About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

新型ハリアーのグレードの違いは?

新型ハリアーのグレードの違いは?

デビュー以来、都市型SUVの代表車として走りつづけてきたトヨタ「ハリアー」が、2020年6月にフルモデルチェンジ。高級SUVとしての風格はそのままに、スタイルはより洗練され、クーペのような伸びやかなルーフラインが美しい、新型ハリアーの登場です。

本記事では、新型ハリアーのグレードごとの違いを中心に紹介していきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. フルモデルチェンジした新型ハリアー
  2. 新型ハリアーの全グレードに装備されているもの
  3. 新型ハリアーのグレード比較で違いを紹介
  4. 新型ハリアーのカラー
  5. 新型ハリアーのグレードと価格
  6. 新型ハリアーのグレードまとめ

フルモデルチェンジした新型ハリアー

注目の新型ハリアーですが、先代と比較してボディサイズは全長で15mm長く、全幅は20mm広く、全高は30mm低くなっています。数値にするとわずかな差ですが、ワイド&ローなフォルムが印象的です。その一方、最低地上高は15mm高くなっていて、SUVとしての走破性は向上しているといえるでしょう。

パワーユニットは「2Lターボ」を廃止し、最新の「2L NAガソリン」と「2.5Lハイブリッド」の2種類を用意。駆動方式は2WDと4WDで、ハイブリッド車にも2WDが用意されるのはハリアー初となります。

また印象的なのは、これまでハリアーのシンボルだったフロントの「チョウヒ(鷹の一種)」エンブレムが、トヨタマークに変わっている点です。

新型ハリアーの全グレードに装備されているもの

新型ハリアーには、大きく分けて「S」「G」「Z」の3グレード+本革シートが標準装備になる「“Leather Package”」が「G」「Z」に設定されています。グレード比較で違いをみていく前に、新型ハリアーの全グレードに装備されているものについて、標準グレードとなるSグレードでみていきましょう。

予防安全

先進の安全装備「Toyota Safety Sense」について、新型ハリアーでは以下の機能が標準装備となっています。

  • ぶつからないをサポートする「プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」
  • 高速道路のクルージングをサポートする「レーントレーシングアシスト[LTA]」
  • ついていくをサポートする「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
  • 標識の見逃し防止をサポートする「ロードサインアシスト[RSA]」

Toyota Safety Senseの装備のひとつ、ハイビームシステムは、Sグレードには「オートマチックハイビーム」、Z“Leather Package”・Z・G“Leather Package”・Gグレードには「アダプティブハイビームシステム」が標準装備される違いがあります。

また、「パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)+ブラインドスポットモニター」は、Z“Leather Package”・Zグレードに標準装備、その他のグレードにメーカーオプションとなっています。

ナビ・オーディオ類

ハリアー ディスプレイオーディオ

※ディスプレイオーディオ

ナビ・オーディオ類については、Apple CarPlay/Android Autoに対応した8インチの「ディスプレイオーディオ」がG”Leather Package”・G・Sグレードに標準装備。

ディスプレイオーディオは、従来のAV一体型カーナビからナビ機能を省き、代わりにスマホのナビアプリやハンズフリー通話、音楽アプリを使えるAV機器です。

ハリアー T-Connect SDナビゲーションシステム

※T-Connect SDナビゲーションシステム

12.3インチの「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」は、Z“LeatherPackage”・Zグレードに標準装備、G“Leather Package”・Gグレードにメーカーオプションとなります。

同システムは、SDナビゲーションシステム、オーディオ・ビジュアル機能に加え、スマホ連携機能、ETC2.0ユニットなどを搭載するほか、T-Connectも利用できる多機能ナビで、ディスプレイオーディオと同様にApple CarPlay/Android Autoに対応しています。

新型ハリアーのグレード比較で違いを紹介

ハリアー Z“Leather Package”(内装色ブラウン)<オプション装着車>

※Z“Leather Package”(内装色ブラウン)<オプション装着車>

新型ハリアーのSグレード

ハリアー S(ダークブルーマイカ)<オプション装着車>

※S(ダークブルーマイカ)<オプション装着車>

ハリアーの標準グレードとなるSグレード。装備はシンプルですが、必要な装備は揃っているため、妥協のない高級感を十分に味わえるでしょう。

SUVらしくラフに乗りこなしたい方や、内装にこだわらない方は、シンプルなSグレードでも満足いくハリアーライフをおくれるでしょう。

また値段も299万円(税込)とほかのグレードより安いため、手軽に高級車ハリアーを楽しみたい方にもおすすめのグレードとなっています。

新型ハリアーのG/G “Leather Package”グレード

ハリアー G“Leather Package”(センシュアルレッドマイカ)<オプション装着車>

※G“Leather Package”(センシュアルレッドマイカ)<オプション装着車>

Gは上級グレードに相当し、Sグレードに比べて装備が一気に充実する割に、価格は比較的リーズナブルに抑えられている印象です。

ハリアー プロジェクター式LEDヘッドランプ(点灯状態)

※プロジェクター式LEDヘッドランプ(点灯状態)

新型ハリアーのGグレードでは、対向車や先行車が見えにくくなる蒸発現象を抑制しつつ、ハイビームの状態を保てる「アダプティブハイビームシステム&プロジェクター式LEDヘッドランプ」を標準装備。このLEDヘッドランプは、未来的なルックスの演出にも一役買っています。

ハリアー デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)デジタルミラーモード

※デジタルインナーミラー(前後方録画機能付)デジタルミラーモード

また前後方の録画機能が付いた「デジタルインナーミラー」も標準装備。本革シートなどで高級感を高めた“Leather Package”もGグレードから選べるようになるといった違いもあります。

新型ハリアーの「Z/Z “Leather Package”」グレード

ハリアー Z“Leather Package”(プレシャスブラックパール)<オプション装着車>

※Z“Leather Package”(プレシャスブラックパール)<オプション装着車>

Zグレードは最上級グレードだけあって、外観・内装ともに豪華になります。

S、Gグレードとの違いのひとつに、ナビがあります。12.3インチの「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」がZグレードには標準装備されています。

ハリアー 調光パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)透過状態

※調光パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)透過状態

Zグレードのメーカーオプションで注目の装備は、トヨタ車として初採用の調光ガラスを使った「調光パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付)」。電動シェードの開け閉めはもちろん、調光機能が追加されているので、シェードが開いている状態でも調光・透過を瞬時に切り替えることが可能です。

ハリアー 19インチタイヤ&ホイール(高輝度シルバー塗装)

※19インチタイヤ&ホイール(高輝度シルバー塗装)

アルミホイールもZグレードには専用デザインの19インチが採用され、ルックスでもたくましさが増しています。

新型ハリアーのカラー

新型ハリアーには全7色のカラーが用意されています。

ハリアー Z“Leather Package”(プレシャスブラックパール)

※Z“Leather Package”(プレシャスブラックパール)

ハリアーのカラー
  • プレシャスブラックパール(※)
  • センシュアルレッドマイカ(※)
  • ブラック
  • ダークブルーマイカ
  • スレートグレーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(※)
  • スティールブロンドメタリック

(※)メーカーオプションカラー

注目のカラーは、ハリアーのイメージカラー「プレシャスブラックパール」でしょう。その名の通り黒真珠を思わせる深みのある、つややかなブラックです。表面のクリア塗装には塗膜に生じた変形を弾性(ばね)により回復させ、傷がつきにくくするセルフリストアリングコートを採用しています。

新型ハリアーのグレードと価格

新型ハリアーのグレード構成は、大きく

  • 標準グレードの「S」
  • 上級グレードの「G」
  • 最上級グレードの「Z」

の3タイプに分けられ、 本革シートが標準装備になる「“Leather Package”」の設定、パワーユニットとしてガソリン仕様とハイブリッド仕様、駆動方式として2WDと4WD(ハイブリッド車はE-Four)があります。

新型ハリアーのグレードと新車価格帯(税込)は、ガソリン車の標準グレード「S」(2WD)の299万円から、ハイブリッド車の最上級グレード「Z“Leather Package”」(E-Four)の504万円までとなっています。

最新のグレードや価格については、ハリアー公式サイトでご確認ください。

新型ハリアーのグレードまとめ

最新トレンドのクーペSUVスタイル、丁寧に作り込まれた上質なインテリア、余裕の動力性能と先進の安全性能など、多くの面でグレードアップした新型ハリアー。気になる方は、試乗などで確認してみてはいかがでしょうか。

最後に、購入以外にもトヨタやレクサスの新車に乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

KINTO ONEのハリアーをみる

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube