トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ ルーミーのサイズは?全長/全幅/全高や室内寸法など

トヨタ ルーミーのサイズは?全長/全幅/全高や室内寸法など

ルーミーは広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトに、2016年11月に発売されました。
 
コンパクトな車体と広い室内が特長で、幅広い世代から人気を集めており、2022年上半期の新車販売台数ランキング(※)では堂々の3位を獲得しました。
※出典:乗用車ブランド通称名別順位 一般社団法人日本自動車販売協会連合会
 
本記事ではルーミーの気になるボディサイズや室内サイズ、荷室サイズを、シエンタとノアで比較し紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

ルーミーのサイズは?

ここからはルーミーの外観や主要サイズ・室内サイズ・ラゲージスペースの広さについてご紹介します。
※カスタムG-T ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ

ルーミーのボディサイズと室内サイズを比較表にまとめました。

グレード

カスタムG-T

カスタムG

G-T

G/X

全長(mm)

3,705

3,700

全幅(mm)

1,670

全高(mm)

1,735

室内長(mm)

2,180

室内幅(mm)

1,480

室内高(mm)

1,355

ホイールベース(mm)

2,490

フロントトレッド(mm)

1,455

1,465

リヤトレッド(mm)

1,465

1,445~1,475

1,475

1,445~1,475

最低地上高(mm)

130

最小回転半径(m)

4.7

4.6

ルーミーのボディサイズは、全長3,700~3,705mm×全幅1,670mm×全高1,735mm。グレードや2WD・4WDによってサイズが異なりますが、全長は大きく変わらないほか、全幅・全高・室内サイズは全グレードで統一されています。

また、最小回転半径は4.6m(14インチタイヤ装着時)と取り回しの良いコンパクトなサイズを維持しつつ、前後乗員間距離は最大1,105mm確保することで、広々とした後席周りを実現しています。

ルーミーの室内サイズは?

※カスタムG-T ブラック <オプション装着車>

ルーミーの室内寸法は、室内長2,180mm×室内幅1,480mm×室内高1,355mm。シートアレンジが豊富です。
※6:4分割可倒式リヤシート

リヤシートは左右別々に最大240mmのスライド可能。荷室側からもシートを倒せるレバーが付いているため、荷物の積み下ろしにも便利です。
 
リヤシートは70度のリクライニングが可能です。フロントシートとリヤシートを倒せば、フロントから荷室までがフルフラットに。車中泊はもちろんのこと、趣味やレジャーにも活躍します。
※ダイブイン機構
 
ルーミーのリヤシートは前方にダイブイン格納ができ、自転車やスノーボード・キャンプ用品などの大きな荷物も入れることも可能です。

ルーミーの荷室(ラゲージスペース)のサイズは?

※バックドア開口幅&荷室フロア高
 
ルーミーのラゲージスペースは1,077mmの広い開口部です。荷室フロアまでの高さは527mmと低いため、重い荷物を大きく持ち上げなくても積み込みができます。
※多機能デッキボード(防汚シート付)
 
ラゲージスペースには便利な「多機能デッキボード」が付いています。ボードは倒したり跳ね上げたりと、用途によってアレンジして使えます。
 
汚れた荷物や濡れた荷物を乗せるときには、多機能ボードの防汚シートが便利です。リヤシートを格納してボード裏面にある防汚シートを広げれば、室内を汚すことなく積み込むことができます。

ルーミーのタイヤ・ホイールサイズは?

ルーミーのタイヤ・ホイールのサイズはグレード別で異なります。全3種類のタイヤをご紹介します。

カスタムG-T

※15インチアルミホイール
 
175/55R15タイヤ&15×5Jアルミホイール(センターオーナメント付)
迫力あるホイールデザインと15インチの大きなサイズが特長です。

カスタムG

※14インチアルミホイール
 
165/65R14タイヤ&14×5Jアルミホイール(センターオーナメント付)
カスタムG-Tのデザインとは異なる個性的なデザイン。タイヤサイズは14インチになります。

G-T/G/X

※14インチ樹脂フルキャップ
 
165/65R14タイヤ&14×5Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)
G-T/G/Xは、スチールホイールに樹脂キャップが付いています。サイズは14インチサイズです。

ルーミー・シエンタ・ノアの大きさを比較

※ノア、シエンタ
 
ルーミーのサイズをトヨタのスライドドア付きミニバン「ノア」と「シエンタ」で比較しました。

車種

ルーミー

ノア

シエンタ

全長(mm)

3,705

4,695

4,260

全幅(mm)

1,670

1,730

1,695

全高(mm)

1,735

1,895~1,925

1,695

室内長(mm)

2,180

2,805

2,030

室内幅(mm)

1,480

1,470

1,530

室内高(mm)

1,355

1,405

1,300

ホイールベース(mm)

2,490

2,850

2,750

フロントトレッド(mm)

1,465

1,500

1,490

リヤトレッド(mm)

1,445~1,475

1,515

1,480

最低地上高(mm)

130

125~140

140

最小回転半径(mm)

4.6

5.5

5.0

※ルーミー カスタムG 定員5名(ガソリン車のみ)、ノア G 定員7名(ガソリン車)、シエンタ G 定員5名(ガソリン車)

ルーミーは全体的にコンパクトなサイズ感ですが、それに比べ室内スペースが広いのがわかります。また最小回転半径も小さいため、小回りがきき道幅が狭い道でも運転しやすいのが特長です。

ルーミーは機械式駐車場に入る?注意点は?

ルーミーを機械式駐車場に入庫する前は、規格サイズや利用可能サイズを確認しましょう。一般的な目安となる機械式駐車場の規格は以下のとおりです。

  • 全長5,000mm未満
  • 全幅1,850mm未満
  • 全高1,550mm未満
  • 重量2,000kg未満


ルーミーの全長は3,700~3,705mm、全幅は1,670mmなので規格の範囲内です。ただし全高が1,735mmのため、機械式駐車場ではサイズオーバーとなってしまう可能性もあります。
 
駐車場のサイズは機械式駐車場によって異なるため、事前に管理会社などに利用可能な車のサイズを確認しましょう。

ルーミーのサイズまとめ

ルーミーはコンパクトなサイズと広い室内が特長です。運転のしやすさはもちろんのこと、豊富なシートアレンジで大きな荷物の積み下ろしがしやすいなどのメリットもあります。

街中から高速道路まで、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を兼ね備えたルーミー。選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

ルーミーを「KINTO」で利用する方法

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・ヤリス クロス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・ヤリス クロス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube