About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ「RAV4」をレビュー!クロスオーバーSUV人気の元祖

トヨタ「RAV4」をレビュー!クロスオーバーSUV人気の元祖

1994年に登場し、それまでの「悪路を走るための無骨なクルマ」というイメージだったSUVの概念を覆し、「コンパクト・クロスオーバーSUV」の元祖としてセンセーションを巻き起こしたのが初代トヨタRAV4でした。トヨタはフルリニューアルした新型RAV4を2019年に発売、国内市場では約3年ぶりの復活となりました。

新型RAV4は、オンロードの街乗りでもオフロードのポテンシャルを感じさせるパワフルな走りと、最新のテクノロジーの粋を集めた安全性と乗りやすさを追求したパッケージで、数多くのユーザーから支持されています。

本記事では、従来の力強い走りに加え、燃費性能や安全機能が向上した新型RAV4をレビューします。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 2019年4月発売のトヨタ新型SUV「RAV4」
  2. RAV4はオフロードでのタフさも備えたクロスオーバーSUV
  3. RAV4の優れた燃費性能
  4. 安全面は「Toyota Safety Sense」を標準装備
  5. 新型RAV4のインテリアデザイン
  6. 新型RAV4のグレードと価格帯
  7. 新型RAV4のレビューまとめ

2019年4月発売のトヨタ新型SUV「RAV4」

RAV4 G、HYBRID X、Adventure

※左からG、HYBRID X、Adventure

2019年4月、3年ぶりに日本市場に復活した5代目・RAV4。その登場は1994年、今から約四半世紀前に遡ります。

当時のSUVでは珍しかったモノコックボディを採用し、乗用車的な乗りやすさを備えて登場したRAV4は、SUVの主流だったラダーフレームに引けを取らないボディ剛性と走りで、トヨタの技術力を世界中に知らしめました。

5代目となる新型RAV4は、当初の月販3000台の予定に対し、発売初月で2万4000台を受注。予定の8倍もの売れ行きと大ヒットを記録しました。

専門家の評価も高く、自動車ジャーナリストが選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」で最高得票数を獲得し、見事グランプリを受賞しています。

RAV4はオフロードでのタフさも備えたクロスオーバーSUV

RAV4 Adventure

※Adventure

RAV4は、過酷な路面を走破するオフロード向けの性能と、日常生活の足としてのオンロードでの快適性を兼ね備えた「クロスオーバーSUV」として生まれました。異なるジャンルのいいとこ取りを実現したRAV4のコンセプトはユーザーから圧倒的な支持を受け、街乗りと悪路走破の両面をクリアするクロスオーバーは、現代のSUVの設計思想として定着しました。

カローラのプラットフォームで生産されていたかつてのRAV4と異なり、新型RAV4はカムリと同じトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用しています。

特筆すべき機能は、2Lガソリン車の上位グレード「Adventure」と「G”Z package”」に用意された世界初の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」。走行状況に応じて、前後トルク配分と後輪トルクを左右それぞれで制御することで、思った通りの安定したコーナリングができる「トルクベクタリング機構」と、四輪駆動が必要ない時には二輪駆動に切り替えて燃費を向上する「ディスコネクト機構」を同時に採用しているのが大きな特徴です。

特にトルクベクタリング機構によって、ステアリングを切り始めた瞬間から前後輪に最適なトルクを自動的に配分してくれるので、エンジンのパワーを余すところなく路面に伝え、シーンを選ばず力強く思いのままの走りを実現しています。

RAV4の優れた燃費性能

RAV4の優れた燃費性能

新型RAV4のパワーユニットはガソリンとハイブリッドの2種類。

ガソリン車は2L直列4気筒ダイナミックフォースエンジンで、最高出力171ps、最大トルク207Nm。ハイブリッド車は2.5L直列4気筒ダイナミックフォースエンジンで、低燃費とパワフルさを両立しています。ガソリン車の燃費はWLTCモード15.2km/L~15.8km/L、ハイブリッド車の燃費はWLTCモード20.3km/L~21.4km/L。

走行時はシフトレバー付近にあるボタンを操作することで、走行モードの変更が可能。燃費を節約する「ECO」、軽快な走りを見せる「SPORT」、3種類の走行モードが切り替えられる点もユニークな特徴です。ハイブリッド車は追加で悪路を走破する「TRAIL」も選べます。

安全面は「Toyota Safety Sense」を標準装備

アクティブな走りに安心感を与える最新の安全性能も新型RAV4の魅力の1つです。新型RAV4は、トヨタが研究を重ねた先進安全支援機能「Toyota Safety Sense」を全車標準装備

衝突回避をアシストする「プリクラッシュセーフティ」、高速走行時のふらつきを抑える「レーントレーシングアシスト」、標識の見逃しを防ぐ「ロードサインアシスト」など、最先端の先進安全技術が、RAV4には標準装備されています。

また前後4つのセンサーと2つのカメラを搭載し、駐車時のアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」など、走行時から停車時まで様々なシーンでドライバーの安心と安全をアシストします。

新型RAV4の内装

新型RAV4のインテリアデザイン

※Adventure(内装色:オーキッドブラウン)

新型RAV4は、SUVらしい力強さと街乗りにも似合う洗練された外観が魅力のSUVですが、内装にもスポーティーなこだわりが込められています。

大柄なユーザーが多い北米市場で人気を誇るだけあって、室内も広々と設計されています。前席はワイド感のあるキャビンで、フロントガラス下部にワイパーを格納しているので、ドライブ時の視野が広く感じられるでしょう。後部座席はリクライニングすることもできるので、広々と快適に過ごすことができます。

また荷室容量も580L(デッキボード上段時は542L)と大容量の空間を確保。この容積はバスタブ約2杯分に相当し、アウトドア需要も高いSUVならではの使い勝手のよさが光ります。

大きな荷物を運ぶ想定のもと設計された荷室内は、床面の高さを2段階で調節することができるので、荷物の大きさや種類によって最適な空間を作ることができます。また裏面が樹脂製なので、反転させれば、雪や泥などで汚れた荷物も気兼ねなく載せられます。

さらに、重い荷物を持ったまま、後部リヤのセンサーに足を近づけるだけで開閉できるハンズフリーパワーバックドア機能(※)も搭載し、些細な点にも使いやすさが追求されたユーティリティーが備わっています。

※G“Z package”/G(ハイブリッド車)に標準装備。Adventureにメーカーオプション

新型RAV4のグレードと価格帯

RAV4のグレード構成は2WDが2種類、4WDが8種類の合計10種類。価格(税込)はエントリーモデル「X(2WD)」の277万4,000円からハイエンドモデルの「HYBRID Adventure(4WD)」の410万6,000円までとなっています。

オフロード志向のグレード「アドベンチャー(Adventure)」はガソリン車のみの設定でしたが、2021年12月、ハイブリッド車(E-Four)のラインアップが加わり「RAV4ハイブリッドアドベンチャー(HYBRID Adventure)」として登場。同時に、RAV4(全車)の一部改良も図られ、RAV4はさらなる進化を遂げました。

最新のグレードや価格については、RAV4公式サイトでご確認ください。

新型RAV4のレビューまとめ

新型RAV4の登場で、SUVのアーバンユーザーはますます増えていくでしょう。一方もともとのSUVは「Sport Utility Vehicle」の略で、自然のもとでアクティブに駆け回ることが目的の車です。

日本のSUVユーザーの多くは乗車時間のほとんどを街乗りに費やしますが、RAV4なら、いざという時、過酷な道でも走破できる。このポテンシャルこそ、SUVに乗るときのワクワクする感情ではないでしょうか。

3年ぶりに日本市場に戻ってきたRAV4は、タフネスを秘めたクロスオーバーSUVとして、人気が続いています。ハンドリングやドライブモードの切り替えでチラリと顔を覗かせるそのタフな走りの一端を、試乗会などでぜひ体験してみてください。

最後に、購入以外にも新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube