車のサブスク解説

KINTO専用GRヤリス“モリゾウセレクション”とGRヤリスの違い

KINTO専用GRヤリス“モリゾウセレクション”とGRヤリスの違い

WRC(FIA世界ラリー選手権)で勝つという目標のもと「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発されたトヨタ「GRヤリス」。ラリー競技の最高峰であるWRC(FIA世界ラリー選手権)で活躍したレーシングカーをベースに開発された「GRヤリス」は、トヨタ自動車の豊田章男社長が「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いを込め、自ら開発に関わったスポーツカーです。

このGRヤリスに、技術革新に合わせてソフトウェアを反映する「アップデート」と、ドライバーの運転データをもとにした「パーソナライズ」お届けする「GRヤリス“モリゾウセレクション”」が登場。2021年6月7日より、月々定額で手軽に車に乗れるサブスクリプションサービス「KINTO」専用で取り扱いがスタートしました。

この取り組みは、「人に寄り添って進化するクルマ」をコンセプトにした、トヨタとKINTOの新しい挑戦です。 GRヤリス“モリゾウセレクション”が誕生するに至った背景から、ベース車両のGRヤリス RZ “High performance”との違いを含め紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

トヨタ x KINTOの「人に寄り添って進化するクルマ」とは?

フロントガラスにはモリゾウのサイン

これまでトヨタは、ROOKIE Racingとともに、国内屈指の耐久レースである「スーパー耐久シリーズ」に参戦し、自動車開発のスピードを飛躍的に加速させてきました。

レースの現場では、様々なドライバーの走行データやフィードバックをもとに、分析と対策を繰り返して車を「アップデート」。さらに、一人ひとりのドライバーの運転に合わせて車をコントロールしやすいよう「パーソナライズ」することで、「もっといいクルマづくり」を進めています。

こうしたレースの現場で実践してきた「アップデート」と「パーソナライズ」の仕組みを、一般のお客さまにも提供したいという考えで生み出されたGRヤリス“モリゾウセレクション”。「人に寄り添って進化するクルマ」をテーマにしています。

従来は、モデルチェンジやマイナーチェンジなどがあった場合、最新装備や技術を手に入れるためには車を買い替えるしかありませんでしたが、GRヤリス“モリゾウセレクション”は最新の技術をその都度アップデートすることで、車をタイムリーに進化させていくことができます。

さらに、ドライバー一人ひとりの運転データを分析し、その分析結果をもとに最適なソフトウェアを提案(=パーソナライズ)することで、その人にベストマッチした車へと進化させることを将来的に目指していきます。

GRヤリス“モリゾウセレクション”を提供するにあたって、トヨタが最適と考えたのがKINTOのプラットフォーム。KINTOは、いわゆる「売り切り型」、つまり「売って終わり」ではなく、「売ってからがスタート」のビジネスモデルのもと、契約後も継続的にお客様と繋がり、付加価値を提供していくサービスであることから、KINTO専用車になりました。このように、GRヤリス“モリゾウセレクション“は、トヨタとKINTOのシナジーによる商品といえます。

GRヤリス“モリゾウセレクション”の「クルマのアップデート」とは

GRヤリス“モリゾウセレクション”の「アップデート」とは、技術革新に合わせて「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能を最適化するものです。アップデートは、GRガレージの各店舗(一部除く)にて提供予定です。

アップデートするか否かは、利用者に選択いただき、希望があれば、一度アップデートした内容を元に戻すこともできるように、トヨタとKINTOで準備を進めています。

このアップデートは月額使用料金に含まれ無償提供となりますが、一部有償となるアイテムも。具体的なメニューについては、2022年春頃に発表される予定です。

アップデートについてより詳しく知りたい方は、以下の公式ページもあわせてご覧ください。

GRヤリス“モリゾウセレクション”の「クルマのパーソナライズ」とは

GRヤリス“モリゾウセレクション”の「パーソナライズ」とは、ドライバー一人ひとりの運転データを収集し、そのデータをもとに、ドライバーの運転の特徴を分析。その人に最適なソフトウェアを車に反映するほか、より良い運転方法を提案し、運転スキルの向上もサポートします。

このパーソナライズの提供時期や内容は現在検討中ですが、今後取り組みを加速させていく予定です。

パーソナライズについてより詳しく知りたい方は、以下の公式ページもあわせてご覧ください。

GRヤリス“モリゾウセレクション”とGRヤリス RZ“High perfomance”の違い

GRヤリス“モリゾウセレクション”のシート

GRヤリス“モリゾウセレクション”と、ベース車であるGRヤリス RZ“High perfomance”との違いについて、まとめてみました。

GRヤリス“モリゾウセレクション”

GRヤリス RZ “High performance”

外板色

全3色(プラチナホワイトパールマイカ・エモーショナルレッドⅡ・プレシャスブラックパール)

全4色(スーパーホワイトⅡ・プラチナホワイトパールマイカ・エモーショナルレッドⅡ・プレシャスブラックパール)

コイルスプリング

銀・白・黄色塗装

黒色

ショックアブソーバ

青色塗装

黒色

ウィンドシールドガラス

モリゾウサイン入り

ホイールオーナメント

Rookie Racingロゴ入り

内装

シートステッチ

青・黄色ステッチ

銀色

ヘッドレスト

Rookie Racingロゴ

GRロゴ

シフトブーツ、パーキングブレーキレバー

青・黄色ステッチ

銀色

ステアリング、パーキングブレーキレバー

青色ステッチ

銀色

助手席前インパネ

ワンポイント青加飾

黒色統一

ドアスイッチベース

ピアノブラック/Rookie Racingロゴ入り

樹脂黒色

装備

ステアリングヒーター/シートヒーター

全車標準

メーカーオプション

寒冷地仕様

全車標準

メーカーオプション

GRヤリス“モリゾウセレクション”は、GRヤリス RZ“High perfomance”をベースに、モリゾウや、ROOKIE Racingにちなんだデザインを随所に盛り込んでいます。

フロントガラスにはモリゾウのサインが施され、コイルスプリングやショックアブソーバー、シートやホイールオーナメントなどにROOKIE Racingのカラーリングやロゴの装飾を加えています。

また、GRヤリス RZ“High perfomance”はメーカーオプションのステアリングヒーター、シートヒーター、寒冷地仕様が、GRヤリス“モリゾウセレクション”では標準装備になります。

モリゾウや、ROOKIE Racingにちなんだデザイン

また、KINTOで取り扱うノーマルのGRヤリス RZ “High performance”はサーキット走行不可とされていますが、GRヤリス“モリゾウセレクション”は、今後、トヨタ/販売店/KINTOが主催していく体験走行会でのサーキット試乗が可能なのも魅力です(サーキットで個人走行、レース・ラリーの出場不可)。

GRヤリス“モリゾウセレクション”のスペック

GRヤリス“モリゾウセレクション”のスペックは以下の通りです。GRヤリス RZ “High performance”と主要諸元は同じです。

GRヤリス“モリゾウセレクション”

GRヤリス RZ“High performance”

全長×全幅×全高(mm)

3,995×1,805×1,455

ホイールベース(mm)

2,560

トレッド Fr/Rr(mm)

1,535 / 1,565

車両重量(kg)

1280(※)

乗車定員(人)

4

ドア数

3ドア

駆動方式

4WD

エンジン種類

直列3気筒インタークーラーターボ

エンジン型式

G16E-GTS

エンジン排気量(cc)

1,618

エンジン最高出力(kW[PS]/rpm)

200(272) /6,500

エンジン最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

370(37.7)/3,000~4,600

トランスミッション

iMT(6速マニュアル)

トランスミッション差動装置

GR-FOUR(アクティブトルクスプリット4WDシステム)

WLTCモード燃費(km/L)

13.6

サスペンション Fr/Rr

ストラット式コイルスプリング / ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

ブレーキ Fr/Rr

ベンチレーテッドディスク / ベンチレーテッドディスク

タイヤ Fr/Rr

225/40ZR18 / 225/40ZR18

※KINTOセーフティパッケージを選択した場合、10kg増加します

GRヤリス“モリゾウセレクション”の価格

GRヤリス“モリゾウセレクション”の月額利用料は以下の通りです。KINTOでは、3年・5年・7年の契約期間が選べますが、GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみとなります。

ボーナス併用支払い

GRヤリス“モリゾウセレクション”(3年契約)

GRヤリス RZ “High performance”(3年契約)

なし

81,840円~

79,200円~

あり

55,000円

72,710円~

70,070円~

110,000円

63,470円~

60,830円~

165,000円

54,340円~

51,700円~

※表内は、いずれも税込

GRヤリス“モリゾウセレクション”は、ベースのGRヤリス RZ“High perfomance”とは月額2,640円~の差額で利用することができます。

つまり、KINTOでは月額利用料に月額2,640円をプラスすることで、アップデートにかかる費用やモリゾウセレクションだけの特別な装備もコミコミになります(一部アイテムは有料)。

最後に、「KINTO」についてご案内いたします。

KINTOについて

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube