トヨタ車&レクサス車解説

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”とAdventureの違い

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”とAdventureの違い

RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD)」です。SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザインに加え、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。

2022年10月にRAV4が一部改良されるとともにプラグインハイブリッドシステム搭載車のZグレードが設定され、Adventureグレードに特別仕様車 Adventure“OFFROAD package Ⅱ”が設定されました。 
 
本記事では特別仕様車 Adventure“OFFROAD package Ⅱ”の装備にフォーカスしてレビューするとともに、RAV4の一部改良による装備の変更点についてもお伝えしていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

RAV4 アドベンチャー “OFFROAD package Ⅱ”(特別仕様車)とは?

RAV4は力強いデザインとオンロード・オフロード両方の走行性能を格段に向上させたSUVです。新4WDシステムによる優れた走行性能のほか、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しており、街乗りからアウトドアまで安全かつ快適なドライブが楽しめます。
 
ガソリン車のグレードは、エントリーモデルの「X」、上級グレードの「G」、「Adventure」、「G“Z package”」を用意。ハイブリッド車には「X」、「G」、「Adventure」に加えて、今回新たにプラグインハイブリッドシステム搭載車「Z」が登場。またガソリン車とハイブリッド車に「Adventure“OFFROAD package Ⅱ”(アドベンチャー オフロードパッケージⅡ)」が登場しました。
 
今回発売された「RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”」は、RAV4の「Adventureグレード」がベースです。オフロード走行の快適性やデザイン性を重視し、塗装や合成皮革シートなどが特別仕様となっています。

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”の外観・装備

「RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”」は外板色に「アティチュードブラックマイカ×アーバンカーキ」など専用のツートーンを2色設定し、オフロード感が強いデザインを実現しました。
 
またツートーン車のフロントバンパーやドアミラーには、艶を抑えた質感の「GORI GORI BLACK塗装」を採用。「RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”」のイメージに合うように塗装を塗り重ねて作り出し、凸凹のある艶を抑えた質感とデザイン性の強いカラーに仕上がっています。

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”の内装・装備

※特別仕様車 Adventure“OFFROAD package Ⅱ”(ハイブリッド車)(内装:ブラック)

内装色はブラックを基調としたクールなデザインです。さらにアクセントとして、鮮やかな赤色を随所に取り入れています。配色のブラックとレッドのカラーは“OFFROAD package” 専用配色で特別感を感じられます。
※特別仕様車 Adventure“OFFROAD package Ⅱ”(ハイブリッド車)(内装 : ブラック)

シートは高級感のある“OFFROAD package” 専用合成皮革シートです。座面と背もたれにはパーフォレーションを採用しているため、長時間の乗車でも快適なドライブを楽しめます。

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”とRAV4 Adventureの価格・装備比較

Adventure(ハイブリッド車)(アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー)

まずは価格の比較からしていきましょう。「RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”」はガソリン車とハイブリッド車(E-Four)があり、4WDのみの展開となっています。価格(税込)はガソリン車が388万4,000円、ハイブリッド車(E-Four)は450万3,000円です。
 
ベース車両となる「RAV4 Adventure」も4WDのみの展開で、ガソリン車とハイブリッド車(E-Four)があります。ガソリン車は368万4,000円、ハイブリッド車(E-Four)は430万3,000円です。
 
装備の違いは内外装の配色やデザインを始め、シートの表皮・ホイールデザインなどに違いが見られます。また最低地上高がRAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”の方が10cm高い仕様に変更されています。

 

特別仕様車:RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”

ベース車両:RAV4 Adventure

インパネ、シート

シート表皮:“OFFROAD package”専用合成皮革(パーフォレーション付)+レッドステッチ

シート表皮:専用合成皮革(パーフォレーション付)

ホイール

225/60R18オールテレインタイヤ&18×7Jアルミホイール(マット調ブラック塗装)

235/55R19タイヤ&19×7 1/2Jアルミホイール(マットグレー塗装)+ホイールナット(ブラック)

外装 フロント

専用フロントグリル+専用フロントバンパー(GORI GORI BLACK塗装[ツートーン車※モノトーン車はボディカラーと同色となります。])/Adventure専用大型フロントスキッドプレート(GORI GORI BLACK塗装)/3灯式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ[DRL]/アウトサイドドアハンドル(カラード)

専用フロントグリル+専用フロントバンパー/LEDフロントフォグランプ/専用大型フロントスキッドプレート(専用シルバー塗装)/3灯式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ[DRL]/アウトサイドドアハンドル(カラード)

 リヤ

リヤスキッドプレート(GORI GORI BLACK塗装)/バックドアガーニッシュ(マット調ブラック塗装)[ツートーン車※モノトーン車はボディカラーと同色となります。]/車名プレート&“OFFROAD package”専用リヤマーク

専用大型リヤスキッドプレート(専用シルバー塗装)/バックドアガーニッシュ(カラード)/車名プレート&グレードマーク(マットブラック)

最低地上高(社内測定値) mm

210

200

RAV4の一部改良による装備の変更点

※デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)(デジタルミラーモード)

今回はRAV4の仕様を改良した点も見られます。具体的な変更内容は「RAV4 PHVをRAV4のZグレードとして設定」したほか、「Toyota Safety Senseの機能拡大」など安全装備もより充実しました。
 
さらに「コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオ(10.5インチの大画面ディスプレイ」「クルマがWi-Fiスポットになる車内Wi-Fi(※T-Connectサービスの有料オプション)」「デジタルインナーミラーの録画機能」「ナノイーXの標準装備」が追加されています。

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”(特別仕様車)まとめ

RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”(特別仕様車)の装備や価格とともに、RAV4を一部改良した変更点についてお伝えしました。SUVならではのカッコよさとオフロード感を感じられる装備が充実しています。
 
街乗りにもアウトドアにも人気の高いRAV4ですが、RAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”(特別仕様車)の登場でさらなる人気を集めそうです。
 
最後に、購入以外にもRAV4 Adventure “OFFROAD package Ⅱ”(特別仕様車)の新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」最短1ヶ月納車!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

≪KINTO ONE中古車≫

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube