理由01「レクサスは楽しみたいけど、
契約に関わる無駄な時間は
ミニマムにしたかった」

荒木様 執筆家・法人・UX契約

佐藤:まず、KINTOを選ばれたきっかけを教えてください。

荒木様:あまりクルマを保有することにこだわりがなくて、シンプルにわかりやすく、手離れの良いものがないかなと思っていたときにKINTOを知って。どうせ乗るなら、気持ちがいいクルマに乗りたいなと考えていたところで、KINTOにレクサスが登場したんですよね。

佐藤:きっかけは、レクサスからというより、KINTOを知っていただいたからですね。実際ご契約されて、いかがですか?

荒木様:新しいサービスなので、話のネタとして面白いこともありますし、自分の中でもこれだったら、所有している、レクサスに乗ってるっていう感覚もありますね。

佐藤:荒木さんの価値観とも合っていた?

荒木様:はい。僕は時間的な価値をすごく重要にしているので、クルマに関わることを検討する時間や、手続きしている時間など、自分に価値を生まない時間をできるだけ減らしたいんです。個人で仕事をしているので、時間しかリソースがないわけです。そうすると、与えられた時間の中でどうやってパフォーマンスを出していくのかが全て。関心がなかったり、付加価値を生み出せなかったりする時間をどれだけミニマムにできるかを重視しています。そういう意味でKINTOのサービスはうれしいです。

佐藤:なるほど。それはぴったりだ(笑)月々定額払うだけ、以上ですもんね。

荒木様:契約もシンプルで、クルマの楽しい部分だけをいいとこどりした感じ、ですよね。

佐藤:そうなんですよね。

荒木様:クルマも乗りやすいですし、オーナーだけが使えるレクサスオーナーズラウンジも最高です。レクサスの車も当然いいけど、レクサスならではのサービスもいい。嬉しい誤算でしたね。

佐藤:例えばどんなところが?

荒木様:特製のドリンクをぜひ頼んでみてください(笑)本当に美味しいんですよ!どうでも良い話なんですけど、すごく感動しちゃって。クルマだけじゃなくて、まさにサービスの総合的な体験としてレクサスの良さに初めて気づきましたね。

佐藤:レクサスオーナーだけの特典ですね(笑)荒木さんは、法人契約されているとのことですが、手続きは楽になりましたか?

荒木様:はい。所有すると面倒な書類をいっぱい出さなければいけなかったのが、今はもう完全経費ベースで毎月定額支出なので、すごく楽ですね。毎月一定額で、こういうふうになってるほうが管理上も直感的にわかりやすい。

佐藤:大量の書類は考えるだけでも嫌ですよね(笑)

荒木様:面倒なことって、それが当たり前だったときは、そういうものだって思っているのですが、解放されてはじめて、『ああ、あれは面倒だった』って実感できるんですよね。

佐藤:そうそう。そういうこと、ありますよね。

インタビュー動画

理由02「ネットで、⾃分のペースで
クルマを選ぶ。
これはニューノーマルだと思った」

松村様 パティシエ・法人・UX契約

佐藤:なぜ、KINTOでレクサスを?

松村様:単刀直入に言うと、乗りたかったからですね。パティシエなので、作り⼿のこだわりにぐっときてしまうんですよ。なかなか乗れないクルマですが、いざ選ぶとなると、乗ってみたいなあと。調べているうちに、(レクサスに)どんどん惹かれていってしまいました。

佐藤:なるほど。(笑)

松村様:どうしようと悩んでいたところで、KINTOなら法人契約できることを知って決めました。

佐藤:決め手は法人契約?

松村様:はい。経費で落とせる面はメリットです。それと、全部込みなのも決め手ですね。

佐藤:込みもですか。特に内容としてはどの点が一番大きかったですか?

松村様:保険と税金でしたね。細かいところまでは試算していないのですが、コストメリットよりも、契約などの手間含め、トータルで考えたらKINTOがいいなと思いました。

佐藤:ネットでクルマを契約することの抵抗はなかったですか?

松村様:逆にお店に行ってしまうと、色々な情報があり、悩み過ぎてしまうかなと思って。それだったら、自分のペースで、ワクワクドキドキしながら一人で悩んで、誰にも邪魔されずに決められるのはいいなって。

佐藤:自分のペースで、自由に買えるというところですね。

松村様:そうですね、自分に合ってるなと思います。自分の目と感覚で買えるっていうのが、新しい買い方だなと感じた部分はありました。ニューノーマルの時代にふさわしいかも、と。

佐藤:試乗はされていないんですか。

松村様:してないです。夜、寝室でYouTubeなどで情報収集をして、ワクワクしながら寝て。次の日の朝、目が覚めた瞬間にも、やっぱり欲しいなって(笑)

佐藤:そのまま契約を決められた?

松村様:はい。朝の頭の中がクリアな状態で、もう一度試算して、やっぱりいいなと思って。あとは、ドキドキしながらポチっと(契約ボタンを)押しちゃいました。(笑)

佐藤:次に欲しいクルマは?

松村様:3 年契約なので、 3 年後にはワンランク上のレクサスにしたいなぁ、って。 いきなり上位車種を目指すよりも、まずはUXから。そこから、どんどん、上げていく楽しみがありますね。それが、スイーツづくりのモチベーションになってます。

佐藤:こだわりのスイーツ、いつか⾷べてみたいなあ。

インタビュー動画

理由03「クルマのサブスクの魅⼒は、
出ていくお⾦の均⼀性だと思う」

加藤様 会社役員・個人・UX契約

佐藤:現金一括で買われたときの不満や面倒さというのはありました?

加藤様:購入した後にも、例えば自動車保険の更新がありますよね。ご案内はいただくんだけど、ついつい忘れてしまって。そういうことが少し面倒くさいなあという感じはありました。これは僕の管理能力の課題かもしれないですけど(笑)

佐藤:確かに、わかります(笑)

加藤様:クルマって出ていくお金がバタバタするじゃないですか。頭金、税金、保険料だったり…KINTOはそういうことがないのが僕にとっては大変ラクです。月々定額で良いというところが、サブスクの魅力だと思うんです。毎月出費の計算が立つことが大変分かりやすいですね。

佐藤:なるほど。そういう意味ですね。最初からレクサスを検討されていましたか?

加藤様:家族と相談して、当初はハリアーで検討していました。他社リースをざっと調べて、これならいわゆる経済的なこともクリアできるなと。その後、他もインターネットで調べようということになって、KINTOでレクサスを見つけたんです。

佐藤:決め手があったわけですよね?

加藤様:ハリアーを他社のリース代金に自動車保険料など全部合算してみたり、細かくシミュレーションしました。そしたらハリアーを契約するより、KINTOのレクサスの方が実費としてお得!自動車保険も込みというところが決定打でしたね。これなら十分魅力的な価格でレクサスのSUVに乗れるなということになったので、その瞬間に決めました。万が一、後悔しても(契約期間の)3年ですからいいのかなと。

佐藤:なるほど、そういうことだったんですね。

加藤様:クルマってどんどん進化するわけですし、そういう変化や刺激も楽しみたいなって。3年後はもっとより良いレクサスになってるだろうから、そのときの経済的な事情が許す範囲で、もうちょっといいレクサスに乗る事も考えています。だから3年ごとに新しいクルマを体感できるKINTOが良いですね。

佐藤:そこもKINTOの強みですよね。

インタビュー動画

理由04「クルマは3年ごとに乗り換えたい。
だけどそのたびの⼿続きが
⾯倒だった」

水野様 保育園経営・個人・NX契約

佐藤:これまではどのようなクルマの持ち方を?

水野様:残価設定で購入ですね。2~3年くらいの短いスパンで乗り換えていました。

佐藤:KINTOに気持ちが動いたのはどのポイントですか?

水野様:残価設定の場合、買う時の手続きとか、保険とか、下取りとか、毎回すごく面倒なんですよね。私の場合、乗り換えのスパンが短いのでなおさらなんです。そこでKINTOを検討し始めました。

佐藤:時間的なところがKINTOの決め手だった?

水野様:はい。これまでは、オプションの選択なども含めると毎回3〜4時間、複数回商談をするようなこともあって意外と労力のいるところでした。

佐藤:お忙しい中、なかなか時間が割けない部分もある中でそれは大変ですね。

水野様:自分の中では、付けるオプションといったところはある程度クリアでしたし、種類もKINTOで用意されてるオプションで十分満足できる範囲だったので、KINTOでの契約に気持ちが動きましたね。

佐藤:今までの販売店ではなく、ネットでの申込みはいかがでしたか?

水野様:これまでも、販売店に行く前に、トヨタやレクサスのホームページ上でオプションを選んでシミュレーションをして、それを店舗に持ち込んで話をする、ということをしていました。KINTOの場合は、申込み作業がほぼ、シミュレーション作業そのものなので、店舗でのやり取りが一切なく楽でした。ここはものすごく大きい。

佐藤:確かにそうだ。実際に契約されてみていかがです?

水野様:残価で組むと、下取りと残債の兼ね合いのキャッシュアウトのわずらわしさがあるんですが、その辺、KINTOだと頭金なしで、3年後も特に意識せず次の乗り換えを考えられる楽さも魅力でした。
私みたいなサイクルの短い乗り方をしてる人間には、KINTOのシステムは、ものすごく受け入れやすかったです。ネットでぜんぶ完結できますし、月々定額払うだけでいいですし。

佐藤:なるほど。レクサスオーナーになられて、いかがですか?

⽔野様:レクサスから抜けることはない、と断⾔できます。まだ納⾞されてから2週間くらいですども、あまりにも違いがあり過ぎて。グレード感ですね。

佐藤:ということは 3 年後も?

⽔野様:はい。KINTO で次のレクサスを選ぶのが、今から楽しみです(笑)。

インタビュー動画

理由05「経営の視点でも、経費管理が楽」

赤石様 会社経営・法人・RX契約

佐藤:これまで社用車は購入されてたとのことですが、今回KINTOで契約することに抵抗はありました?

赤石様:ありませんでした。インターネットでKINTOの案内を見て、自動車税やメンテナンス費用も全部込みだったから、逆に安いかなと。あとは保険ですね、損害保険、車両保険、対人対物も全部込みで支払いも一定ですから。購入となると保険だったり、何かあった場合のメンテナンスだったりと、支払いが結構面倒くさい。

佐藤:わかります。全て含まれていれば、その分の手間も少なくなりますね。

赤石様:それと最初から何百万という資金を用意して購入するより、ある程度(会社の)財務状況の目途が立っているのであれば、月々定額のほうが経費計上もすごく楽ですね。何より購入となると初期投資も大きくなってしまいます。KINTOなら頭金もなし、全部込みだから初期投資もかからない。これには経理担当である妻も納得でした(笑)

佐藤:経営の視点ですね。レクサスのある生活はいかがですか?

赤石様:RXに乗ってゴルフによく行きますね。レクサスオーナー向けのゴルフコンペがあって、色々な業種の方と知り合いになれました。

佐藤:ゴルフ仲間の方から聞かれませんでした?「クルマ買い替えたの?」って。

赤石様:聞かれましたね。でも「クルマ替えたけど俺のクルマじゃないよ、3年で返すんだよ」って。そうするとみんな“えっ?”って顔になるんですよね。

佐藤:クルマは購入される方が多いですからね。

赤石様:そうなんです。それで“じゃあ金額はいくらなんだ?”と聞かれ、「全部込みでこれくらい」と月々の支払い額を教えるんですよ。それを聞いて“さすがに高い”と。

佐藤:それは…レクサスですからね(笑)決して安いものではないですよね。

赤石様:でも逆に、購入した場合は一気に数百万円かかるじゃないですか。それを月々で計算してみると“あれ?意外とそれほどでもない?”という人もいますね。自分の資産としてクルマを残しておきたい方もいますが、私は3年だったら3年間、クルマを楽しむような形がいいですね。

佐藤:なるほど、クルマを資産として持たないという考えですね。

赤石様:自分の資産としてクルマを持ってしまうと、手放すときに誰に売るか、下取りはどうするか、金額交渉など何かと難しい部分もあったので、逆に資産として持たずレクサスに乗れるという部分で飛びつきましたね(笑)。どうしてもクルマは乗っていくうちに消耗とかありますので、資産としては考えていませんね。その辺、KINTOならメンテナンスや修理も込み、楽しむだけだから大変楽です。

佐藤:レクサスを存分に楽しむ、だけですね。

赤石様:実は気持ち的にも余裕ができて、自分でもびっくりするくらい運転の仕方が変わりました。それはレクサスのおかげですね。

インタビュー動画

スペシャル動画

取扱い車種

UX

月額 74,800 円(税込)

NX

月額 88,000 円(税込)

RX

月額 104,500 円(税込)

IS

月額 108,900 円(税込)

ES

月額 127,600 円(税込)

RC

月額 130,900 円(税込)

LX

月額 198,000 円(税込)

LS

月額 238,700 円(税込)

※掲載の月額利用料は、各車種の最安値グレード・パッケージの3年契約時の値段です(追加オプション無し)。 ※上記グレードと写真が異なる場合がございます。

PAGE TOP