About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

トヨタのリッターカー「パッソ」の燃費と走り

トヨタのリッターカー「パッソ」の燃費と走り

トヨタ「パッソ」は生活の足として街乗りでの心地よさを追求した、トヨタ最小のコンパクトカーです。

街中では軽快な走りを見せる一方、低燃費を実現。ユーザーが日常で使う範囲内での使いやすさを大切にした設計がパッソの特徴です。

今回はそんなパッソの気になる燃費性能と走りなどについてみていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 大人気のリッターカー「パッソ」
  2. パッソの燃費
  3. パッソの走り
  4. パッソをKINTOで利用する方法
  5. パッソの燃費性能まとめ

大人気のリッターカー「パッソ」

大人気リッターカー!トヨタ「パッソ」

「トヨタ最小プチトヨタ」のキャッチフレーズで初代トヨタ「パッソ」がデビューしたのは2004年。キャッチフレーズ通り、OEMの軽自動車を除けばトヨタで最もコンパクトな車として、3代目となる現行型パッソも独自のポジションを築いています。

トヨタ「パッソ」左:MODA“G package”(2WD) 右: X“L package”(2WD)

トヨタ「パッソ」左:MODA“G package”(2WD) 右: X“L package”(2WD)

パッソではオーソドックスな「X」と丸形ヘッドランプで個性的なフロントフェイスをもつ上級グレードの「MODA」の2タイプの外装が用意されていて、デザインにも主張が感じられます。

コンパクトカーであっても年々ボディサイズが大きくなる傾向にある中、パッソは5ナンバーに余裕で収まる、全長3,650mm(MODAは3,680mm)×全幅1,665mm×全高1,525mmというサイズをキープしています。最小回転半径は4.6m(MODAは15インチタイヤ&アルミホイールを装着した場合は4.7m)と軽自動車並みで、狭い路地が多い都会でも楽に取り回しが可能です。

パッソのシート X 2WD(内装色:グレージュ)

※パッソのシート X 2WD(内装色:グレージュ)

インテリアに目を移すと、前席はベンチシート+インパネシフトの採用で左右どちらからでも乗降可能。小物入れも使いやすい位置に豊富に設置されているなど、細部まで気配りの効いた設計が特徴です。

パッソの燃費

パッソのWLTCモードカタログ燃費は2WDで21.0km/L、4WDで19.0km/Lとなっています。ガソリン車というくくりで見れば低燃費といえるでしょう。

パッソのグレード別カタログ燃費(WLTCモード)は以下の通りです。

グレード2WD4WD
X21.0km/L19.0km/L
X“L package”21.0km/L19.0km/L
MODA21.0km/L19.0km/L
MODA“G package”21.0km/L19.0km/L
特別仕様車 MODA“Charm”21.0km/L19.0km/L

パッソの走り

パッソの静かで安定感のある走り

従来のパッソのエンジンラインアップは1.3Lと1.0Lの二本立てでしたが、現行型ではデビュー当初から1.0Lに一本化されています。

1.0Lの直列3気筒エンジンは、最高出力69ps、最大トルク92Nm。車両重量は2WDで910kg、4WDで960kgと軽量のため、軽快でキビキビとした走りが可能です。またトランスミッションにCVTを採用しており、変速ショックの少ないスムーズな加速が味わえます。

ボディ開孔面積の縮小やパネル発音量の低減、吸・遮音材の最適配置などにより、エンジンノイズ、ロードノイズなどを大幅に低減。走り出しから一般道の走行において優れた静粛性を実現しています。

また2WD車の前後足回りには、コーナリング時のふらつきを抑えるスタビライザーを装備しています。

パッソをKINTOで利用する方法

パッソはリーズナブルな価格設定がされていますが、購入後の維持費も考えればできるだけ初期費用を抑えたい方もいらっしゃるはず。

トヨタではそういった声に応えて、車のサブスク「KINTO」を用意しています。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※トヨタ車が対象(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

パッソの燃費性能まとめ

パッソの燃費は優秀なので、購入後の維持費も低く抑えられるでしょう。新車には乗りたいが初期費用や毎月の支払をできる限り抑えたい方には、低燃費のパッソと「KINTO」との組み合わせもオススメです。

KINTO ONEのパッソをみる

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube