トヨタ車&レクサス車解説

トヨタ カローラスポーツの内装は?シートの違いや室内を紹介

トヨタ カローラスポーツの内装は?シートの違いや室内を紹介

カローラは誕生から50年以上、世界150以上の国と地域で、約4,750万台以上が販売されたトヨタの主力車種。そのハッチバックモデルである「カローラ スポーツ」は、スポーティなデザインと走りが特徴です。

また、走行中にオペレーターが音声でサポートしてくれる「コネクティッドサービス」(別途契約が必要)にも対応するなど、新たなモビリティライフを提案する新世代のベーシックカーとなっています。今回は、そんなカローラ スポーツの内装を紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

カローラ スポーツの室内空間はシンプルでスポーティ

シンプルでスポーティな「カローラ スポーツ」の室内空間

カローラ スポーツの室内空間の印象は、シンプルかつスポーティ。細部のつくりや質感にこだわり、上質さを表現しています。また、TNGAプラットフォームの採用により厚みを抑えたインストルメントパネルは、ワイド化を実現し室内空間の開放感を生み出しています。

カローラ スポーツのシート

カローラ スポーツのスポーティシート(G“X” / HYBRID G“X”、G / HYBRID Gに標準装備)

※スポーティシート(G“X” / HYBRID G“X”、G / HYBRID Gに標準装備)

カローラ スポーツのスポーツシート(G“Z” / HYBRID G“Z”に標準装備)

※スポーツシート(G“Z” / HYBRID G“Z”に標準装備)

カローラ スポーツのスポーツシート(G“Z” / HYBRID G“Z”にメーカーオプション)

※スポーツシート(G“Z” / HYBRID G“Z”にメーカーオプション)

カローラ スポーツのシートの種類は大きく3種類に分けられます。

  • スポーティシート(ファブリック):G“X” / HYBRID G“X”、G / HYBRID Gに標準装備
  • スポーツシート(ファブリック):G“Z” / HYBRID G“Z”に標準装備
  • スポーツシート(本革+ウルトラスエード※):G“Z” / HYBRID G“Z”にメーカーオプション

※2022年10月の一部改良後は本革+ブランノーブに変更

G“Z” / HYBRID G“Z”に標準装備のスポーツシート(ファブリック)では、フロントグリルとリンクしたエンボスパターンファブリックを使用し、スポーティさを強調。また、G“Z” / HYBRID G“Z”にメーカーオプションのスポーツシート(本革+ウルトラスエード)では、シートメイン材にウルトラスエードを使用することで、ホールド性がさらに高まっています。

カローラ スポーツの荷室・収納スペース

カローラ スポーツのの収納スペース

カローラ スポーツはコンパクトカーながら、荷室は352Lあり9.5インチのゴルフバッグを2個積めます。

カローラ スポーツの収納スペース

※アジャスタブルデッキボード

また、2WD車のメーカーオプションとして設定された「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」では、荷室の床面の高さを2段階に調整できます。床を高くして下にモノを収納したり、ボードを立てることで3つのスペースを作る使い方も可能です。

カローラ スポーツのアクセサリーコンセント

※アクセサリーコンセント

それ以外にも、数多くの収納スペースが用意されるほか、センターコンソールボックスには、充電用USB端子も用意されています。

カローラ スポーツのグレード別内装

カローラ スポーツのグレードは、エントリーモデルの「G“X” / HYBRID G“X”」、G“X”の上級にあたる「G / HYBRID G」、最上級グレード「G“Z” / HYBRID G“Z”」3つから構成されます。

加えて「G / HYBRID G」をベースに、専用アルミホイールや専用シートなどを装備して精悍さを増した特別仕様車「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」が、カローラ スポーツのラインアップとなります。

カローラ スポーツ G“X” / HYBRID G“X”の内装

カローラ スポーツの内装 G”X”(MT) ブラック

※G”X”(MT) ブラック

カローラ スポーツの「G“X” / HYBRID G“X”」の内装カラーはブラック。フロントグリルとリンクしたエンボスパターンファブリックが採用されており、引き締まった大人の雰囲気が感じられる空間となっています。

フロントシートはスポーティシートで、シルバー塗装を施したウレタン3本スポークステアリングに、シフトノブはウレタン塗装です。

カローラ スポーツ G / HYBRID Gの内装

カローラ スポーツの内装 HYBRID G サドルタン

※HYBRID G サドルタン

カローラ スポーツのミドルグレード「G / HYBRID G」では、内装カラーとしてブラックに加え、メーカーオプションで「サドルタン」も選択可能に。「サドルタン」は、本革&メランジ調ファブリック表皮のシートが組み合わされていて、カジュアルかつ上品な雰囲気が漂います。

このほか「G / HYBRID G」では、3本スポークステアリングとシフトノブは本革巻で、インサイドドアハンドルにはシルバー塗装、メータークラスターはサテンメッキ加飾が追加されています。

カローラ スポーツ G“Z” / HYBRID G“Z”の内装

カローラスポーツの内装 HYBRID G”Z” センシュアルレッド

※HYBRID G”Z” センシュアルレッド

カローラ スポーツの最上級グレード「G“Z” / HYBRID G“Z”」は、躍動感あるスポーティな室内空間に仕上がっています。内装カラーは、ブラックとメーカーオプションのセンシャルレッドの2種類。

シートは、マットブラック加飾のファブリックのスポーツシートが標準装備で、メーカーオプションとして本革とウルトラスエードを組みあわせたスポーツシートが用意されています。

さらに、本革とウルトラスエードのシートでは、ブラックとセンシャルレッド×ブラックの2色が選択可能です。

カローラ スポーツの特別仕様車 G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”の内装

カローラ スポーツの内装 特別仕様車HYBRID G”Style Package” ブラック

※特別仕様車HYBRID G”Style Package” ブラック

精悍さを際立たせたカローラ スポーツの特別仕様車「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」の内装には、レザテックと合成皮革を組み合わせたブラックの専用シート表皮が採用されています。レザテックという素材は、ファブリックの快適性と革の質感をあわせ持っているのが特徴です。

このほか「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」では、高精細7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが特別装備されているなど、ワンランク上の仕様となっています。

カローラ スポーツのグレードと価格

カローラ スポーツ

カローラ スポーツのグレードと価格は以下の通りとなります。

価格(税込)はエントリーモデルの「G“X”(ガソリン車・2WD)」が216万9,000円から最上級グレードの「GHYBRID G“Z(ハイブリッド車・2WD)」が284万1,000円、特別仕様車の「HYBRID G“Style Package”」は244万円からです。

詳しくは、公式ページでご確認ください。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

カローラ スポーツの内装 まとめ

カローラ スポーツの内装は、そのネーミングの通り、スポーティさが特徴です。シンプルなデザインながら、ディティールにこだわった質感の高さも魅力です。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ・レクサス車をご利用いただける(サブスクリプションサービスを展開しています。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

  • トヨタの新車が対象の「KINTO ONE
  • トヨタの中古車が対象の「KINTO ONE 中古車」納期1ヶ月~2ヶ月!(東京・愛知・長野で提供、エリア順次拡大中)
  • 電気自動車(BEV)のbZ4Xが対象の「KINTO ONE bZ4X専用プラン
  • レクサスの新車が対象の「KINTO for LEXUS
  • KINTO ONEにアップグレードとコネクティッドを加え、月額料金がリーズナブルになった「KINTO Unlimited

などのサブスクリプションサービスを展開しています。

それぞれのサービスのベースとなるKINTO ONEを中心にご紹介します。

KINTO ONEとは?

KINTO ONEは、車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額(※)のサブスクリプションサービス。クレジットカード払いも可能です。

初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン(※)」と、 いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができます。

トヨタの新車は3/5/7年(※)、レクサスの新車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービス「 のりかえGO(法人契約・レクサス車は対象外)」もあります。「KINTO ONE 中古車」では、解約金フリープランのみ、契約期間は2年のみ。 申し込みは全てインターネットで完結できます

※「KINTO ONE bZ4X専用プラン」では、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス利用料金も込みのコミコミ定額、最初の4年間は月々定額で5年目以降は段階的に月額が下がります。5年目以降の中途解約金は0円、契約期間は最長10年。

≪関連リンク≫

KINTO ONEサービス内容

KINTO Unlimitedとは?

トヨタとKINTOが2022年12月7日に発表した「KINTO Unlimited」は、前段のKINTO ONEのサービス内容をベースに、車をお届けした後の「進化=アップグレード」と「見守り=コネクティッド」の2つの付加価値を追加することで車の価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げに充てることでリーズナブルにKINTOをご利用いただけます。

KINTO Unlimitedは新型プリウスUグレードよりスタートし、2024年1月からヤリス、ヤリス クロスでも提供が始まりました。お客様からの反響などを踏まえて、今後、ほかの車種にも拡大していく予定となっています。

≪関連リンク≫

KINTO Unlimitedサービス内容

充実したカーライフを送るためのひとつの手段として、KINTOを利用してトヨタ車やレクサス車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

ヤリス・プリウス「Uグレード試乗会」開催!(2024/5/11~6/30)

富山県、長崎県、熊本県で、KINTO Unlimited対応の「Uグレード(ヤリス・プリウス)」の試乗会の開催が決定!試乗会開催期間は2024年5月11日から6月30日まで。試乗予約は2024年4月25日から可能です。

試乗機会が少ないUグレードに乗ることができる、貴重なイベントです。予約はWebから可能。以下リンクから申し込みください。

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube