことができるだけでなく、窓を覆うことでプライバシーを保護することができる
  • レジャーシート…外で飲食するときだけでなく、バックドアや窓に取り付ければ覗き防止になる

③電源関連グッズ

車中泊をする際は、電源が必要になることが多いです。そのため、ポータブル電源や使用機器を充電するケーブルなどを用意しておくことをおすすめします。なお、ポータブル電源やモバイルバッテリーなどの電池は高温になる車内に置いておくと思わぬ事故になる可能性があるため、車内に持ち込む際は十分に注意してください。

ライズと車中泊:まとめ

ライズ(ハイブリッド)

ライズで車中泊をしようと考えているときは、シートアレンジした際に横になれるか、必要な荷物を載せられるかなどを確認しておくことが重要です。 

また、車中泊をするためにライズを所有するのであればハイブリッド車がおすすめです。ハイブリッド車にメーカーオプション設定されているアクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)は、アウトドアやキャンプだけでなく、災害時にも心強い味方となるでしょう

ライズに乗って車中泊に出かけようと考えているものの、車にかかる費用のことが心配なときは、月々定額で車に乗れるサブスクリプションサービスがおすすめです。KINTOなら、車中泊におすすめなライズのハイブリッド車もラインアップしています。

ライズで車中泊に出かけるなら、車のサブスク「KINTO」の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

では最後に、KINTOについて紹介します。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

≪KINTO ONE中古車≫

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube