KINTO FACTORY

車の嫌な臭いの消し方 シートやエアコンなどケース別臭いの落とし方と便利グッズを紹介

車の嫌な臭いの消し方 シートやエアコンなどケース別臭いの落とし方と便利グッズを紹介

どんなに気に入って、長年大切に乗っている愛車でも、ほぼ密閉されたハコである以上、車の中は、さまざまな理由で発生してしまった臭いがこもりやすい空間と言えるでしょう。
普段はあまり気にならなくても、特に夏の暖まった車内では、いつもは気にならないに臭いにむっとしたこともあるのではないでしょうか。

また、毎日乗っていれば慣れてしまって気にならない臭いも、たまに乗る人にとってはかなりきつい臭いかもしれません。
こんなこと、ありませんか?
 
・ 友人に車を譲ってもらったけれど、その友人はタバコを吸っていたようで、どうしてもタバコの臭いが気になる。換気をしてみたけれど、なかなか臭いが消えない
・ 子供が車内で嘔吐してしまい、綺麗に掃除したつもりだけど、臭いが残っているようで気になる
・     寒くなってきて久しぶりにエアコンをつけると、むっとする臭いが漂ってきた
 
愛車の臭いの原因は、車内のさまざまな箇所に染み付いてしまったタバコや汗、食べ物や飲み物、またホコリやゴミなど多岐にわたりますが、原因によって対策も異なってきます。
 
車内の臭いは、シートやマットなどに染み付いた臭いと、エアコンの臭いに大別されます。
ここでは、それぞれの臭いの対策例についてみていきましょう。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

染み付いた臭い(タバコ・汗・食べ物や飲み物の臭い)の落とし方

まず臭いの原因のひとつとして挙げられるのは、シートなど、車内のさまざまな箇所に染み付いた臭いです。
染み付いてしまった臭いの落とし方をご紹介します。

※内装(イメージ画像)
※内装(イメージ画像)

お手軽なアイテムの例

とにかく車の臭いが気になる、でもどこから手をつけたらいいか分からない。手軽に対処したいときの定番なのが、専用の消臭スプレーです。各種対策のなかでは比較的安価な対応策ですし、車専用の商品がよく販売されていますので、気軽な日頃からの臭い対策としても有効でしょう。

エステー クルマの消臭力 新車復活消臭剤 ミントの香り 250ml 

ガンコな臭いにはスチームタイプで車内全体を消臭

消臭スプレーではなかなか落ちない、気になるガンコな臭いには、スチームタイプの消臭剤を使ってはいかがでしょうか。
スチーム消臭と呼ばれるこのタイプの消臭剤は、二酸化塩素の力で車内の臭いと戦ってくれます。薬剤拡散システムでミクロの薬剤粒子がすみずみまで広がり、車内の気になる菌や臭いをしっかり除去します。
こちらのタイプは、水を入れて一晩放置するだけ!

アース製薬 クルマのスッキーリ!Sukki-ri! 車まるごと除菌・消臭 [スチームタイプ]

芳香剤や消臭アイテム(空気清浄機やプラズマクラスター)の紹介

少しお値段は張りますが、ポータブル空気除菌脱臭機を車に持ち込んで、除菌と脱臭を任せてしまうのも一案です。

AℓNUV_AirP(アルヌーヴ エア ポータブル)の特徴は、波長265nm深紫外LEDを利用した高い除菌効果と、365nm近紫外LEDと光触媒を搭載した脱臭効果。コンパクトで持ち歩き可能なポータブルタイプのため、クルマでの利用はもちろん、室内の玄関やトイレでの設置も可能です。車載ホルダー付きの商品もあるので、車内で固定して使用することもできます。

スタンレー 空気除菌脱臭機 ポータブル AℓNUV_AirP

こちらは、KINTOが運営する、新しい移動のよろこびを発見できる場所、「モビリティマーケット」でもご紹介しています。

シートカバーのご紹介

これはシートに染み付いた臭いの落とし方ではありませんが、そもそもシートに臭いを染み付かせないよう対策することも、大切でしょう。完全に臭いを防ぐことは難しくても、汗や飲み物などがシートに染み付いてしまう、なんて事態は避けられるので、車につく臭いを軽減してくれるでしょう。
GORDON MILLER コーデュラ フロントシートカバー 耐久撥水加工 

 

こちらのアウトドアスタイルのシートカバーも、「モビリティマーケット」にてご紹介。

エアコンの臭いの落とし方

※エアコン(イメージ画像)
※エアコン(イメージ画像)



シートに染み付いた臭いに続いては、エアコンが原因となる臭いの落とし方をご紹介します。
エアコンの臭いの代表的な原因は、空気を冷却する部品であるエバポレーターにホコリやゴミが付着したり、カビやダニなどが繁殖したりすることと言われています。

エアコン消臭グッズの紹介

エアコンの臭いを悪化させないためには、まずは車内のシートやマットを清潔に保ち、臭いを発生させないことが大切です。
それでも臭いが気になるエアコンには、車内に染み付いた臭い同様、お手軽な対応としてはスプレーがまず考えられます。
こちらはエアコンの送風口にノズルを差し込み、約1秒スプレーするだけで、かんたん消臭&除菌!さらに防カビ効果もプラス。 消臭・除菌成分がエアコン内にただよう悪臭やニオイ菌を分解するだけでなく、プラチナ高密着処方でナノ粒子がとどまり、効果が長期間持続。

オカモト産業(CARALL) 消臭ナノエア エアコンスプレー 無香料

エアコンフィルター交換もアリ!フィルター交換方法の紹介

また、家庭用のエアコンと同様、エバポレーターの他に、エアコンフィルターの汚れも臭いの原因となるばかりか、エアコンの効き方にも大きな影響があります。
カーエアコンのフィルターも消耗品ですので、定期的に交換したいところです。

エアコンフィルターは助手席グローブボックスの奥にありますので、グローブボックスを取り外して交換します。
(トヨタ車であれば、メーカーサイト内に交換方法の記載がありますのでチェックしてみてください。

交換方法は車によって違うので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。トヨタ車の取扱説明書一覧はこちら

それでも取れないガンコな臭いはシート張替えもおすすめ!

※シートとステアリング(イメージ画像)
※シートとステアリング(イメージ画像)

KINTO FACTORYでシート張替え


それでも取れないガンコな臭いや、何年もかけてしみついてしまった臭いには、シート張替えもおすすめです。シートに染み付いた臭いを一掃できます。

ここでは、「シート張替え」を提供しているKINTO FACTORYのサービスをご紹介します。

KINTO FACTORYでは、車のシートをまるごと張替える「シート張替え」を提供しています。シート張替えと聞くと、シートの表面だけの張替えを想像するかもしれませんが、こちらのサービスではシート表皮以外にも、シート内クッションや、ヘッドレストまで交換します。

施工の際には、シートを車体から取り外し、ヘッドレスト・シート表皮・シート内のクッションを取り外し、シートを骨組みだけの状態まで分解。
その後、新品のクッション・シート表皮・ヘッドレストを取り付け、シートを車体に装着します。

シートごと取り換えてしまうサービスは、なかなかないのではないでしょうか?シート表皮以外にも、気になる汚れや臭いの改善も期待できますし、座り心地も新車のようにリフレッシュ!

長年乗ってきた愛車のシートを交換してリフレッシュするにも勿論、買ったばかりの中古車のシートを交換して、購入時に気になった車内の臭いを改善するにもうってつけでしょう。
トヨタ・レクサスの販売店で、純正のパーツに取り換えるので、安心の品質です。KINTO FACTORYでは現在、レクサスNX、レクサスCTで「シート張替え」を提供しています。
対象車種、グレード等の詳細は、KINTO FACTORYのWEBサイトをご覧ください。

※張替後のシート(イメージ画像)
※張替後のシート(イメージ画像)

シート張替えの利用方法や施工場所について解説


<KINTO FACTORYでのシート張替えの流れ>

KINTO FACTORYで「シート張替え」を利用するときは、次の流れで手続きをします。

車種で商品絞り込み
KINTO FACTORYのWebサイトで、車種の指定や対象商品の絞り込みを行います。

  1. ログイン・車両登録
    KINTO IDでログインし、車をサイト上に登録します。

    ※KINTO IDをお持ちでない方は新規登録が必要です。新規ID登録の方法はこちら

    ※KINTO FACTORYのご利用には車検証情報の入力が必要です。車検証情報の入力についてはこちら

  2. オンライン上で適合確認

    車に装備可能なアイテムを自動で照合し、施工可能なものだけを表示します。アイテムを選び、カートに入れて、申し込み手続きを行ってください。

  3. 申し込み受付完了

    1週間目処に希望した販売店から電話やメールで入庫日についての連絡が届きます。

  4. 車の持ち込み

    申し込みの受付完了連絡で確定した施工日に、販売店へ車を持ち込んでください。

    ※対応可能な持ち込み販売店は一覧をご確認ください。

  5. 施工完了・車の受け取り

    施工が完了すると電話もしくはメールで施工完了の連絡が届きます。 持ち込んだ販売店にて車の受け取りをしてください。

≪KINTO FACTORYってなに?サービスの利用方法や施工場所について≫

KINTO FACTORYとは既に購入されユーザーが保有している車の安全装備や便利機能を最新化し、これまで後付けができなかった新車工場装着のメーカーオプションを後付けすることができるサービスです。その他にも「86 REFRESH サービス」のように低年式多走行により経年劣化した機能や、内装をリフレッシュ、リフォームするサービスも展開しています。

トヨタ、レクサス、GRのブランドを展開しており、その全てがトヨタ自動車のメーカー品質で提供されメーカー保証が付帯します(※)。申し込みはKINTO FACTORYのWEBサイトから24時間でき、夜間や販売店の定休日なども申し込みが可能です。WEBサイトでの申し込みし部品手配が完了した後、指定した販売店に車両を持ち込み施工する流れとなります。メーカー純正部品で施工することに加え、レクサス販売店の整備品質で施工できるので安心です。

※車種ごと、商品ごとに保証期間、保証内容が異なります


「KINTO FACTORY」を運営するKINTOはメインの事業がサブスクリプションの提供ですが、「KINTO FACTORY」はKINTOで契約したサブスク車両以外の車も施工可能です。

サービス対象車種はこちらからご確認いただけます。


KINTO FACTORYをご利用いただいたお客様の声も掲載しております。お客様の声はこちら

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube