トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ GRヤリスの燃費は?グレード別の違いや走行性能も紹介

トヨタ GRヤリスの燃費は?グレード別の違いや走行性能も紹介

WRC(FIA世界ラリー選手権)で勝つという目標のもと「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発されたトヨタ「GRヤリス」。

コンパクトカーのヤリスと同じ名前でボディスタイルも似ていますが、車のコンセプトやプラットフォームなど、その中身は大きく異なります。

ヤリスはコンパクトカーとしての使い勝手に加え、高い燃費性能が追求されていますが、GRヤリスの場合はどうなっているでしょうか。今回は、GRヤリスの燃費や走行性能を中心に紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

GRヤリスの燃費

GRヤリスの燃費

GRヤリスのグレード別カタログ燃費(WLTCモード)は以下の通りです。

グレード 2WD 4WD
RS 18.2km/L
RC 13.6km/L
RZ 13.6km/L
RZ “High performance” 13.6km/L

GRヤリスのエンジン・トランスミッション・駆動方式・使用燃料

GRヤリスのエンジンやトランスミッション、駆動方式、使用燃料を、グレード別に表にまとめました。

グレード エンジン トランスミッション 駆動方式 使用燃料
RS M15A-FKS(1.5L直列3気筒) Direct Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機) FF(前輪駆動方式) 無鉛レギュラーガソリン
RC G16E-GTS(1.6L直列3気筒インタークーラーターボ) iMT(6速マニュアル) 4WD(スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”) 無鉛プレミアム(ハイオク)ガソリン
RZ
RZ “High performance”

GRヤリス「RS」

GRヤリス「RS」では、スポーティな走りを気軽に楽しめる1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン+Direct-Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機)+2WD(FF:前輪駆動方式)の組み合わせ。

1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンは、低燃費と高出力を両立。コンパクト化と軽量化を追求することで軽快な走りの楽しさと、優れた燃費性能を実現しています。

駆動方式については、気軽にスポーティなドライビングを楽しむグレードとして2WDを採用しています。

GRヤリス「RZ」「RZ “High performance”」「RC」

GRヤリス「RZ」「RZ “High performance”」および「RC」では、レースに勝つために小型・軽量化を徹底追及し高レスポンスを実現する1.6L 3気筒ターボダイナミックフォースエンジン(スポーツ)+iMTとよばれる6速マニュアル+4WDという、「RS」とは全く異なるパターンです。

1.6L 3気筒ターボダイナミックフォースエンジンは、TNGAエンジンの高速燃焼コンセプトに加え、軽量な運動部品採用によるエンジンの高回転化などにより、3気筒エンジンとして世界最高レベルの出力(272ps)とワイドなトルクレンジを追求。6速マニュアルトランスミッションと組み合わせ、圧倒的な加速と気持ち良い回転数の伸びが感じられるエンジンとなっています。

駆動方式については4WDを採用し、速く走るための一台、勝利にこだわる一台というトヨタのこだわりが凝縮されています。

GRヤリスのスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」

GRヤリス アクティブトルクスプリット4WDシステム(NORMALモード)

※アクティブトルクスプリット4WDシステム(NORMALモード)

GRヤリス アクティブトルクスプリット4WDシステム(SPORTモード)

※アクティブトルクスプリット4WDシステム(SPORTモード)

GRヤリス アクティブトルクスプリット4WDシステム(TRACKモード)

※アクティブトルクスプリット4WDシステム(TRACKモード)

GRヤリスの4WDは、“GR-FOUR”というトヨタ独自開発のスポーツ4WDシステムを採用しトラクションを余すことなく路面に伝えるための性能を追求しています。さらに新開発の電子制御多板クラッチを用いたアクティブトルクスプリット4WDシステムにより、3つのモードから状況に合わせた走りを選択できます。

GRヤリスの特徴

GRヤリスには、トヨタのモータースポーツにかける想いが詰まっており、その想いを形にするため様々なこだわりが凝縮されています。GRヤリスならではの主な特徴をピックアップして紹介します。

レースに勝つために磨いたデザイン

世界へ挑む「GRヤリス」レースに勝つために磨いたデザイン

※RZ“High performance” プラチナホワイトパールマイカ

GRヤリスは、WRC(FIA世界ラリー選手権)参戦のためのベース車両として開発された経緯があり、様々な箇所にラリーを含めたモータースポーツで勝つための技術が込められています。

GRヤリス RZ“High performance” プラチナホワイトパールマイカ

※RZ“High performance” プラチナホワイトパールマイカ

磨き上げられたボディデザインもそのひとつで、ダウンフォースの最大化と優れた空力性能を織り込んだワイド&ローの躍動感あふれるデザインは、高いスタビリティとコントロール性を発揮します。

また、妥協せず改良と熟成を重ねてきたモデリングからは「レースでの精緻な感覚を一台一台に息づかせる」造り手の意思や、GRヤリスに対するトヨタの情熱が感じられます。

GRヤリスの乗り心地や走行性能

GRヤリスの乗り心地や走行性能

※RZ“High performance” プラチナホワイトパールマイカ

GRヤリスの乗り心地や走行性能はどうでしょうか。ボディやサスペンションという側面から、特徴やこだわりを見ていきましょう。

GRヤリス 軽量化ボディ

※軽量化ボディ

GRヤリスのボディは、フロントフードや左右ドア、バックドアにアルミ素材を使用、さらにルーフには新工法のC-SMC(Carbon fiber reinforced Sheet Molding Compound:炭素繊維強化シート成形複合材料)を採用するなど、軽快なスポーツ走行に直結する大幅な軽量化と低重心化を実現しています。また「RZ “High performance”」「RZ」は、補機バッテリーを荷室床下に配置し、こだわりの重量バランス(59:41の前後重量配分)を実現しています。

特殊な構造用接着剤やスポット溶接を多用し、スポーツカーに求められる強靭さを備えた高剛性ボディは、ドライバー操作に対する高い応答性、高G旋回・高速走行での優れた操縦安定性を確保しています。

GRヤリス ストラット式フロントサスペンション/ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション

※ストラット式フロントサスペンション/ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション

WRC(FIA世界ラリー選手権)、スーパーGTをはじめとするプロドライバーとともに徹底的に磨き込まれたGRヤリスの足まわり。タイヤの性能を引き出し、路面を捉え続けるGRヤリスのサスペンションは、フロントは軽量高剛性なストラット式、リヤには高い応答性とグリップ力を確保するダブルウィッシュボーン式を採用。グレードごとに異なるチューニングが施されています。

GRヤリスの燃費性能 まとめ

GRヤリス リヤ外観

コンパクトカーといえば低燃費と思われがちですが、GRヤリスは高い走行性能と車を操る楽しさを味わうための一台ということが確認できたかと思います。そして、その性能は高く評価され、2021年3月8日にはGRヤリスが「英国カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞しました。英国の主要な自動車ジャーナリスト29名を審査員として、英国で前年(2020年)に発売された新型車をテストし12のカテゴリーで最高の1台を選出。この12台の中からGRヤリスが見事、カーオブザイヤーに選ばれました。

出典:TOYOTA GR YARIS POWERS TO UK CAR OF THE YEAR 2021 GLORY | UK Car Of The Year Awards

グレードによるスペックや細部のチューニングに違いがあるGRヤリスは、目的や使い方に合ったグレードを選ぶことで、運転する楽しみ、所有する喜びを味わうことができるでしょう。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・ヤリス クロス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・ヤリス クロス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

よくある質問

GRヤリスのグレード別パワートレインの違いは?

GRヤリスパワートレインは「RS」グレードと、その他のグレードで全く異なります。

「RS」のパワートレイン

  • スポーティな走りを気軽に楽しめる1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン
  • Direct-Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機)
  • 2WD(FF:前輪駆動方式)

「RZ」「RZ “High performance”」「RC」のパワートレイン

  • レースに勝つために小型・軽量化を徹底追及し高レスポンスを実現する1.6L 3気筒ターボダイナミックフォースエンジン(スポーツ)
  • iMTとよばれる6速マニュアル
  • 4WD

GRヤリスの4WDはどんなシステム?

GRヤリスの4WDは、“GR-FOUR”というトヨタ独自開発のスポーツ4WDシステムを採用し、トラクションを余すことなく路面に伝えるための性能を追求しています。

新開発の電子制御多板クラッチを用いた「アクティブトルクスプリット4WDシステム」により、3つのモードから状況に合わせた走りを選択できます。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube