About Toyota/Lexus Car

トヨタ車&レクサス車解説

販売好調のトヨタ新型コンパクトSUV「ライズ」をレビュー!

販売好調のトヨタ新型コンパクトSUV「ライズ」をレビュー!

2019年11月の発売以来、販売好調のトヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」。全長4mにおさまる5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、パワーと燃費を両立したエンジンを搭載。SUVらしい力強いスタイルや使い勝手の良さから、 新車販売台数を伸ばしています。

かっこいいSUVが欲しいけど大きいクルマは運転が不安、走りを楽しめるSUVが好きだけど燃費や価格が心配…。普通の車に物足りなさを感じていたユーザーのニーズに合わせて登場したライズは、コンパクトカー新時代の到来を予感させる魅力的な一台です。

本記事では、トヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」の特徴や、燃費に安全装備などの基本性能、エクステリアとインテリアをレビューしていきます。

※本記事は2019年11月から2021年10月まで販売された初代ライズに関する内容を含みます。2021年11月の一部改良後のライズに関しては以下の関連記事をご参照ください。

<この記事の目次>

  1. コンパクトながらSUVらしいエクステリアを持つ
  2. 静寂性と安定感のある走行性能
  3. 気になるライズの燃費は?
  4. ライズは充実した安全性能を備える
  5. ライズのインテリアはどんな感じ?
  6. ライズのグレード
  7. ライズのレビューまとめ

コンパクトながらSUVらしいエクステリアを持つ

ライズはコンパクトながらSUVらしいエクステリアを持つ

ライズは全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのコンパクトサイズ。同じトヨタの「C-HR」が全幅が1,700mmを超える3ナンバーであるのに対し、ライズは数少ない5ナンバーサイズのSUVです

ライズの外観はコンパクトさを感じさせないボリュームのあるエクステリアが魅力です。大径17インチタイヤ(一部グレードは16インチタイヤ)と、ワイド感のあるフロントグリル、大きく外に張り出したサイドフェンダー、スクエアを意識したバンパーコーナーなど、パワフルな印象がみなぎる外観です

ボディ剛性の強靭さもライズの魅力。ライズの開発・生産を担うダイハツのプラットフォーム「DNGA」を採用することで、フレームの軽量化と強度の追求が徹底されています。

静寂性と安定感のある走行性能

ライズのエンジンは1.0L・3気筒ターボですが、最大トルクは140Nm(2,400~4,000rpm)。車重1トンを切る軽量ボディと新開発のCVT「D-CVT」のおかげで、特に走り出しの力強さでは1.5Lエンジンと見まがうレスポンスを発揮します

同種のエンジンはダイハツ・トールやトヨタ・ルーミーにも採用されています。ライズはエンジンルームの遮蔽を見直すなど改良し、これまでにない静音性を実現しました

またサスペンションは前輪部分にストラット式を採用。走行時は下からの突き上げに強く、ハンドリングのよい足回りを実現しています。

5ナンバーサイズならではの小回りの良さも、大きな特徴です。最小回転半径は4.9m~5mで、狭い路地や交差点、駐車場などでもスムーズな走行が可能です。

気になるライズの燃費は?

ライズの燃費

SUVは大排気量で燃費が悪いイメージがありますが、ライズの燃費はWLTCモード17.4km/L~18.6km/L。5ナンバーのコンパクトSUVらしく、燃費も良好な性能を誇ります。

走行時には燃費効率を計算したスマートモニターも表示され、ドライバーが燃費の良い走りができるようサポートします。

さらにライズの上位グレードの4WDタイプでは、ダイナミックトルクコントロール4WDを搭載しています。タイヤの駆動状態を電子制御して、発進時やグリップの低い路面など、走行時のシチュエーションに合わせて、最適なトルクを自動的に後輪に配分する仕組みです。

ライズは充実した安全性能を備える

ライズの安全性能で特筆すべきポイントは「衝突警報機能」と「衝突回避支援ブレーキ機能」の標準搭載(Z、G、X”S”グレード)です。車体の前後に装備された4つのコーナーセンサーで歩行者や車両を検知し、距離に応じて音を変え警告。さらに危険性が高まると緊急ブレーキで減速させます。

また昨今大きな社会問題になっている「アクセルとブレーキの踏み間違い」を防止するため、前方・後方の壁や障害物を感知して、アクセルを踏み込んでしまった場合にエンジン出力を抑制する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能」もあり、誤発進や事故の発生リスクを低減させます。

他にもライズにはドライバーの死角になりやすい後方の車を確認できる「ブラインドスポットモニター」機能のほか、バック発進時に左右後方から近づく車両を検知して注意を促す「リヤクロストラフィックアラート」という警報機能をオプションで追加(Z、Gグレード)できるなど、配慮が行き届いた安全装備が用意されています。

ライズのインテリアはどんな感じ?

ライズの内装

ライズは5ナンバーサイズのコンパクトSUVながら、荷室は369L(デッキボード下段時 ※デッキボード上段時は303L)と大容量を確保しています。また、5人乗車時でも狭さを感じにくく、長時間の走行でも快適に過ごせる室内空間を実現しています。

インテリアはスポーティなイメージで仕上げられ、インパネ部分とシートまわりは黒とシルバーを基調にデザインされています。座席は高めに設置されているので、走行時のドライバーが広い視野を確保できます。

またサイドガラスやリヤガラスが大きく開放感があり、車の横や後方が見やすくなる工夫がされている点も大きな特徴です。

ライズのコクピットモニターには、上位グレードに最新のアクティブマルチインフォメーションメーターを搭載。4種類のスキンから好きなデザインをその日の気分で選べ、ハイエンドモデルならではの高級感を演出します。

ライズのグレード

ライズはベーシックなグレードのXのほか、X”S”、G、Zの順に4つのグレードに分かれ、それぞれ2WD/4WDが選択できます

Xグレードはホイール径が16インチと小さく、ホイールキャップはウレタン製の汎用品です。またインパネは速度と回転数のアナログメーターになっています。

最上級グレードのZは基本装備が充実しています。17インチのホイールはオリジナルデザインのスポーティタイプを標準装備し、スマートアシスト完備、インパネは液晶のアクティブマルチメーターです。

ライズのレビューまとめ

ライズのレビュー

トヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」は、これまでの車では物足りなさを感じていたユーザーに、SUVの新たな魅力を提供する新世代の車といえます。

それでは最後に、購入以外にもトヨタのライズに乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れる(サブスクリプションサービス。
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことができるようになりました。
※(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
※bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
※bZ4X専用プランでは最長10年

KINTOが気になる方は、ぜひ取り扱い車種ラインアップページ(トヨタ車レクサス車)をチェックしてみてください。納車時期の目途月額料金を確認することができます。

なお、車を購入する場合の費用KINTOの初期費用フリープランの場合の費用で比較検討したい方は、支払いプラン別比較ツールで月々の支払額をイメージしてみることをおすすめします。お好みの車種と運転される方の年齢、利用期間を選択するだけで、KINTOの利用と購入(現金一括・銀行自動車ローン)での月々の支払額をシミュレーションすることができます。

KINTOを利用してライズに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

KINTO ONEで人気のRAIZE(ライズ)をみる

この記事をシェアする

  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • Instagram
  • Youtube