About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

カローラ スポーツをレビュー!スポーティな「デザイン」と「走り」が魅力

カローラ スポーツをレビュー!スポーティな「デザイン」と「走り」が魅力

「カローラで日本にモータリゼーションを」という想いからはじまったカローラは、1966年に誕生して以来、世界150以上の国と地域で販売。2019年には販売累計台数が4,750万台を超えた、日本が世界に誇るロングセラーカーです。今回は、12代目カローラシリーズの先駆けとなった「カローラ スポーツ」をレビューしていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 新たなカローラシリーズ「カローラ スポーツ」
  2. 上質な走りと乗り心地で評判のカローラ スポーツ
  3. カローラ スポーツの燃費や走行性能
  4. カローラ スポーツの安全性能
  5. スタイリッシュでスポーティな外観のカローラ スポーツ
  6. カローラ スポーツの内装はシンプルかつスポーティ
  7. カローラ スポーツの特別仕様車
  8. カローラ スポーツの価格・グレード
  9. カローラ スポーツのレビュー まとめ

新たなカローラシリーズ「カローラ スポーツ」

新たなカローラシリーズ「カローラ スポーツ」

大衆車というイメージをもたれる方も多いカローラシリーズに、5ドアハッチバックの「カローラ スポーツ」が登場したのは2018年。「カローラ スポーツ」は大衆車というよりは、その名の通りの手軽にスポーツ走行が楽しめる一台です。

上質な走りと乗り心地で評判のカローラ スポーツ

カローラ スポーツは、TNGAプラットフォームやサスペンションの進化により実現した、上質な走りと乗り心地でドライバーからの評判が良いとされています。

カローラ スポーツ マクファーソンストラット式 フロントサスペンション

※マクファーソンストラット式 フロントサスペンション

カローラ スポーツ ダブルウィッシュボーン式 リヤサスペンション

※ダブルウィッシュボーン式 リヤサスペンション

「楽しい走り」に徹底的にこだわったサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式を採用し、旋回時の安心感・安定性に貢献。リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用することで、路面をつかむような安定した走りを実現しています。世界各国の道を約100万km⾛ってチューニングを重ねたというカローラ スポーツは、コーナリングや荒れた路⾯でも安定した乗り⼼地を感じられるでしょう。

さらに、コーナリングでの優れた旋回性能を確保する「ACA(Active Cornering Assist)制御」や、路面や走行状況に応じて4輪それぞれの減衰力を切り替え、高級車並みの快適な走りを実現するリニアソレノイド式AVS(Adaptive Variable Suspension System ※HYBRID G“Z”、G“Z”にオプション)を採用するなど、いつまでも乗っていたくなるような、クルマ本来の走る喜びを追求しています。

カローラ スポーツの燃費や走行性能

カローラ スポーツのパワーユニットには、1.2Lターボエンジンのガソリン仕様と1.8L エンジン+モーターの組合せによるハイブリッド仕様の2タイプがラインアップされています。

カローラ スポーツ ハイブリッドシステム

※ハイブリッドシステム

1.2Lターボエンジンは、アクセル操作に対するレスポンスが良く、走りの楽しさと優れた環境性能を実現しています。また、1.8Lエンジン+モーターのハイブリッド仕様では、エンジンを停止してモーターのみで走行する「EVドライブモードスイッチ」を装備。早朝・深夜や屋内の駐車場などで、エンジン音や排気ガスを気にせず走行できます。

それぞれの燃費(WLTCモード)は、ガソリン車が15.2~16.4km/L、ハイブリッド車では25.6~30.0km/L

このように、カローラ スポーツは軽快な走りと低燃費を見事に両立させています

カローラ スポーツの安全性能

カローラ スポーツには、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。

歩行者検知(昼間・夜間)・自転車運転者検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト」をパッケージング。

ほかにも、駐車などの低速走行時に壁や車両を検知する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]※HYBRID G“Z”、HYBRID G、G“Z”、Gに標準装備。HYBRID G“X”、 G“X”にメーカーオプション。MT車はクリアランスソナー&バックソナーとなり、警報機能のみ作動。クリアランスソナー&バックソナーはG“Z”(6MT)、G(6MT)に標準装備。G“X”(6MT)にメーカーオプション」などの安全性能を備えています。

スタイリッシュでスポーティな外観のカローラ スポーツ

スタイリッシュでスポーティな外観のカローラ スポーツ

低重心かつワイドなスポーティシルエットが特徴のカローラ スポーツ。トレッドを拡大しタイヤを外側に出すなどの工夫で、踏ん張り感のあるスタイルが見た目の美しさを際立たせています。

TNGAプラットフォームよる低重心化と優れた重量バランスは、見た目だけでなく、走行中において高い安定性を実現。スポーティなスタイリングにマッチしたスポーティな走りを楽しむことが可能です。

カラーは発売当初の8色展開から、2019年に「エモーショナルレッドⅡ」、2020年に「グレーメタリック」「プラチナホワイトパールマイカ」が追加され、現在はツートーンを含め全12色展開となっています。

カローラ スポーツの内装はシンプルかつスポーティ

カローラ スポーツのシート HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

※HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

スポーティな走りを存分に楽しめるインテリアは、カローラ スポーツにおける魅力の一つです。細部のデザインや質感にこだわった、シンプルかつスポーティな内装に仕上がっています。

カローラ スポーツのシートフロント HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

※HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

HYBRID G”Z”とG”Z”に標準装備されるスポーツシートは、ホールド性能を徹底的に追求して作られたシートです。肩部の張り出し形状の最適化により、身体に強いGがかかる急なコーナリングの時でも、身体をしっかりとサポートしてくれます。

カローラ スポーツの内装 HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

※HYBRID G“Z” (内装色 : センシャルレッド) <オプション装着車>

安全に走りを楽しむためには良好な視界が必要です。カローラ スポーツのコックピットは、フロントピラーのスリム化とドアミラーの取り付け位置を最適化することで、優れた前方視界を確保できます。

カローラ スポーツの特別仕様車

カローラ スポーツ特別仕様車 HYBRID G“Style Package”(アティチュードブラックマイカ×グレーメタリック)<オプション装着車>

※特別仕様車 HYBRID G“Style Package”(アティチュードブラックマイカ×グレーメタリック)<オプション装着車>

2020年6月には、カローラ スポーツの「G」および「HYBRID G」をベースに、精悍さを際立たせた特別仕様車「G“Style Package”」および「HYBRID G“Style Package”」が設定されました。

ブラック塗装の16インチ専用アルミホイール、Bi-Beam LEDヘッドランプ、LEDデイライト、LEDフロントフォグランプなどを特別装備。さらに、フロントロアグリルのフレーム部にサテンクロムメッキ、リヤバンパーにクロムメッキ加飾を施され、特別なカローラ スポーツに仕上がっています。

カローラ スポーツの内装 特別仕様車 HYBRID G“Style Package”(内装色 : ブラック)<オプション装着車>

※特別仕様車 HYBRID G“Style Package”(内装色 : ブラック)<オプション装着車>

また、合成皮革とレザテックを使用したスポーティシートはブラックの専用表皮を採用。インテリアはさらにスポーティで引き締まった印象を受けます。高精細の7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイも特別装備されています。

カローラ スポーツの価格・グレード

カローラ スポーツのグレードは特別仕様車を含めて全部で4つあり、価格順ではエントリーモデルの「G”X”」、中間グレードの「G」、Gをベースにした特別仕様車「G“Style Package”」、そして最上位グレードの「G”Z”」になります。

駆動方式については、ハイブリッド車は2WDのみですが、ガソリン車は2WDと4WDが選択可能です。またガソリン車の2WDには6速マニュアルもラインアップされています。

カローラ スポーツの価格(税込)は、エントリーモデル「G”X” 6MT」の216万9,000円からハイブリッドの最上位モデル「HYBRID G”Z”」の284万1,000円まであります。詳しくは、カローラ スポーツ公式サイトにてご確認ください。

カローラ スポーツのレビュー まとめ

カローラ スポーツ

ほかにも、ドライブモードセレクトが装備されていたり、ガソリンターボ・CVT車に10速スポーツシーケンシャルシフトマチックが採用されていたりと、とことん走りの楽しさを追求しているのが「カローラ スポーツ」です。

見た目も性能もスポーティなカローラ スポーツに、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか?「せっかく車を運転するのであれば、車の運転そのものや走りも楽しみたい」そんな方とって、カローラ スポーツは良い選択肢の一台となるでしょう。

さて、ここからは、カローラ スポーツを購入検討する方向けに、購入以外にもカローラ スポーツに乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことがでるようになりました。
※トヨタ車が対象(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

KINTOを利用してカローラ スポーツに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube