おクルマのご返却時
について

おクルマのご返却の流れと、
原状回復費用についてご説明いたします。

おクルマを
ご返却するまでの流れ

  1. KINTOご利用中

    KINTOご利用中

    KINTOでカーライフをお楽しみください。安全・エコ運転や定期点検によって愛車ポイント(一部対象外車種あり)をためましょう!

  2. 契約満了時

    契約満了時

    お客様にメールにて契約満了日が近づいている旨をご案内いたします。(契約満了日はMy KINTOでもご確認可)販売店より車両持ち込み日の調整をさせていただきます。

    乗り換え時・中途解約時

    乗り換え時・中途解約時

    お客様にて乗り換え時・中途解約が必要となりましたら、My KINTOよりお手続きください。

  3. 満了期日前/乗り換え前・中途解約前

    満了期日前/
    乗り換え前・中途解約前

    おクルマをご返却の際は原状回復をお願いいたします。事故等でおクルマにキズや凹みができてしまった場合は、保険使用等により、お客様で損傷修理を実施の上、ご返却準備をお願いいたします。

  4. おクルマの査定

    おクルマの査定

    担当販売店にお持ち込みいただき、お客様立会いのもと、査定させていただきます。おクルマの状態によっては、原状回復費用が発生する場合がございますのでご注意ください。

  5. おクルマのご返却完了

    おクルマのご返却完了

    おクルマを担当販売店へご返却し、完了となります。

おクルマご返却後の
原状回復費用について

満了・中途解約を問わず、おクルマをご返却の際は、原状回復をお願いしております。原状回復費用は主に、おクルマの状態に関する、査定減点精算(以下A)、及び超過走行距離に基づく精算がございます(以下B)。査定減点精算については、以下、請求が発生しうる事例をご紹介します。尚、ペット乗車・喫煙等の禁止事項に抵触した場合原状回復費用について実費をご請求いたしますのでご注意ください。

  1. A.おクルマの状態による精算
    査定時に認められたおクルマのキズ、凹みなどがある場合にご請求
  2. B.走行距離超過による精算
    基準走行距離(月間1,500kmまで)を超えた場合にご請求

A-1:おクルマ状態による
精算が発生する主な事例

返却車両の状態により、修理・クリーニングが必要な場合、車両価値の低下となる場合など、通常使用の範囲を超える損傷があった場合は規定に基づき、かかる費用をご請求させていただく場合があります。

上記は一例です。査定減点精算に関するガイドラインにて詳細をご確認ださい。

A-2:査定減点請求が
発生しない主な事例

以下の場合は基本的に請求は発生致しません。

  • 1cm程度の凹み
  • 1cm程度のキズ
  • 1cm程度のキズを伴う凹み
  • 修復済のキズ・凹み

B:走行距離超過によるご請求

走行距離が月間1,500kmを超過した場合、超過1kmあたりトヨタ車11円(税込)、レクサス車22円(税込)で計算した金額をお支払いいただきます。

プリウス(トヨタ車)、24ヶ月目で中途解約または乗り換えし、走行距離が40,000kmだった場合
契約走行距離 36,000km
※契約走行距離は1,500km/月×24ヶ月
返却時走行距離 40,000km
超過の走行距離 40,000km-36,000km=4,000km
超過精算額 4,000km超過×11円(税込)/km
=44,000円(税込)
  • 上記説明は2020年3月31日審査申込み分より適用となります。2020年3月30日以前のお客様はこちら

PAGE TOP