About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

アクアの燃費を調査!クラストップレベルの低燃費の理由とは

アクアの燃費を調査!クラストップレベルの低燃費の理由とは

2011年のデビュー以来、販売台数上位に君臨し続けるトヨタのハイブリッドコンパクトカー「アクア」。その人気が持続している大きな要因は、クラストップレベルの低燃費にあります。本記事では、アクアの低燃費を実現している技術などについてみていきます。

※本記事のアクアは2011年12月から2021年7月まで販売されたモデルに関する内容を含みます。最新モデルのアクアに関してはアクア公式サイトをご参照ください。

<この記事の目次>

  1. ハイブリッド専用コンパクトカー「アクア」
  2. アクアの低燃費を実現している技術
  3. 走りも妥協しないアクア
  4. アクアをKINTOで利用する方法
  5. アクアの燃費性能まとめ

ハイブリッド専用コンパクトカー「アクア」

大人気のハイブリッドコンパクトカーアクア

コンパクトカーとしてもハイブリッドカーとしても人気のトヨタ「アクア」。2011年のデビュー以来、2度のマイナーチェンジといくつかの改良が重ねられましたが、基本設計やデザインはほとんど変わりません。

ボディーサイズは標準モデルで全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmと、非常にコンパクトで街乗りに適しています。最小回転半径は4.8mと小回りが利くため、狭い道路での通行や駐車も楽にこなせます。

4mほどのコンパクトなボディに対して室内空間はゆとりある広さ。室内サイズは全長2015mm×全幅1395mm×全高1175mmで後部座席は大人が乗っても足元に余裕があります。

2017年6月マイナーチェンジ時のアクアのカラー

2017年6月マイナーチェンジ時のアクアのカラー

カラーバリエーションも豊富なアクア。グレードによって選択できるカラーは変わりますが、ボディカラーを幅広く選べるのはうれしいポイントです。

ハイブリッドシステムは、プリウスにも採用されている「THS II」を搭載。ハイブリッドで低燃費、そしてコンパクトボディで扱いやすいアクアは大人気のハイブリッド専用コンパクトカーです。

アクアの低燃費を実現している技術

アクア最大の特徴は燃費性能です。アクアの中でも一番低燃費のグレード「L」はなんとWLTCモード29.8km/L。その他のグレードでもWLTCモード27.2km/Lと、クラストップレベルの低燃費を実現しています。その低燃費を実現している技術は二つ挙げられます。

ハイブリッドシステム

一つ目はハイブリッドシステムです。アクアには第2世代のプリウスに搭載されていたハイブリッドシステム「THS II」が、さらに軽量・コンパクトに改良され搭載されています。

すでに完成度の高いハイブリッドシステムでしたが、エンジンの高効率化や小型・軽量化を実現。そして2017年のマイナーチェンジではエンジンの改良およびハイブリッドシステムの制御見直しが行われ、低燃費に貢献しています。

空力性能の追求

二つ目は空力性能です。どれだけスムーズに空気が流れるかを表すCd値は0.28(2011年発売モデルの数値)と、優れた空力性能を確保しています。ここでは、優れた空力性能を得るための多くの工夫を紹介します。

トライアングルシルエット

トヨタハイブリッドカーの特徴でもある空気抵抗を減らすためにデザインされた三角形のシルエットを採用しています。

エアロコーナー

フロントタイヤ前方とリヤタイヤ後方の平面形状が、タイヤ周りを通る空気の整流効果を高めます。

カモメルーフ

ルーフパネルの形を「カモメ形状断面」にすることで、剛性を保ちながら軽量化と空気抵抗の低減を図っています。

リヤルーフスポイラー

ルーフからの空気の流れを整えることで空力性能を向上させています。

エアロスタビライジングフィン

ドアミラー付け根部分とリヤコンビネーションランプサイド部に設置された小さなフィンが、気流に小さな渦を発生させることで車体を左右から押さえつけ、優れた操縦安定性を実現します。

走りも妥協しないアクア

アクアは優れた燃費性能が注目されがちですが、安全で楽しく乗れるハイブリッド専用コンパクトカーとして、走りの性能にも力を入れています。

1.5L直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドパワーユニットは、軽量ボディと相まって優れた加速を実現。信号待ちからのスタートダッシュや高速道路の合流、追い越し加速など、ストレスなくドライブできます。

安定した走行を実現させるために、2017年のマイナーチェンジでスポット溶接箇所を増やしボディ剛性をさらにアップ。足回り関係では新タイプのショックアブソーバーを採用し、タイヤサイズは185/60R15に変更され、乗り心地が向上しています。

走りにこだわる開発者の創意工夫はこれだけではありません。重たいハイブリッドシステムのバッテリーをリヤシート下に配置することで前後重量バランスと低重心化が図られました。パワーユニットも低い位置に配置し、さらに車体自体も低くすることで優れた操縦安定性を実現します。

アクアをKINTOで利用する方法

アクアは全国のトヨタ販売店で購入可能です。しかし、まとまった資金がすぐに用意できないなどの理由でお悩みの方に、アクアが手軽に乗れる方法のひとつ「KINTO」を紹介します。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

アクアの燃費性能まとめ

アクアの燃費性能

クラストップレベルの低燃費でベストセラーのコンパクト専用ハイブリッドカー「アクア」。低燃費を実現している技術は、ハイブリッドシステム「THS II」と優れた「空力性能」でした。

コンパクトなボディにもかかわらず大人5人が乗車できる広い室内空間、自動車税が安い1.5Lのコンパクトエンジン、クラストップレベルの低燃費など特徴が満載で大人気のロングセラー車になるのも頷けます。

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube