トヨタ車&レクサス車解説

トヨタGR86が一部改良!MT車にも搭載されたアイサイトとは?

トヨタGR86が一部改良!MT車にも搭載されたアイサイトとは?

2023年9月22日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、GR86の一部改良モデルの注文受け付けを開始し、11月1日より販売開始すると発表しました。今回の改良では、運転支援システム、「アイサイトコアテクノロジー」、いわゆる「アイサイト」をMT車に標準設定したことが大きなトピックです。
 
そこで本記事では、GR86の一部改良の内容のほか、アイサイトの機能について紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

GR86は一部改良でどこが変わった?

GR86(特別仕様車RZ"40th Anniversary Limited")

2023年9月22日に発表されたGR86の一部改良では、機能・安全性能や走行性能が向上しています。また、AE86生誕40周年を記念した特別仕様車を期間・台数(200台)限定で販売します。 

機能・安全装備では、MT車に運転支援システム「アイサイト」が標準設定となったことが大きなトピックです。

また、ステアリングにハンズフリースイッチを標準装備し、走行中のハンズフリー通話に対応。さらに、ブラインドスポットモニター(SZグレードは追加オプション設定、RZグレードは標準装備)、VSC(Vehicle Stability Control:横滑り制御機能)制御最適化によってコーナリング時の走行安定性・安全性能の向上が図られています。

走行性能では、brembo製ベンチレーテッドディスクブレーキ、SACHS(ZF)アブソーバーをSZグレード以上にオプション設定したほか、電子スロットルの出力特性の変更によりコントロール性を向上させたことがポイントです。

また、GR86の祖であるAE86生誕40周年を記念し、GR86 特別仕様車 RZ"40th Anniversary Limited"を期間・台数限定で販売します 

RZグレードをベースにした特別仕様車のエクステリアは、外板色をスパークレッドまたはクリスタルホワイトパールに限定。AE86の赤×黒・白×黒のツートーンを想起させる専用デカールを施しています。

インテリアは、AE86のヒストリーを感じさせる専用ロゴ・加飾を多数特別装備。さらに、今回の改良によりオプション設定されるbrembo製ベンチレーテッドディスクブレーキ、SACHS(ZF)アブソーバーも特別装備しています。

GR86 特別仕様車 RZ"40th Anniversary Limited"は、全国のGR Garageを通じて、9月25日から10月9日までの期間限定で商談予約の抽選受付を行い、10月25日より商談を開始し、2024年2月頃から200台限定での販売を予定しています。

運転支援システム「アイサイト」とは?

運転支援システム「アイサイト」

ではここから今回の改良の目玉ともいえる「アイサイト」について紹介していきます。 

運転支援システムの「アイサイト」は、ステレオカメラによって認識と制御をする運転支援システムです。カメラは常に前方を監視し、人の「目」と同じように距離を測ることが可能で、車や歩行者、白線などを識別できるほか、広い視野角と視認距離、カラー画像によるブレーキランプの認識など、高い認識性能を持っています。その情報と走行状況をもとに、「頭脳」にあたるソフトウェアが必要な制御を判断し、状況に合わせて車の各ユニットを「手足」のように適切に制御します。

なお、GR86に搭載されるアイサイトは、スポーツカー特有の低い車高に合わせた専用設計となっています。

一方、アイサイトは、ドライバーの判断を補助し、事故の被害や運転負荷の軽減を目的としていますが、わき見運転やぼんやり運転など、ドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候の際の視界不良の状況での運転を支援する装置ではなく、あらゆる状況での衝突を回避するものでもありません。このため、アイサイトだけに頼った運転はやめましょう。

では、GR86に搭載されるアイサイトの機能について詳しく見ていきましょう。

ブレーキ制御で衝突回避をサポートする「プリクラッシュブレーキ」[AT車/MT車に標準装備]

プリクラッシュブレーキ作動イメージ

まずひとつめのプリクラッシュブレーキは、前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意喚起し、ブレーキによる回避操作があった場合は強い制動力を速やかに発生させる機能です。

もし、ドライバーによる回避操作がない場合は、ブレーキ制御がされて自動的に減速または停止します。

なお、プリクラッシュブレーキは、前方車両との速度差が約50km/h以下の場合に衝突回避または被害を軽減するサポート機能です。

前の車を追随し快適な高速巡航や渋滞時走行を実現する「クルーズコントロール」

クルーズコントロール作動イメージ

クルーズコントロールは、前の車を追随し快適な高速巡航や渋滞時走行を実現するサポート機能です。GR86では、AT車に「全車速追従機能付クルーズコントロール」、MT車に「追従機能付クルーズコントロール」が標準装備されます。

全車速追従機能付クルーズコントロール[AT車に標準装備]

AT車に標準装備される「全車速追従機能付クルーズコントロール」は、高速道路や自動車専用道路において、0km/h~約120km/hの幅広い車速域で定速または先行車に追従走行する機能です。高速巡航からノロノロ運転が続く渋滞時まで、アクセルとブレーキ操作のわずらわしさを軽減します。

追従機能付クルーズコントロール[MT車に標準装備]

MT車に標準装備される「追従機能付クルーズコントロール」は、高速道路や自動車専用道路で、30km/h以上で走行中に先行車に追従する機能です。25km/hを下回ると自動で解除されます。

うっかりを注意する「警報&お知らせ機能」[AT車/MT車に標準装備]

アイサイト作動イメージ

AT車とMT車の両方に標準装備される「警報&お知らせ機能」は、自車のふらつき(高速走行時・約60km/h以上)や車線逸脱(約40km/h以上)を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意する機能です。また、先行車の発進を音と表示でお知らせします。

誤操作による急な飛び出しを防止する「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」[AT車に標準装備]

AT誤発進抑制制御とAT誤後進抑制制御イメージ

AT車に標準装備される「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」は、駐車スペースから出る時など、シフトレバーの入れ間違いやペダルの踏み間違いによる急な飛び出しを抑制する機能です。

また、発進時だけでなく後進時にも対応しており、後退時の制限速度を設定できる「後退速度リミッター」も備えています

なお、「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」は、ステレオカメラを使用した制御ではありません。また、後方障害物の有無は制御に関係しません。

バックの時の衝突回避をサポート

後退時衝突回避サポート

バック時の衝突回避サポート機能には、「後退時ブレーキアシスト」と「クリアランスソナー(リヤ)」があります。それぞれの機能の詳細は次のとおりです。

後退時ブレーキアシスト[AT車に標準装備]

AT車に標準装備される「後退時ブレーキアシスト」は、後退時に衝突する可能性がある場合に、段階的に注意喚起し、回避操作がない場合にエンジン出力とブレーキを制御して衝突回避をサポートする機能です。なお、MT車には装備されません。

クリアランスソナー(リヤ)[AT車/MT車に標準装備]

AT車とMT車の両方に標準装備される「クリアランスソナー(リヤ)」は、後退時に車両後方の障害物を検知し、ブザーとディスプレイ表示でお知らせする機能です。

まとめ

GR86(特別仕様車RZ"40th Anniversary Limited")

一部改良後のGR86は、それまでAT車に搭載されてきた運転支援システム「アイサイト」をMT車にも搭載することで、ブレーキ制御で衝突回避をサポートする「プリクラッシュブレーキ」など安全装備を取り入れました。また、AT車には「全車速追従機能付クルーズコントロール」が標準装備されているのに対し、MT車には、高速道路や自動車専用道路で、30km/h以上で走行中に先行車に追従する「追従機能付クルーズコントロール」を新たに標準装備しました。

スポーツドライビングを気軽に楽しめるGR86は、KINTOでも選ぶことができます(取り扱いはMT車のみ)。

車を操る楽しさを定額で体験したいならKINTOでGR86を契約してみてはいかがでしょうか。

GR86のKINTOの見積もりシミュレーションはこちら。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」最短1ヶ月納車!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube