トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ カローラクロスのカスタム!モデリスタ仕様車を紹介

トヨタ カローラクロスのカスタム!モデリスタ仕様車を紹介

2021年9月に発売されたSUV「カローラ クロス」。初代カローラから変わらない実用性を兼ね備えており、現在も人気が続いています。そのままでも魅力的な1台ですが、より快適で充実したカーライフを目指すなら、自分好みにカスタムするのはいかがでしょうか?

本記事では、カローラ クロスのカスタム情報について紹介します。リーズナブルにモデリスタ仕様のカローラ クロスに乗れる方法もあわせてお伝えするので、ぜひご覧ください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

カローラ クロスのカスタム情報

カローラ クロスの人気によってカローラ全体の販売台数は伸びており、2021年11月には登録車の車名別販売台数1位となりました。

多くの人に選ばれているクルマだからこそ、自分らしくカスタムを楽しみたいものです。それでは、カローラ クロスのカスタム事情はどうなっているのでしょうか。

車のカスタムとは

車のカスタム(カスタマイズ)とは、「車を改造すること」。様々なカスタムパーツを活用して自分好みの一台にすることが可能です。車をカスタムすることによって愛車への愛着がより深まり、充実したカーライフを送ることもできるでしょう。

ひと口に「カスタム」と言っても、実は目的によって名称が異なります。

好みや必要性に応じて車両の機能性を高めることを「チューニングアップ」、車両のルックスを個性的に仕上げることを「ドレスアップ」、利便性を高めて使いやすくすることを「ユーティリティアップ」と呼びます。

まずは、自分が理想とするクルマをよく考えてみましょう。

トヨタのカスタマイズブランド「モデリスタ」とは

トヨタでは、全国の各販売店でカスタマイズカーやパーツの購入とメンテナンスを受け付けていますが、「モデリスタ」とは、トヨタグループ公式のカスタマイズブランドです。

ブランドのモットーは「Something Extra(あなたの“もっと”に応えたい)」。トレンドを追うのではなく、常にユーザーの一歩先をいく先行提案をし続けています。

イタリア語で「デザイナー」という意味を表すモデリスタ(modelista)。その名の通り、トヨタ車の実用性をさらに高めたり、ドレスアップしたりするカスタムパーツやカスタムモデルを取り扱っています。

モデリスタのデザインテーマは「感性」「創造性」「喜び」です。すべてのパーツにこだわりが込められており、その独創性の高さが特徴です。また、クルマのデザイン性を高めるものだけでなく、実用性を向上するパーツも揃えられています。

そしてカローラ クロスにも、モデリスタ仕様のカスタムパーツがラインアップされています。

モデリスタ仕様のカローラ クロス

カローラクロス-MODELLISTA-AERO-STYLE-プラチナホワイトパールマイカ-エアロパーツセットA-クールシャインキットモデリスタ仕様のカローラ クロスは、「DARING but DELICATE(デアリング・バット・デリケート)」がコンセプト。大胆かつ繊細な造形が特徴です。

モデリスタ エアロパーツ セットと、モデリスタ クールシャイン キットの2種類が用意されています。ここからは、それぞれの特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

詳細な価格やスペックはモデリスタ公式サイトでご確認ください。

モデリスタ パーツ

モデリスタのパーツは、主に「エクステリア」「インテリア」「ホイール」「ユーティリティ」の4種類に分かれています。

エクステリアとは、クルマの外観部分を指します。カローラ クロスのエクステリアは、存在感が強く、独創的なデザインが特徴です。フロントグリルガーニッシュ・サイドドアガーニッシュ・ミラーガーニッシュ・ドアハンドルガーニッシュ・バックドアガーニッシュを含む5点が用意されており、それぞれセットでも単品でも購入できます。反対に、内装を指すのがインテリア。スマートクッショントートとスカッフプレートがあります。

ホイールは、剛性感のある力強いデザインが目を惹きます。カローラ クロス向けにはロックナット付きの18インチ(タイヤとセットまたはホイールのみの2種類)と17インチ(ホイールのみ)が用意されており、標準モデルとは一味違う世界観を楽しみたい人におすすめです。

ユーティリティは、車内で快適に過ごすための機能です。ドアハンドルプロテクターやセキュリティ付ナンバープレートボルトは、モデリスタとして初めて登場しました。

モデリスタ エアロパーツ セット

カローラ-クロスモデリスタ仕様車-フロント-プラチナホワイトパールマイカ-外装イメージモデリスタエアロパーツセットは、洗練された上質感が特徴的。エアロパーツモデリスタを代表する製品といえるエアロパーツは、気流の流れをコントロールして安全性を向上するなど、クルマの空力を全体的に制御するために取り付けるパーツです。ドレスアップ効果もあり、クルマの印象を大きく変えてくれます。

カローラ クロスにも専用のエアロパーツがあり、非常に人気があります。クルマ全体をカスタムできることで統一感が生まれ、本来の魅力をより高めるデザインが特徴です。

他社のクルマでエアロパーツを付ける場合は、社外品を使うことも少なくありません。しかし、クルマとフィットしない箇所があり、まとまりがない印象になることも。モデリスタはメーカーと同時開発しているため、完璧にフィットし、見た目の完成度も高く仕上がります。

モデリスタエアロパーツセットは2種類用意されており、フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツ・カラードフェンダーを含むモデリスタエアロパーツセットAと、フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツを含むモデリスタエアロパーツセットBがあります。それぞれ単品でも購入可能です。

モデリスタ クールシャイン キット

カローラ-クロスMODELLISTA-GARNISH-STYLEクールシャインキットでは、カローラ クロス本体にはあまり使われていないメッキパーツが多用されているのが特徴です。エアロパーツとは一味違う、煌びやかさのある外観で、よりクールに仕上げることができます。

もちろん、エアロパーツセットとあわせて装着することも可能。より存在感を高め、高級感を与えてくれます。ボディにフィットするのはもちろん、耐久性に優れているので長持ちします。

クールシャインキットのセット内容はフロントグリルガーニッシュ・サイドドアガーニッシュ・ミラーガーニッシュ・ドアハンドルガーニッシュ・バックドアガーニッシュの5点です。それぞれ単品でも購入できます。

カローラ クロスのフロントデザインは日本と海外で異なる!

カローラ クロスは、2020年7月にタイで先行販売されていました。日本での販売前から注目されており、日本モデルはモデリスタパーツも含めて海外仕様と異なります。

主な相違点は、「コンセプト」「エンブレム」「モデリスタパーツ」の3点です。それぞれどのような違いがあるのか、特徴をお伝えします。

日本仕様の特徴

カローラクロス-標準車外観イメージ-ダークブルーマイカメタリック日本仕様のカローラ クロスは、デザインコンセプトに『アーバン・アクティブ』を掲げています。日本向けには繊細さが強調されており、海外仕様と比べると落ち着いたデザインが特徴です。とくに、シュッとしたフロントマスクが目を惹きます。エンブレムは、カローラシリーズの歴史や伝統を重んじていることから、カローラの頭文字をモチーフとした『C』マークを採用。国内仕様の他のカローラシリーズと同様に、オリジナルのデザインとなっています。

モデリスタパーツは、モデリスタエアロパーツとクールシャインキットの2つをラインナップ。ボディカラーを基調とした上品かつプレミアム感の強いデザインが特徴です。車両本体のデザインが異なるので、前後のバンパーやランプもそれぞれ専用のデザインとなっています。

海外仕様の特徴

カローラクロス-海外仕様-標準車-カラーCELESTITEタイや北米をはじめとする海外仕様のカローラ クロスは、フロントデザインが日本のものとは異なります。『アーバンタフネス』をデザインコンセプトとしており、たくましさや強靭さを重視しているのが特徴です。大型のキーンルックグリルが使われており、いかにもSUVらしい存在感を放っています。日本仕様よりもスポーティな印象が伺えるでしょう。

エンブレムはトヨタエンブレムを付けており、こちらも海外仕様ならでは。伝統のあるトヨタエンブレムは、日本でも支持している人が多いです。
また、タイでは特別仕様車として250台限定のカローラ クロスモデリスタも追加されました。モデリスタパーツには、ボリューム感を保ちながらもスタイリッシュに見えるような工夫が込められています。

カローラ クロスのカスタマイズカーに乗るならKINTOもおすすめ!

カローラ-クロスMODELLISTA-GARNISH-STYLEここまでご覧いただくと、カローラ クロスのカスタムに興味が沸いてきた人もいるでしょう。自分好みにカスタムするのは、クルマの楽しみ方のひとつといえます。

しかし、カスタムにはパーツ代やメンテナンスなど、費用がかかってしまうのが現実です。車種やカスタムする箇所によって価格は異なりますが、こだわると車両本体価格にプラス数十万円かかることもあります。自分好みに仕上げたくても手を出せないという人も少なくないでしょう。

そこでおすすめなのが、カローラ クロスのカスタマイズカーにお得に乗ることができる「KINTO」です。KINTOでは、カローラ クロスはもちろん、モデリスタ仕様のカローラ クロスも取り扱っています。

ここからは、お得なKINTOについて紹介していきます。

クルマのサブスク「KINTO」とは?

KINTOとは、クルマのサブスクリプションサービスです。契約期間中は毎月定額でトヨタまたはレクサスの新車に乗ることができます。

自動車税や任意保険、メンテナンス費用なども月額料金に含まれています。頭金が必要となる新車の購入と比べ、KINTOなら初期費用の負担を小さくしつつ、新車に乗ることができます。さらに、ご利用期間中に別の車に乗り換えることも可能です。

カローラ クロスなどトヨタ車を選ぶ場合、初期費用不要の「初期費用フリープラン」と、解約金がかからない「解約金フリープラン」の2つの支払い方法からお好きなほうを選べます。

また、お申し込みから契約まで販売店に行くことなく、Web上で完結することができるのも魅力的でしょう。

KINTOでもモデリスタ仕様のカローラ クロスをチョイス可能!

車種ラインナップが豊富なところもKINTOの魅力。今回紹介したモデリスタ仕様のカローラ クロスを選ぶこともできます。

プランは、「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」の2種類があります。「初期費用フリープラン」を選べば、初期費用が0円なので気軽に乗り始めることができます。「解約金フリープラン」を選ぶと、いつでも解約金が0円なので、必要な期間だけ乗ることもできれば、契約満了時に同じクルマを再契約することもできます。

KINTOなら、カスタマイズした新車の購入が予算的に難しい人でも、モデリスタ仕様のカローラ クロスに乗りやすいといえるでしょう。

カローラ クロスのカスタム まとめ

今回は、トヨタの人気SUV・カローラ クロスのカスタム情報を紹介しました。モデリスタ仕様に興味のある人は、本内容を参考にしながらぜひ自分好みにカスタムしてください。

一方、カスタムパーツを追加するとどうしても用意する金額が大きくなります。新車をカスタムする余裕がない場合や気軽にカスタムモデルを楽しみたい場合は、KINTOの利用を検討してみましょう。

KINTOは自動車税や任意保険、メンテナンス費用などを含んだ月額料金だけで新車に乗れる、お得なサービスです。KINTOを活用して、憧れのカーライフを満喫してみませんか。

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
カローラ クロス×KINTO人気の理由について

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube