About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

レクサスNXをレビュー!プレミアムなミドルサイズSUVに迫る

レクサスNXをレビュー!プレミアムなミドルサイズSUVに迫る

トヨタの高級車ブランド、レクサスの売れ筋SUV「NX」。レクサスとしては比較的手の届きやすい価格帯で販売されていることや、あらゆるシーンに対応できるサイズ感で人気を集めています。

今回はパワートレインや安全装備など、マイナーチェンジで熟成されてきたレクサスNXの魅力をみていきます。

※本記事は2014年から2021年まで販売された初代レクサスNXに関する内容を含みます。最新モデルのレクサスNXに関しては以下の関連記事をご参照ください。

<この記事の目次>

  1. 高級感あふれるプレミアムSUV レクサスNX
  2. レクサスNXの走りを支える2つのパワートレイン
  3. 気になるハイブリッドの燃費性能は?
  4. 安全装備として「Lexus Safety System +」を全車標準装備
  5. レクサスNXのインテリアデザイン
  6. レクサスNXのグレードと価格帯
  7. レクサスNXレビューのまとめ

高級感あふれるプレミアムSUV レクサスNX

コンパクトクロスオーバーSUVのレクサスNX

NXはレクサスのエントリーSUVとして、2014年に登場しました。レクサスがラインアップしているSUVの中ではコンパクトな部類に入りますが、その優雅なエクステリアと気品のあるインテリアは、ワンクラス上のSUVと比較しても一切見劣りしません。

現在はさらにコンパクトな「UX」がエントリーSUVの役割を担っており、NXは兄貴分のRXと同様、ミドルサイズSUVとしてのポジションを確立しています。

車名のNXは「Nimble (軽快)」「X (クロスオーバー)」を意味していて、オンロードでの走行性能を重視しています。高級車ならではの上質感と、スポーツSUVというキャラクターがもたらす走りの楽しさを満喫できるクロスオーバーSUVです。

レクサスNXの走りを支える2つのパワートレイン

レクサスNXの走りを支える2つのパワートレイン

NXには「NX300h」と「NX300」と呼ばれるモデルが設定されています。「NX300h」は2.5L直列4気筒エンジン+モーターによって駆動するハイブリッドモデルです。システム最高出力は152ps(馬力)に達し、必要十分な動力性能を有しています。

また「NX300h」のAWD車はフロントモーターに加えて、独立駆動するリヤモーターを採用。リヤモーターは単体でも最高出力68ps(馬力)、最大トルク139Nmと優れた数値を実現し、快適かつ安全に走行できます。

「NX300」は2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載したガソリンモデルです。モーターアシストこそ備わっていないものの、最高出力238ps(馬力)、最大トルク350Nmと、ワンクラス上のSUVと比較しても遜色ない動力性能を実現しました。

気になるハイブリッドの燃費性能は?

「NX300h」は高い動力性能と優れた燃費性能を両立しています。2WD車の燃費性能は16.4~17.8km/L (WLTCモード)と、コンパクトとはいえ車両重量が大きなSUVとしては高水準です。

AWD車も全グレード15.8km/L (WLTCモード)を達成しました。AWD車は一般的に、エネルギーロスが大きい分2WD車よりも燃費性能が低い傾向にありますが、「NX300h」のAWD車は2WD車とさほど変わりない数値となっています。

ガソリンモデルである「NX300」の燃費性能は11.2~12.6km/L (WLTCモード)。やはりハイブリッドモデルの「NX300h」の燃費性能は圧倒的といえます。

安全装備として「Lexus Safety System +」を全車標準装備

NXは2017年に実施されたマイナーチェンジで、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を全車に標準装備し、安全性能が大きく向上しました。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーントレーシングアシスト
  • オートマチックハイビーム
  • アダプティブハイビームシステム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • ロードサインアシスト
  • 先行車発進告知機能

「Lexus Safety System +」には、全7種類の安全機能が含まれています。オートマチックハイビームおよびアダプティブハイビームシステムについては、グレードによって装備内容が異なっているので注意しましょう。

また、最近話題となっているペダルの踏み間違い事故を防止する「パーキングサポートブレーキ(静止物)」が標準装備されているのも注目です。前後のソナーが障害物を検知して、発進時にエンジン出力を抑制、さらに近づこうとすると自動ブレーキをかけてくれる優れものです。

レクサスNXのインテリアデザイン

レクサスNX300h “version L” (インテリアカラー : リッチクリーム) <オプション装着車>の内装

※レクサスNX300h “version L” (インテリアカラー : リッチクリーム) <オプション装着車>

NXの大きな魅力のひとつであるインテリアデザイン。NXのインテリアは金属パーツを多用することで、重厚感のある雰囲気に仕上がっています。立体感のあるインストルメントパネルはNX特有のもので、センターに配置されたアナログクロックがエレガントさを演出します。

インパネ上部のナビゲーションディスプレイは10.3インチと、視認性に優れるワイドサイズを採用しました。インテリア素材の手触りはもちろんのこと、スイッチ類の感触に至るまで、インテリアすべてがプレミアムな雰囲気を醸し出しています。

レクサスNX300h “version L” (インテリアカラー : リッチクリーム) <オプション装着車>のシート

※レクサスNX300h “version L” (インテリアカラー : リッチクリーム) <オプション装着車>

シート素材はグレードによって違いがありますが、ベースグレードを除くすべてのグレードで合成皮革もしくは本革を採用。合成皮革はLtexシートと呼ばれるレクサス独自の素材で、本革と同等に感じる風合いと手触りを実現しています。

レクサスNXのグレードと価格帯

※本記事は2014年から2021年まで販売された初代レクサスNXに関する内容を含みます。最新モデルのレクサスNXのグレードと価格に関してはレクサスNX公式サイトでご確認ください。

レクサスNXレビューのまとめ

レクサスNXレビュー

内外装の質感に加えて、走りの質感までも高いレベルを実現しているNX。マイナーチェンジや一部改良によって熟成も進み、安心して乗れるSUVに仕上がっています。絶妙に考え抜かれたサイズ感で、ファミリーカーとしても打ってつけです。

なお、月々定額で新車に乗れるサブスクリプションサービス「KINTO」では、レクサスの複数車種をラインアップしています(一部取り扱いのない車種がある場合もございます。最新の取り扱い車種情報はこちら)。

KINTOでは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額、車の維持にかかる諸手続きが簡略化されるメリットもあります。「KINTO for LEXUS」の利用者なら、レクサスオーナー向け限定の「レクサスケアメンテナンスプログラム」などのオーナー特典を受けられるのも安心です。

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube