KINTO FACTORY

パワーバックドア・キックセンサーの後付けについて解説。工賃や設定車種などを紹介

パワーバックドア・キックセンサーの後付けについて解説。工賃や設定車種などを紹介

本記事では、パワーバックドアの解説と、パワーバックドアを後付けする方法について解説していきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新でない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトなどでご確認ください。

パワーバックドアとは?

先代レクサスNX(初度登録:2014年7月~2017年8月)パワーバックドアとは、リモコンやバックドアのスイッチひとつでドアの開閉ができる機能のこと。

リモコンやバックドアのスイッチの操作をしなくても、リヤバンパー下に設置されたセンサー(キックセンサー)に足をかざすことでパワーバックドアを開閉できるものが「ハンズフリーパワーバックドア」です。
 
ここからは、パワーバックドアの仕組みや機能、メリットを、トヨタのハリアーを例に解説していきます。各名称は、ハリアー装着のものに準じるので、トヨタ以外のメーカーだと名称が違う場合がありますのでご注意ください。

パワーバックドアの仕組み

ハリアー(キックセンサーを後付け可能)バックドアには、バックドアを支えるためのダンパーステーが取り付けられています。パワーバックドアは、このダンパーステーの代わりにスピンドルユニットが付いており、これがスイッチ操作(開閉操作)に応じて自動で伸縮することでバックドアが自動で開閉します。

パワーバックドアの機能やメリット

  • 挟み込み防止機能

パワーバックドアの左右端部にはセンサーが付いており、ドアを自動で閉めているときに、挟み込みなどによりセンサーが押されると挟み込み防止機能が作動し、ドアが自動的に反対方向へ少し動いて作動が停止します。

  • 落下防止機能

バックドアが自動で開く時に無理な力がかかると、バックドアが急激に落下しないようにブレーキをかけます。

  • バックドアクローズアシスト機能

バックドアが開いている時に手動でバックドアを下げると、自動でバックドアが全閉してくれます(スイッチ操作以外でもバックドアを閉じることが可能)。

  • 予約ドアロック機能

パワーバックドアの自動閉作業中に、あらかじめ全ドアの施錠を予約する機能です。バックドア以外のドアが閉じた状態で、ドアハンドルのロックセンサーを押して施錠するorワイヤレスリモコンで施錠操作をすると、パワーバックドア以外の全てのドアが施錠され、パワーバックドアも閉まると同時に施錠がされる機能です。全てのドアが施錠されるので安心です。

  • カスタマイズ機能

パワーバックドアの全開時のドアの開度を変更できる機能です。

  • バックドアイージークローザー機能

バックドアが半ドア状態になった時、数秒あけて作動して自動で完全に閉じる機能です。半ドア状態で走行すると危険なので、これもついていると安心な機能です。

  • ハンズフリーパワーバックドア機能

ハンズフリーパワーバックドア機能が付いている場合、スイッチやリモコン(キー)の開閉ボタンを押さなくても、リヤバンパー下に設置してあるキックセンサーに足をかざすだけで自動的にパワーバックドアが開閉してくれます。

パワーバックドア(&キックセンサー)を後付けする方法

パワーバックドアを後付けする方法は、主に2種類あります。

社外製(非純正品)後付けパワーバックドアキットを取り付け

「パワーバックドア後付けキット」「後付け電動リアゲート」と呼ばれる製品があります。車種ごとに製品(電動ダンパーやユニット、スイッチなどがセットになったもの)が販売されており、自身で取り付ける(DIY)か、取り付け可能な所を自身で見つけて取り付けを依頼する必要があります。製品によっては、キックセンサーがセットになっていてハンズフリーパワーバックドアにできるものもあります。

DIYは配線などもあり難易度が高いので注意しましょう。
※クルマ関連の製品を購入する際によく聞く社外製・社外品とは、その自動車を作ったメーカー以外が作った部品のことを指します

KINTO FACTORYで取り付け(トヨタ車・レクサス車の一部車種)

トヨタ車・レクサス車の一部車種はKINTO FACTORYで純正のパワーバックドア(&キックセンサー)機能を後付けすることが可能です。純正品と変わらない性能や見栄えにできるほか、メーカー保証が付き、保証期間も長いのでとにかく安心です。KINTO FACTORY施工受付店舗に車両を持ち込み、取り付けてもらいます。

2023年2月時点での対象車種は以下となります。

  • ハリアー(パワーバックドアをハンズフリーパワーバックドアに変更可)
  • 先代レクサスNX(パワーバックドア、ハンズフリーパワーバックドアを後付け可)


実際にKINTO FACTORYでパワーバックドアが付いているハリアー(Gグレード)にキックセンサーを後付けしてハンズフリーパワーバックドアにする様子を取材したので、レポートします。

KINTO FACTORYを取材。現行ハリアーのパワーバックドアにキックセンサーを追加する様子をお届け

ハリアーは、「S(ガソリン/HEV)」「G(ガソリン/HEV)」「Z(ガソリン/HEV)」「Zレザーパッケージ(ガソリン/HEV)」「Z(PHEV)」の5グレードが展開されています。パワーバックドアの装備状況は以下となっています。

Z(PHEV)

Zレザーパッケージ

Z

G

S

ハンズフリーパワーバックドア標準装備

パワーバックドア標準装備

なし

今回は、Gグレードにキックセンサーを追加してハンズフリーパワーバックドアにする様子を取材できました。
 
まずは、リヤバンパーを外します。

リヤバンパーを外す様子※リヤバンパーを外す様子

もともとついているパワーバックドアにキックセンサーを追加します。車のことを熟知している専門スタッフが行うので安心です。
※キックセンサー装着作業の様子

キックセンサーの装着が完了したら、バンパーを元通り装着します。
ハリアーのマルチインフォメーションディスプレイキックセンサーの装着が終わったら、バンパーを車に装着します。装着後は正しく動作するかどうか動作確認を行います。ハンズフリー機能が有効化されたことが、マルチインフォメーションディスプレイからも確認できました。
キックセンサー動作風景1※キックセンサーに足をかざすと……
 キックセンサー動作2※バックドアが自動でオープン!

純正品を装着する利点とは? 

取材風景写真※今回インタビューに応じてくれたトヨタ自動車、柴田さん

Q パワーバックドアやキックセンサーを後付けしたいという方って結構いるのですか?

A これまでKINTO FACTORYでは、WEBサイト上で今後拡大を期待する車種やアイテムを募集していたのですが、その中でもご要望の多かった車種がハリアーでした。キックセンサーは価格が3万円台と手の届きやすい価格でご提供できることから2023年2月14日に商品化されました。

Q 社外品もよく売られていますが、自分でつけるのは難しそうです。KINTO FACTORYでお願いすると取り付けもしてもらえますよね?

A 社外品によっては、サイズや形状などを車両に合わせて加工したり、電源やスイッチなどを別体で設置するなど、部品交換以外にも作業が必要になることがあるそうです。

KINTO FACTORYは、取り付けを専門スタッフが行います。全ての部品にトヨタ純正部品を用いておりますので、社外品のような現物加工は一切不要です。また、厳しい評価や安全基準をクリアした純正部品だから安心です。

Q KINTO FACTORYで装着すると、どんなメリットがありますか?

A 全ての部品にトヨタ純正部品を用いることで、ステアリングスイッチを操作しマルチインフォメーションディスプレイからキックセンサーの機能ON/OFFをカスタマイズすることも可能です。

安全面では、センサーに反応した際にハザードランプ点滅やブザーを鳴らし、周囲にいる方にドア開閉をお知らせ。また、万が一挟み込みを検知した場合は、ブザーを鳴らすと同時に開閉を停止するなど、メーカーオプションと全く同じ機能を実現します。全ての後付け部品にメーカー保証が付帯されるので安心もご提供しております。

Q 製品開発で苦労したことはありますか?

A トヨタの厳しい評価に耐えうる取り付け方や、後付けした部品が車両の他の機能に影響を及ぼすことがないかなど、開発者や設計者と一緒にさまざまな検証を繰り返し、メーカーオプションと全く同じ機能を得られる後付けメニューに仕上げました。これにより後付け感を一切感じさせずに、お車をアップグレードさせることを実現しました。

パワーバックドア/キックセンサーの後付けまとめ

パワーバックドアは買い物など手が塞がるシチュエーションの時にあると便利です。ハンズフリーパワーバックドアであれば両手が塞がっていてもバックドアを自動で開閉できます。できれば、新車購入時に一緒に追加したいオプションですが、後から機能を追加したくなった場合は後付けも可能です。車種によっては社外の後付けキットがあるほか、トヨタ車・レクサス車の一部はKINTO FACTORYで純正品を後付け可能です。
 
トヨタ車・レクサス車オーナーであれば、KINTO FACTORYでの装着をおすすめします。KINTO FACTORYは、メーカーオプションの後付けや運転支援システムなどの車のソフトウェアを最新にアップグレードする「アップグレード」のほか、内装や外装のリフレッシュ/再生ができる「リフォーム」、ドライバーに合わせて車を進化させる「パーソナライズ」の3つのメニューを提供しています。トヨタ車・レクサス車オーナーであれば誰でも利用可能です。
 
2023年2月現在、パワーバックドアはレクサスNXとハリアーのみの取扱いですが、今後のKINTO FACTORYのラインアップ拡大にご期待ください。

KINTO FACTORY紹介ページ
KINTO FACTORY ― パワーバックドア紹介ページ

この記事をシェアする

  • X
  • line
  • はてなブックマーク
Membership

メンバーシップ

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録する

SNSをフォローする

  • X
  • Instagram
  • Youtube